現場建築日誌

INDEX

M様邸(岡山市北区庭瀬)

2019-07-08
M様邸(岡山市北区庭瀬)

地盤調査を行いました。

北区庭瀬は 城下町だったこともあり

お堀の枝分かれとしての

細かな水路がたくさんあるエリアです。

 

当然、水位が高かったり

地盤も軟弱なところが多いのです。

 

 

スウェーデン式サウンディング試験と言う事で

おもりを乗せた鉄の管を

地中に差し込んで その抵抗値を

測定します。

 

 

基本的に建物の配置を出したら

その4隅と中心の計5か所を

測定します。

 

 

 

地盤調査が終わったところで

道路より低い敷地だったため 土入れ、整地を行いました。

 

 

多少 ジメジメしたり、雑草が乱立していた

敷地が見違えるようにスッキリしました。

 

2019-07-05
M様邸(岡山市北区庭瀬)

地鎮祭を執り行うことになるM様邸。

 

結界のための四方竹を建てていきます。

 

 

鬼門方向より時計回りに

起こしていきます。

 

ご家族一致団結です。

 

彩りよく並べられるお供えと、立派な鯛も

準備いただきました。

 

シッカリした祭壇の完成です。

 

 

土地の四方を お払いします。

 

「鍬入れの儀」

施主、施工者の順番に

砂山に鍬、鋤を入れて

着工しますと神様に報告です。

 

 

 

「鎮物」を埋めます。

伝統的な習わしなら、この日埋設するのですが

現代の工法だとそういうわけにもいかず、

べた基礎の工事中に監督が方角を見て

コンクリート打設前に 埋めさせていただきます。

 

 

最後に記念撮影。

非常に温かく、仲良しのM様ご一家。

 

いよいよ始まりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

おめでとうございました。

2019-06-28
M様邸(岡山市北区庭瀬)

JR庭瀬駅より徒歩数分、という非常に

利便性が高く、希少性のある土地を購入された

M様。

 

下見に行くと。。。。

 

近隣のブロック塀は かなり危険度が高い状態。

しかしながら、折半している塀でもなく

隣家の所有なので勝手に何かできるわけではないので。

 

 

敷地内に M様所有の 土留め兼フェンスを設置しました。

万一 古い塀に何かあっても

ある程度フェンスがガードしてくれます。

 

 

ブロックの厚み分だけ

敷地が狭くなりますが、様々な交渉の面倒や

倒壊の危険性に対する策として

手を打っておきました。

 

 

この後、地盤調査に入ります。