現場建築日誌

INDEX

N様邸(岡山市北区大供表町)

2019-10-28
N様邸(岡山市北区大供表町)

11月9日から10日に

完成見学会を開催させて頂くことになった

N様邸。

追い込みの真っただ中です。

 

小屋裏にはエアコンが設置されました。

石膏ボード仕上げで床だけCF張です。

 

 

キッチンもタカラスタンダードのホーローシステムキッチン

「グランディア」が設置されました。

食器棚も ペアで取り付けました。

 

各階トイレも 水道業者さんの工事途中です。

 

 

見学会迄 もう少しです。

美装工事が終わると 一気に新築の雰囲気になります。

2019-10-19
N様邸(岡山市北区大供表町)

 

来月には完成見学会を開催させて頂く

N様邸が追い込みに入りました。

 

小屋裏エアコンシステムなので

壁・天井は石膏ボード仕上げのままですが

床はCF(クッションフロア)を張っています。

 

下階に送風するエアパスファンの給気側が見えます。

 

開口しているのは 点検口です。

 

 

 

 

リビングもクロス工事が終わり

照明器具やその他 電気工事もほぼ完了しました。

 

ニッチの中には」インターホンモニターと

後日、給湯器のモニターが設置されます。

 

それぞれが マイクを備えているため

ハウリングを起こさないぎりぎりの間隔で取付をしています。

2019-09-27
N様邸(岡山市北区大供表町)

足場も落ちて、全体が姿を現したN様邸。

 

 

 

屋内はほぼ石膏ボードも終わり

設備類が設置されていきます。

 

 

タカラスタンダードのホーローキッチンです。

広範囲にホーローパネルが張られ

汚れに対応しています。

 

 

大工さんの作業ももう少しで完了します。

2019-09-01
N様邸(岡山市北区大供表町)

小屋裏の断熱材が露出したままでは

現在の基準をクリアしないので

石膏ボードを張っていきます。

 

この空間に重い石膏ボードを

搬入するのが また重労働となります。

 

 

小屋裏エアコンシステムなので

下階に冷暖房したエアを送るアルミダクトです。

 

出来るだけ 短くするように設計します。

 

 

 

床材として無垢フローリングを施工します。

湿度の高い低いによっても(時期的なもの)

フローリング同士のクリアランスの取り方は

変わってきます。

 

 

無数のスペーサー(紙やカード類などを流用することもあり)で

隙間を調整しておきます。

2019-08-21
N様邸(岡山市北区大供表町)

外周に透湿防水シート「タイベックシルバー」を

張った N様邸。

 

 

屋内の大工工事も ゆっくりですが確実に進んでいます。

より一層の構造強度を得るために

屋内側にも構造用合板を張って

「太鼓張り状態」にしておく外壁面です。

 

 

 

防振吊り木による 吊り天井が見えます。

2019-07-22
N様邸(岡山市北区大供表町)

断熱工事が完了したところです。

余分にあふれたウレタンは

削ってボードが張れるようにします。

 

 

小屋裏にも 大工さんが作業台を作りました。

上棟祭で拝んだ 「御幣」が

棟に飾り付けられています。

 

天井の石膏ボードが張られると

隠れてしまいます。

 

 

 

 

1階の造作工事中です。

建物はともかく 敷地に余裕が少ないので

職方を多く入れるわけにはいきません。

 

 

階段をかけるための 「側げた」が

準備されました。

 

厚みのある集成材で

プレカットされたものを使用します。

 

2019-07-14
N様邸(岡山市北区大供表町)

建て方が終わり 帯金物など

建物の締め付け、固定が終わりました。

ホウ酸処理のため 建物全体が薄緑色に

なります。

 

 

 

透湿防水シートとして「デュポン社製 タイベックシルバー」を

建物全体に施工します。

 

 

電気配線工事も完了し、第三者機関の中間検査で

合格すれば、ついに断熱工事になります。

 

(有)マルフジフォーム工業さんの

ウレタン吹付専用 作業車が現場入りです。

 

2019-07-02
N様邸(岡山市北区大供表町)

建物の組み上げが終わったN様邸。

 

小屋裏もしっかりしました。

 

 

外では、防水のためのゴムアス系ルーフィング

「モラサン」と言うそのまんまのネーミングの素材を

張っています。

 

 

今の時期しか見ることのできない

二十通気層の 隙間(空気の通り道)です。

 

緑色に見えるのは ホウ酸塩処理をした通気胴縁です。

 

2019-06-27
N様邸(岡山市北区大供表町)

建て方の続きです。
2階パネルが組み上がり

矢切パネルが上がると家らしくなります。

 

垂木を流したら、1重目の構造用合板を張って

屋根地を作ります。

その後、熱を反射させる目的で

アルミ蒸着繊維を編み込んだ

透湿防水シート「タイベックシルバー」を

全体に張ります。

 

通気用胴縁(ホウ酸処理しているためグリーンに着色)を

流し、再度構造用合板を張って、通気層を作ります。

 

 

両端から張り上げれば ルーフィングを張る前の

屋根地が完成となります。

 

専用金物を棟に取り付けて開かないように

固定していきます。

 

2019-06-25
N様邸(岡山市北区大供表町)

岡山市中心部 狭小地になるN様邸の

建て方が始まります。

狭いといっても敷地内にクレーン車が

駐車できるだけまだマシだと思います。

 

 

ツーバイパネル工場の「(有)shin」からパイルが

どんどん送り込まれてきます。

 

道路幅も狭いので 細心の注意を払って

いつになく現場はピリピリとした

緊張感が漂います。

 

 

1階をくみ上げていきます。

レベルを見ながら、下げふりを下ろして

立ちを見ながら

大工さん達も 集中して 急ぎながら確実に。

 

2階床パネルを張って

玄関ポーチの庇が出来たところで

この日は時間切れ。

 

ブルーシートをかけて雨に備えておきます。

 

 

翌日、再開です。

 

2階の壁が建ち上がり、矢切パネルも

組めました。

 

 

続きは 次回に。