現場建築日誌

INDEX

S様邸(倉敷市田ノ上)

2020-05-21
S様邸(倉敷市田ノ上)

世間一般は大型連休&ステイホームの期間中でした。

 

なんとか 予定通りにお引き渡しが間に合いました。

 

板目調サイディングと石目調サイディングのコントラストが

美しい S様邸。

 

耐震等級3取得。

認定低炭素住宅も取得。

オールトリプルガラスと

断熱吹き付け厚増量により

G2レベルの省エネ性能を得た

実質的な本当の高性能住宅となりました。

 

 

エコキュートなど設備機器の説明や、

リモコンキーの設定、鍵の切り替えなどを

行い 無事にお引き渡しをすることが出来ました。

 

 

「長州産業」製 CIC プレミアムソーラーパネルの

売買電の系統連系処理も 同日に行うことが出来ました。

 

既に紫外線まで電気に変換する

発電能力を発揮してくれています。

 

気候的に良い季節で たちまちに高気密高断熱住宅の

高性能ぶりを体感するには不利な時期ではありますが

ステイホームするには、温度差の無い

快適な空間で過ごしていただけるものと思います。

おめでとうございました。

 

| 2020-05-21 - 16:58
2020-05-11
S様邸(倉敷市田ノ上)

屋外給排水工事やエアコン室外機など

外周の工事が完了したので

化粧真砂土を建物外周に撒いて整地を行います。

 

 

玄関ドアのアイアン調レリーフと、

丸い艶消しのブラケット型照明が

マッチしています。

 

 

西日が直接当たる 掃出し窓には

巻き取り式 外部シェードがあります。

熱射を大幅カットしながら

屋内からの視界は確保しています。

 

 

 

玄関ホールの壁面には

自転車用ラックが2セットあります。

 

 

小屋裏収納は階段で登れますが

天井高は規定値以下なので

大人は立って歩けません。

 

それでも 温熱環境に優れた

これだけの収納スペースがあれば

これからの永いご家族の生活を

ずっとフォローできると思います。

| 2020-05-11 - 13:03
2020-04-14
S様邸(倉敷市田ノ上)

キッチンの組立にタカラスタンダードの職人さんが

入ります。

 

レンジフードの粗付けと

ホーローパネルを先行張りしておきます。

 

 

カップボードも組み立てられます。

 

 

コスミック・パウダーを混ぜ込んだ

クロス糊を機械で均一に

壁紙に塗布します。

 

クロスの素材や種類によって

糊付けした後の リードタイムは変わります。

 

 

小屋裏用の クッションフロアです。

梱包状態ですが、結構人気のあるデザインを採用です。

 

| 2020-04-14 - 18:58
2020-04-04
S様邸(倉敷市田ノ上)

クロス張りに移った、S様邸。

現場には 何種類もの壁紙が

搬入されています。

 

下地処理のカナメ、

パテは 「トキワ エコタック100」を

指定しています。

時間経過で発生する

パテの「痩せ」。

クロスの糊の水分に影響される

「吸い込み」の対する影響などを

考えての選定です。

若干コストは上がりますが、

紙や布、輸入クロスなど

壁紙の厚みでごまかせない(ビニールクロスは厚みが

有ります。)ので、下地の処理は重要です。

 

 

そのクロスに 均等な厚みで糊を

ムラなく塗布する 専用の機械の調整中です。

「インテリア山崎」の親方と

既に独立した弟子たちが 一緒に

作業します。

 

 

 

監督と一緒に、マグネットシート(壁紙の下に貼って

磁石がくっつく壁面を作ります。)の

位置を調整します。

 

薄くてもシートには厚みがあるため

パテが必要です。

その作業効率も 考えなければいけません。

 

| 2020-04-04 - 17:25
2020-03-30
S様邸(倉敷市田ノ上)

足場が落ちる前に、ソーラーパネルの設置を行いました。

長州産業さんの Gシリーズ「プレミアムブルー」を設置します。

 

オールメイドインジャパンで、信頼性が高く

今まで利用できなかった紫外線(UⅤ)も

取り込んで発電することが可能になった製品です。

 

その名の通り、ブルーです。

「アモルファス」のブルーとはまた少し違った

ブルーです。

 

 

 

その後、無事に足場も落ちて

建物全体が見えてきました。

 

ダーク系のグリーンに ホワイトのサッシ枠や破風、

雨樋がアクセントになっています。

 

屋内ではクロスを張れるとこまで

大工造作が終わりました。

 

一旦、大工さんは撤収です。

最後に建具のつり込みなどで

仕上げに入りますが。

 

| 2020-03-30 - 19:49
2020-03-25
S様邸(倉敷市田ノ上)

大工工事が進む S様邸。

吊り天井用の 下地が「井桁」に組まれていきます。

 

 

普通の仕様と

耐水仕様の石膏ボードを使い分けながら

張っていきます。

 

 

 

1階玄関ホールから望む、フローリング張り 施工中。

15㎜厚 無垢フローリングを

樹脂スペーサーを使いながら

1枚1枚 クリアランス調整しながら

張り進みます。

 

| 2020-03-25 - 17:10
2020-03-05
S様邸(倉敷市田ノ上)

お馴染み (有)マルフジフォーム工業 さんが登場です。

クラボウ クララフォームの2液混合で

30倍発泡 硬質ウレタンを施工します。

 

 

オプションにて、G2仕様を採用されたため

壁・天井とも標準仕様より

厚みを増した吹き付けになります。

 

ツーバイシックスの厚い壁でも

スタッドより前にあふれ出るため・・・

こんな感じに

スタッドが隠れてしまいます。

 

このままだと 石膏ボードが張れないので・・・

 

 

ガムテープ養生を剥がしたり

削り取って スタッドがしっかり露出するように

しておきます。

 

 

すると、見慣れた状態になります。

 

ここから、大工工事に移ります。

 

| 2020-03-05 - 19:29
2020-02-26
S様邸(倉敷市田ノ上)

西本電業チームが 電気配線工事に取り掛かりました。

 

 

捩らない、ショートカットしない、

たるませないなどなど

丁寧な仕事ぶりは 流石です。

 

ツーバイフォーやツーバイシックス工法は

在来木造と比べ 配線が逃げる場所が少なかったり

どこでも穴を開けられない等のルールがあり

どの電気工事屋さんでも

出来るものではなく、逆に苦手。難しそうという

業者さんが多いのが現状です。

 

 

 

LAN配線なども、普段触らないものなどは

まとめて 邪魔になりにくい箇所に置くのが

一般的になってきました。

 

 

制振ダンパー 「千博産業製 エヴォルツ」が

光ります。

| 2020-02-26 - 19:17
2020-02-20
S様邸(倉敷市田ノ上)

 

建て方工事も終わり 現地にて電気配線工事の

確定打ち合わせです。

 

 

今回は 太陽光発電があるので
ソーラー系統の業者さんも参加して頂きました。

 

 

打ち合わせ後、すぐにコンセント&スイッチボックスを
取り付けます。

 

 

外壁用ボックス(金属カバー付き)と

間仕切用ボックス(プラスチック製)が

あります。

 

 

CD管(高圧線用・LAN用など)も

大量に準備します。

 

| 2020-02-20 - 17:37
2020-02-13
S様邸(倉敷市田ノ上)

建て方完了です。

ホウ酸処理した胴縁や

転び止め材などが あります。

 

サッシも 大工さんたちが

これからとりつけます。

 

アルミサッシと違い 樹脂サッシは

変形しやすく、しかもガラスが高性能な分

重量も非常に重いため 雑な扱いや取り付け方をすると

開閉不良などですぐに症状が出てきます。

 

 

すぐにブルーシートで覆ってしまいますが

外部の仕舞いが付くまでは

しばしこのままとなります。

| 2020-02-13 - 18:59