現場建築日誌

INDEX

S様邸(玉野市田井)

2019-10-23
S様邸(玉野市田井)

断熱工事も終わり、大工造作工事に入りました。

15㎜厚 無垢フローリングを

河原大工が張っていきます。

 

 

緑色の樹脂製スペーサーを

1枚ごとに挟んで

クリアランス調整しながら張り進めます。

 

以前はパチンコの玉替えカードやテレホンカードを
利用していました。

 

乾燥時期、湿度の高い時期などによっても

微調整しながら施工します。

 

 

 

 

S様邸では、「木造住宅用制振装置  エヴォルツS042」を

採用頂きました。

 

ドイツ製高性能自動車用ダンパーメーカー

「ビルシュタイン」と

国内メーカー 「千博産業株式会社」の企画・開発製品となります。

 

 

もともと、耐震性の高い「枠組み壁工法=

2×6ツーバイシックス」の補強型といわれる

コスミック・ガーデンの建物に 「エヴォルツ」の

組み合わせは まさに鬼に金棒状態。

 

 

1階に設置することで、2階以上の

上階の揺れ幅を減少させることで

地震発生時、建物にかかるストレスを激減させます。

 

 

1階と2階の振幅数のずれを少なくし、

しかもこの性能は 半永久的といえる程

の高耐久性を誇ります。

 

| 2019-10-23 - 13:56
2019-10-09
S様邸(玉野市田井)

建て方も終わり、上棟祭の日を迎えました。

午前中は電気帆配線、コンセントの位置を

現地にて、しっかり確認します。

確認が終われば、上棟祭の始まりです。

建物の四方を、お神酒、塩、米で清めていきます。

これを、四方払いと言います。

 

そして、建物内に移り

工事の安全と、S様ご家族の繁栄をお祈りします。

当社の上棟祭は、神主さんの代わりに工事部長の平尾が行います。

 

S様にご用意いただいたお弁当を

参加したみんなでいただき、上棟祭を無事終了しました。

S様、おめでとうございます。

| 2019-10-09 - 16:33
2019-09-25
S様邸(玉野市田井)

本日はお天気にも恵まれ、建て方日和です。

ツーバイシックスのパネルをクレーンでつりあげ

職人さんが丁寧に端を合わせて作り上げていきます。

実はツーバイシックスは、在来軸組み工法に比べると

とても木をたくさん使います!

この日だけでもトラック5台分のパネル達が運ばれてきました。

1階部分が出来上がれば、斜めに仮筋交いを通します。

これは、壁を垂直に安定させるためです。

次は2階の床パネルをのせていきいます。

1階と2階部分の面をずらさないミリ単位の職人技です。

4日間かけて、やっと家の形になりました。

上棟祭がたのしみです。

| 2019-09-25 - 14:22
2019-09-02
S様邸(玉野市田井)

高基礎のS様邸の型枠が外れました。

階段も段数が増えています。

 

 

腰まで立ち上がりのある、迷路のようです。

 

 

バリ取り後、小型のサンダーで

基礎天を削って調整済です。

 

 

基礎天からのぞく、アンカーボルトはすべて

「どぶ漬け溶融亜鉛メッキZ55」で

防錆効果も万全です。

| 2019-09-02 - 16:01
2019-08-20
S様邸(玉野市田井)

配筋検査合格を受けて

次の工程として、型枠を組んでいきます。

 

このエリアは、大雨時道路が冠水することがあり

非常時でも床上浸水の確立を下げるために

地盤を上げて、盛り土をしました。

 

基礎も従来でも高いとされるコスミック・ガーデンの基礎高

から更に300mmアップ。

 

既成の鋼板製型枠では対応できないので

木製型枠を使っています。

 

 

玄関ポーチ柱の鉄筋です。

 

 

完成時の床高は

前面の市道から≒1.5mほどになります。

 

| 2019-08-20 - 18:45
2019-08-07
S様邸(玉野市田井)

基礎配筋検査です。

下の写真は、基礎外周 換気口回りの配筋が

解るものです。

補強をしっかり入れて

強固な基礎にしておけば、換気口があっても

ひび割れたりしません。

 

 

第三者機関による 配筋の検査を受けています。

検査時には監督や基礎屋さんも立ち会うことになります。

軽微な修正の指摘が有っても

すぐに対処できます。

 

 

 

ベタ基礎の床盤部分に コンクリートが

打たれる前は 鉄筋が組まれて

半分宙に浮いた状態なので

このように 歩いていると 非常に疲れます。

 

油断すると ぐきっと捻挫する場合もあるので

無意識でも 集中しながら歩くので 足腰にきます。

 

 

この日も 無事合格を頂きました。

| 2019-08-07 - 20:26
2019-07-21
S様邸(玉野市田井)

S様邸の基礎工事が始まりました。

「遣り方(やりかた)」といって

建物の位置や 地盤面からの高さなどを

出して、水糸で表示します。

 

重機で基礎のベース幅分を

掘って、捨てコンクリートを流します。

 

白っぽい帯状の部分がそれにあたります。

 

 

床盤面には 後日基礎の立ち上がりが

あるため タイガーパイル杭の頭が

見えています。

 

 

 

この後、配筋工事に移ります。

 

| 2019-07-21 - 11:59
2019-07-09
S様邸(玉野市田井)

地盤改良工事が始まるS様邸。

開けたところで、交通量のある道路沿いのため

結構目立ちます。

 

 

地中に直径400㎜Фのコンクリートパイルを

造ります。

 

 

リブ付き鋼管をパイルの中心に

埋め込みます。

 

パイルと鋼管杭を合わせるため

「ハイブリッド工法」と呼ばれます。

 

 

基礎外周部の列はGLより深く。

床盤部分の杭は 地面より飛び出た形に

仕上がります。

 

| 2019-07-09 - 19:30
2019-06-26
S様邸(玉野市田井)

浸水などに備えて 敷地に盛り土を行います。

 

 

駐車スペースの勾配や

土留め工事の要不要の問題もありますが

比較的 水がまわるエリアなので

GLを盛り土して上げたところに

コスミック・ガーデンの建物だと床までプラス700mm。

 

これだけしておけば、少々では床上浸水からは

逃れられる可能性が高くなります。

| 2019-06-26 - 14:49
2019-06-07
S様邸(玉野市田井)

久しぶりの玉野市内の工事が始まります。

需要に対して 物件数の少ないエリアではあります。

 

無理のない範囲でできるだけ 盛り土をしようと

している敷地です。

 

四方竹を立てて

結界を張ります。

鬼門方向から順番に ご家族全員の協力を

頂きます。

 

 

土地の四方を お神酒、塩、お米で清めます。

 

「鍬入れの儀」で鋤きと鍬を

使って 砂山を掘り返します。

これが 神事としての着工となります。

 

 

榊のお供えをして、全員参拝のあと

お神酒で乾杯をします。

 

 

おめでとうございました。

これからが 本番です。

| 2019-06-07 - 19:50