現場建築日誌

INDEX

T様邸(総社市三輪)

2019-07-19
T様邸(総社市三輪)

クロス工事が急ピッチで進みます。

 

どこかで見たことのある

有名キャラクターがのぞきます。

 

クロスの裏打ち紙に糊を塗布する

専用機械です。

 

 

他にも カラフルなクロスが待機しています。

 

 

クロークの中の壁紙を張る

「インテリア山崎」さん。

弟子さんたちと一緒に

4名で作業です。

 

やはり、早い!

 

張り終えた部屋を一部ご紹介。

4面の内、1面のみをストライプ柄で。

 

 

組立前の便器や 衛生関連商品の梱包が

詰め込まれた部屋の中で

作業です。

 

| 2019-07-19 - 19:08
2019-07-09
T様邸(総社市三輪)

職人さんが忙しすぎて

なかなか 入れなかったのですが

やっと玄関ポーチ柱のサイディングが

張り終えることが出来ました。

 

 

軒天の塗装や、雨どいの取り付けが終われば

足場も解体できます。

 

 

 

8月の完成見学会に向けて

監督も職方も頑張っていきます。

| 2019-07-09 - 19:38
2019-06-23
T様邸(総社市三輪)

石膏ボードを張り終えて

大工さんが廻り縁、巾木などを取り付ければ

クロス業者さん待ちの状態になります。

 

キッチンの奥にはパントリーがありますが

ドア無し開口部の上部をアールデザインに施工します。

 

 

2階にもドア無し開口部がありますが

縁入りの三角形、鉛筆型になります。

 

 

小屋裏収納部には、ツイーゲルⅡの外観に影響を

与えないように エアコンの先行配管がしてあります。

 

これは、もちろん取り付けるエアコンの機種が

決まっていることが前提です。

| 2019-06-23 - 17:25
2019-05-30
T様邸(総社市三輪)

白い統性外壁」ツイーゲルⅡも

かなり張り進みました。

 

 

屋内では 階段が掛け終わり、

開口部の枠が取り付けられました。

 

「仮のドア」を付けて 動きや

各クリアランスを調整しながら

枠材を固定します。

 

 

 

| 2019-05-30 - 19:45
2019-05-14
T様邸(総社市三輪)

陶性外壁「ツイーゲルⅡ」の新色ホワイトが

張り進みます。

釉薬(ガラス質)の表面なので

汚れに強く 光沢があります。

 

逆に素焼きやいぶしのような

経年による変化や「味」が出る感覚は

ほとんど期待はできません。

それでも 長期間にわたる耐久性、対候性

メンテナンスコストの削減という意味では

同じです。

 

屋根とツイーゲルⅡと両方の

作業ができる数少ない職人さんの一人

Iさん。

 

現場数をこなしてきているため、どんどん

効率アップしています。

 

 

 

屋内では 無垢フローリングを張っています。

樹脂スペーサーを活用しながら

ボンドとフィニッシュ釘を使いながら

適切な間隔を空けて張り進めます。

 

 

やみくもに並べて 張っていけばいい

「合板フローリング材」とは 手間のかかりが

違います。

 

| 2019-05-14 - 19:23
2019-04-18
T様邸(総社市三輪)

 

2階から小屋裏にかかる階段ができました。

下から見上げたところです。

 

 

陶性外壁 ツイーゲルⅡの白釉薬、浪柄です。

初登場で初採用のツイーゲルです。

 

 

表面になにも模様のない完全フラット白ツイーゲルⅡは

他の現場で採用がありましたが

このタイプはお初となります。

 

仕上がりが楽しみです。

 

| 2019-04-18 - 00:00
2019-04-15
T様邸(総社市三輪)

 

透湿防水シート タイベックシルバーを纏い終わった

T様邸。

 

 

現場発泡のウレタン吹付工事も完了しました。

 

壁面は最低厚さ60㎜

天井面は同じく80㎜が標準仕様。

 

100倍発泡や 水発泡系ではなく

冷凍倉庫用 硬質30倍発泡のウレタンです。

 

 

様々な種類のウレタンや樹脂吹付断熱が

存在しますが、世間では 「いっしょくた」にされている傾向が

あるようですので ここに明記しておきます。

 

 

 

無垢フローリングも 一気に搬入されました。

畳の部屋がない分だけ

フローリング材の量も増えます。

 

T様ご夫妻に現場に来ていただき

細かな収まりや、棚などについて確認打ち合わせです。

 

| 2019-04-15 - 00:00
2019-03-23
T様邸(総社市三輪)

遅れましたが、入荷してきた 三州瓦。

屋根の上に 上げて 均等に間配って

しっかり荷重を掛けておきます。

 

 

数ミリかも知れませんが

瓦の荷重で 建物が沈みます。

 

しっかり荷重が掛かったところで

縦方向の帯金物を固定します。

プラットホームと壁面との間

1階と2階の間 胴差部分の隙間も

気密テープでふさぐことも出来ます。

 

 

屋内では 電気配線工事が完了しました。

 

無駄なく しかも余裕をもった綺麗な配線です。

 

斜めにショートカットして

コストダウンしました。なんて言いません。

 

 

CD管など 空の配管で

外部に接続する箇所は

スプレー式ウレタンを吹いて

僅かなすき間も塞いでおきます。

 

| 2019-03-23 - 00:00
2019-03-19
T様邸(総社市三輪)

上棟祭の前に 朝から

電気配線工事の打ち合わせを

西本電業さんを交えて 行います。

お昼前には、建物の四方払いを行います。

ご家族全員で、酒・塩・米 で清めて回ります。

北東(表鬼門)から時計回りに

建物周囲を回ります。

工事安全祈願と、T家の発展を祈願し

大工さんたちと一緒に乾杯です。

T様のご厚意により 昼食をご用意頂き

皆でご馳走になります。

施主として 挨拶をお願いしました。

ちょっとかわいい、色んな食材が彩りよく詰められた

お弁当です。

見た目以上に ボリュームも有りました。

最後に 参加者に それぞれお土産もご用意下さった

T様。

ひとりひとり 手渡しして頂き

これからの工事のモチベーションを上げてもらいます。

ずっと入る 職方と 施主さん家族の顔が解る。

コミュニケーションが取れるのも

「気」の入った家づくりには必要と感じます。

おめでとうございました。

| 2019-03-19 - 00:00
2019-03-16
T様邸(総社市三輪)

 

二重屋根の一層目を張って行きます。

 

構造用合板と見た目、全く同じですが

「屋根用」と言う規定があります。

 

 

「デュポン社製」の透湿防水シートで

輻射熱を反射し、線維自体にアルミ処理をしたモノを

織った「タイベックシルバー」を熱反射シートとして

1層目の屋根地に張って行きます。

 

 

ホウ酸塩処理をした 縦胴縁を取り付け

通気層を設けます。

この上に、再度 屋根用合板を張って

2層目の屋根地を作ります。

 

 

その上に 屋根防水の要、「ルーフィング」を施工します。

コスミック・ガーデンの場合

「M ルーフィング」 と 「モラサン」を

並行して使用します。

 

 

 

瓦を引っかける様に留め付ける

瓦桟を取り付けます。

 

 

瓦の裏に回った雨水も

瓦桟で留まることない無いように

切り欠きを入れて

スムーズに排水できるようにしています。

 

| 2019-03-16 - 00:00