現場建築日誌

2019-10-09
S様邸(玉野市田井)

建て方も終わり、上棟祭の日を迎えました。

午前中は電気帆配線、コンセントの位置を

現地にて、しっかり確認します。

確認が終われば、上棟祭の始まりです。

建物の四方を、お神酒、塩、米で清めていきます。

これを、四方払いと言います。

 

そして、建物内に移り

工事の安全と、S様ご家族の繁栄をお祈りします。

当社の上棟祭は、神主さんの代わりに工事部長の平尾が行います。

 

S様にご用意いただいたお弁当を

参加したみんなでいただき、上棟祭を無事終了しました。

S様、おめでとうございます。

| 2019-10-09 - 16:33
2019-10-08
I様邸(岡山市北区花尻ききょう町)

二重屋根の1層目。

通気層にあたる タイベックシルバー敷きを

終えたところです。

 

 

この後、ホウ酸塩処理をした

屋根地用 合板を張って 瓦を葺く

野地を作ります。

 

防水のための ルーフィングを張っています。

 

 

屋内もしっかり組みあがっています。

 

2019-10-08
S様邸(倉敷市田ノ上)

敷地周辺を整えるための

解体整地に入ります。

 

目隠しタイプとメッシュタイプの

2種類のフェンスを外して とりあえず保管。

 

当初 残す予定だった 樹木も

最終的に撤去になりました。

チェーンソーでカットします。

 

 

延べ石やコンクリート土間などを

剥がして 積み込みます。

 

 

土を均して 陥没したり

大きな水溜りが出来ないようにしておきます。

 

| 2019-10-08 - 18:03
2019-10-07
K様邸(岡山市東区升田)

暑い中の建て方工事も完了しました。

 

 

第三者機関の 中間検査を受けました。

各種金物類の使い方や数量。

指定された規格の釘の使用状況やピッチなど

細かな箇所もしっかりチェックされます。

 

 

無事合格を頂き、次工程に進みます。

2019-10-05
O様邸(岡山市北区楢津)

電気配線工事も無事に完了。

結線したまとめ部分も

長年の埃などによるトラッキング防止のため

カプセルに収めます。

 

 

 

ウレタン断熱工事です。

30倍発砲の硬質ウレタンを吹き付けます。

 

標準仕様としては、壁面60㎜厚。

屋根面80㎜厚 で吹き付けます。

作業後、厚み確認して 最低箇所で上記厚を確保。

それ以上 厚く吹き付けたのは 承認とします。

 

 

システムバス設置個所と隣接する

脱衣室の区画のみ

基礎断熱とします。

 

 

その後 システムバスを組み立て設置します。

О様邸は タカラスタンダードの

「リラクシア1616」です。

ホーローの壁と、磁器タイルの強靭な床。

ステンレス架台による、頑丈なつくりで

清掃性と耐久性に優れたコスパの高いシステムバスです。

 

2019-10-03
I様邸(岡山市北区花尻ききょう町)

建て方工事が始まりました。

 

ツーバイシックスのパネルが

どんどん建ちあがってきます。

 

 

壁がたくさん建って天井が無い状況は

今しか見ることができません。

 

 

構造用合板はホウ酸塩処理をしているため

薄いグリーンになっています。

防蟻(対アメリカカンザイシロアリ)と

防腐の効果は半永久的になります。

 

 

この状態から 2階床パネルを組んで。。。

 

2階壁面を立ち上げていきます。

2019-09-30
S様邸(倉敷市田ノ上)

計画が本格的に進む段階で

登記用ではなく 実施用測量と関係の役所調査に

入ります。

 

 

土地家屋調査士が登記用に測量する時に

確定する境界と近隣や当事者の思う境界が

違うことはよくあることです。

 

 

何十年もここが境界で

誰からも何も言われなかった。

 

自分の敷地はもっと広かったんだ。

 

といった具合です。

 

さて今回は。。。

 

 

 

上記 の測量とは別に数か月後

市道を管理する市役所の担当者さんやご近所の

皆さん、土木水利委員さんなど

関係者が集合して、色んなことを確認します。

 

 

 

 

境界や分筆確定が終われば、既存の古家や

庭の樹木を解体処分する予定です。

| 2019-09-30 - 14:28
2019-09-29
K様邸(岡山市東区升田)

遂に、建て方工事が始まりました。

かなり敷地に余裕のあるK様邸。

 

重機も資材も、職方たちも

のびのびです。

 

 

6面体で組まれると 強度が確保できる

工法のため 建て方がすべて終わるまでは

筋交いの様な作りで仮の支えをしておきます。

 

 

 

矢切パネルを立ち上げると

三角屋根の家らしい形になりました。

 

平屋ベースの小屋裏2階建てのプランです。

ここ数年 コスミック・ガーデンの中では

トレンドになってしまった感があります。

 

 

 

2階天井組みが終わり、

からの棟木から垂木を流す直前の様子です。

 

2019-09-29
S様邸(総社市下原)

初秋の気持ちの良い朝です。

S様邸の地鎮祭を執り行いました。

 

今回、祭事を取り仕切っていただくのは

地元のお寺さんになります。

 

 

神社さんの地鎮祭と異なり

段取りや用意するものがいつもと勝手が

違うのです。

 

それでも 四方に竹を立てて

結界を張るのは同様です。
紙垂(しで)の数が多いので びっくりしますが

これも指示によって施主さんが手作りされたものです。

 

四方と中心に穴を掘って お供えやお神酒

お水を埋めて 土地の神様にお願いをするという

作法となります。

 

お寺さんの地鎮祭では 特別珍しくはありません。

 

施主さんはもちろん 施工者側のスタッフも

順番に穴にお供え物を埋めていきます。

 

 

野菜などのお供え物の後に

塩や小豆、お餅、水やお神酒を

加えて土を戻します。

 

 

 

 

中心部は 和尚様が自ら埋め戻して

地鎮祭終了となります。

| 2019-09-29 - 14:03
2019-09-28
I様邸 (岡山市北区撫川)

追い込みのI様邸。

脱衣室の可動棚の設置完了。

 

 

水道業者さんが入って

便器を取付中。

陶器製の便器本体はこんな感じです。

 

 

クリナップのシステムキッチンの

給水・給湯・排水の接続も

同時に行います。

 

パントリーから 床下にアクセスできる

点検口(床断熱高気密高断熱用)から

床下に潜っての作業です。

 

 

足元のカバー類がまだですが

エコキュートの接続も終わりました。