現場建築日誌

2020-06-15
S様邸(総社市上林)

基礎工事に取り掛かりました。

床掘して 砕石敷き込み

防湿シート敷きを終えたところです。

 

 

地盤改良の柱状改良工事の杭頭が

透けて見えます。

基礎のベース と床板部分では

杭の深さが変わります。

 

 

配筋工事が終わりました。

 

 

この状態で 第三者機関の検査を受けます。

合格になれば、コンクリートの打設が可能になります。

 

コスミック・ガーデンの基礎は

基礎パッキン工法(猫土台方式)ではないので、

換気口があります。

 

顔後部を設けると クラック(ひび)が入るのが

問題という意見がありますが

このように 太い鉄筋と

かぶり厚、斜めの補強筋をきちんと施工すれば

基礎の強度に関係するようなクラックは入りません。

 

| 2020-06-15 - 20:15
2020-06-13
N様邸(岡山市中区倉益)

基礎工事も型枠がすべて取り払われました。

 

先行の給排水工事を進めます。

 

 

プラットフォーム工事ですが、

 

基礎に土台を敷き、1階の床をまず施工していきます。

 

 

外部に面する構造材はホウ酸の液で防蟻処理しているため、

 

現場で開けた土台の穴もすべてホウ酸の液で防蟻処理をしています。

 

 

 

床の断熱材は100mm厚のスタイロフォームを使用し、

 

取付け後、床下地の構造用合板を貼ってしまえば

 

本日の作業はほぼ終わりです。

 

 

雨養生をして、次の建て方工事へ備えます。

 

 

 

 

 

 

2020-06-11
N様邸(倉敷市玉島乙島)

お日柄の良い 週末。

建築業界では 地鎮祭や棟上げ

引き渡しと 節目となるおめでたい行事が

重なる日となりました。

 

N様邸のお引き渡しも、設備メーカーさんの

取説担当者さんが 予定が分刻み状態ということで

朝一番にお願いすることになりました。

 

 

エコキュートの取説を (株)コロナ の担当者さんが行います。

時節的に、この社名がややこしくなりますが・・・。

 

ダイニング側にあるメインリモコンの

使い方と、浴室内の優先切り替えリモコンの

使い方のレクチャーのあと。。。

   

 

 

ドイツ製高性能 食洗器 「ミーレ」の

取説です。

代理店の「藤和」さんから担当者さんが

来てくれました。

 

国産品にはない、特徴やメンテ方法、

注意事項など細かく解説してくれます。

 

N様も予め 知識があったので

質問も的を得たものでした。

 

 

 

ここから、鍵の切り替えや

様々な箇所の説明や 使い方などなど

沢山説明事項がありますが

殆どの施主さんはこの時点で もう、お腹いっぱいの

状態なのです。

ゆっくり使いながら疑問・質問があれば

いつでも受け付けています。

 

解体工事からだと1年以上経過しての

お引き渡しでした。

 

関係スタッフも嬉しさひとしおです。

これからも 永く宜しくお願い致します。

そしておめでとうございました。

 

 

2020-06-11
T様邸(岡山市南区新保)

スライスレンガの施工が進んでいます。

赤い屋根瓦に、赤茶色のレンガ、白い樹脂サッシ枠が

どこか外国の家のような、雰囲気を醸し出しています。

 

 

ZAM(ザム)レールに掛けられた

レンガの目地部分。

 

 

専用の目地モルタルで 埋めていきます。

カラーバリエーションは豊富です。

 

型番によっては 粘度が固めで

作業しづらいものもあります。

 

2020-06-08
I様邸(倉敷市真備町)

外壁もほぼ仕上がった I様邸。

重厚感がグッと増してきます。

 

 

特徴的な玄関ポーチ柱の

サイディングも張り終えました。

 

近づいて見たときと、少し離れて見たときの

印象が変わるのもこのデザインの面白いところです。

 

 

 

屋内では1階から小屋裏まで

階段が掛かって、移動しやすくなりました。

 

 

長さのある資材の搬入には

階段が無い方がいいのですが

それ以外は階段が付かないことには

なにかと不便なので、がっしりした階段が

あると 職方も施主さんも移動しやすく助かります。

2020-06-08
S様邸(総社市上林)建築中

総社の自然豊かな環境で

尚且つ 新しい住宅も沢山建築中のエリアです。

 

綺麗に整地され 地縄を張ります。

 

 

四方に竹を建てて 結界を張ります。

 

 

 

宮司さんと巫女さんが来て下さいました。

四方をお祓いしていきます。

 

 

鍬入れの儀。

工事の総責任者

平尾監督が社長に替わって

執り行わせて頂きました。

 

 

 

寒く無く、暑くもなく

穏やかな気候の中 無事に地鎮祭を終えることが出来ました。

 

確認申請が下り次第、着工となります。

 

 

おめでとうございました。

2020-06-05
H様邸(玉野市和田)

建具屋さんが作ってくれた戸襖に

クロス張りをする「インテリア山崎」さん。

手塗りで糊を 建具に塗布します。

 

 

師弟関係の二人が しわや依りが無いように

ピシッと張ります。

壁紙の幅が建具より狭いので

2枚目の柄をしっかり合わせます。

 

仕上がりは、完成見学会にてご確認ください。
(出来る方のみですが。。。)

 

H様持ち込みの カリモクの家具。

あまりに ピッタリすぎるサイズの為

一部 分解して 納めるという作業になります。

 

 

PC版にて架けた 橋の横に

隙間が出来ているので

鉄工所(いつもお願いしている、大手鉄鋼メーカーにも出入りする

業者さんです)に作成してもらった

縞鋼板の鉄板を取り付けます。

 

 

ずれ防止の金物を溶接して取り付けたり、ボルト付け

現場の微妙な勾配に合わせた調整を行います。

 

用水路に落ちる隙間が塞がれて安全性が担保されました。

何かあれば脱着も可能です。

 

| 2020-06-05 - 19:56
2020-06-01
T様邸(岡山市南区新保)

1階の無垢フローリングが進みます。

 

 

箱から出したら、一旦選別をかけます。

「トラフ」や「死節」の小さいものがあれば

クローゼットなど普段目につかない場所に

振り分けたりします。

 

 

小屋裏エアコンの送風用「エアパスファン」の

ダクトが見えます。

小屋裏の仕切り外になるので

普段は目にできません。

 

 

夏場にここも温度が高くなりにくいのです。

 

2020-06-01
I様邸(倉敷市真備町)

外壁のサイディングが張り進んでいます。

かなりリアルな石の表情を再現している製品です。

 

 

玄関ポーチ柱は 本体部分に採用したデザインとは

違い 多色の少しポップな雰囲気の型番を採用です。

 

 

 

吊り天井の下地材です。

予め工場で切り欠きをプレカットしておきます。

 

 

2階の床には 高密度石膏ボードを

捨て張りして 15㎜厚 無垢フローリングを

張っていきます。

 

薄い樹脂スペーサーをかましながら

1枚1枚調整して張ります。

 

 

2020-05-30
K様邸(赤磐市桜ケ丘東)

玄関奥にある シューズクロークです。

ジャケットや、制服など

毎日着用していくものは

パイプハンガーに。

 

靴以外の 外モノも屋内に収納できます。

80Φの換気扇もあるので 靴の臭いが

あっても排気します。

 

脱衣室のフロアタイルは 「ヘリンボーン柄」を

採用です。

実際の無垢フローリングを使うときと

同じ手順になるので 他の一般的なフロアタイルと

比べても非常に貼り手間が掛かる型番となります。

 

 

キッチンもタカラスタンダード 「グランディア」です。

 

 

 

換気扇や、給気口、照明器具などが

搬入され取付を待っています。