現場建築日誌

2020-01-14
M様邸(岡山市北区庭瀬)

外部を透湿防水シート 「タイベックシルバー」で

くるまれたM様邸。

 

 

屋内では、断熱工事が完了しました。

 

 

浴室は、先行してシステムバスが設置されるため

一足先に耐水石膏ボードを

張り進めておきます。

 

 

2階のトイレなどからの縦方向の排水管は

防音シートで巻いて 排水音を抑え込みます。

 

外壁面 最低60mm厚。

屋根面 最低80mm厚の

硬質ウレタン 30倍発泡を吹き付けます。

 

施工後厚みの検査を行います。

 

大抵は 殆どの面を余裕を持った厚さで吹いています。

2020-01-10
K様邸(赤磐市桜ケ丘東)

建て方完了です。

写真はまだ途中なので、上空からの光も入っています。

 

 

 

 

 

破風板を張ったり、瓦を葺き始めたりしています。

透湿防水シートが未施工のため

ブルーシートを巻いておきます。

 

三州瓦です。

種類の豊富さと、流通ルートや価格も含めて

安定の製品群です。

2020-01-10
N様邸(倉敷市玉島乙島)

外部の透湿防水シート「タイベックシルバー」を

施工中です。

 

 

1階用の無垢フローリング 幅120mmを

搬入済です。

 

ビルシュタイン製 高性能ダンパーの技術で

長期にわたって 安心を与える 制振装置も

配備しています。

 

 

2階に浴室があるN様邸。

床面の落とし込み工法によって

2階の浴室にもかかわらず 入口段差無しの

バリアフリー仕様が実現できました。

 

2020-01-09
H様邸(岡山市南区妹尾)

型枠が撤去され、基礎の天端も微調整が終わった

H様邸の基礎。

 

 

基礎断熱部分がよくわかります。

脱衣室とバス部分以外は 床面の温度が

冬場、冷えにくい「床断熱仕様」となります。

 

 

溶融亜鉛メッキZ55仕様の 防錆性能が高いメッキなので

工事中に雨に当たったり、長期間放置したとしても

錆が発生しません。

 

 

塩ビの排水管と断熱された、給水・給湯管が

接続を待ちます。

 

2020-01-09
K様邸(岡山市北区大窪)

建て方が終われば、現場にて施主さんと

電気配線打ち合わせを行い、正午前に

上棟祭を執り行います。

 

建物の四方に、お神酒、お米、塩を

撒いて清めていきます。

 

ここまでの無事に工事が進んだことへの

感謝とこれからの工事の安全と

K様ご一家の発展を祈願し 祝詞奏上と乾杯を行います。

 

 

 

電気配線工事が終わって、第三者機関の検査合格を

経て ウレタン吹き付け断熱工事に移ります。

 

 

外部に面する壁面はもちろん

ウィンターガーデンも屋外とみなし

床面にあたる1階天井面の一部も

吹き付けします。

 

    

 

その後、断熱施工をお願いしている

「マルフジフォーム工業」さんに

「気密測定」を実施してもらいます。

 

 

コスミック・ガーデンの建物は

全邸 測定をかけています。

2020-01-08
K様邸(赤磐市桜ケ丘東)

建て方工事の続きです。

 

ツーバイフォーやツーバイシックス材のみならず

集積材(接着剤は強固で高耐久なレゾルシノールが必須)も

多用します。

 

特に 上部からの荷重が 大きくかかる

部材には。

 

 

 

一般的な ツーバイフォー住宅よりも

「材積」は約1.2倍程度多く、

在来工法の木造住宅と比較した場合

約1.5倍近く 多く木材を使用しています。

〇寸角の〇〇材が。。。という話ではありません。

念のため。

 

    

 

 

屋根の構造体を組んでいきます。

 

 

建て方工事中、快晴で助かりました。

 

 

取り急ぎ

雨仕舞ができるところまでは

進めて置きます。

2020-01-08
T様邸 (倉敷市茶屋町)

建て方工事完了後の T様邸。

まだ 一部サッシの仮止めも終わっていない箇所があります。

 

 

今だけ見える 骨組み(パネルのスタッド)。

 

 

屋根上には、瓦を間配り

荷重をしっかり構造体にかけておきます。

 

しっかりかけて、締ったところで

帯金物やハリケーンタイなどを

固定していきます。

2020-01-07
I様邸(岡山市北区花尻ききょう町)

クロス工事の 始まりです。

先ずは ボードの継ぎ目や

ビスの頭に 「パテ」処理をしていきます。

 

 

キッチンも クリナップの「ステディア」に

「ミーレ」食洗器をビルトイン。

 

カップボードは ウッドワンの「スイージー」を

チョイスされました。

段ボールが取れるのが 楽しみです。

   

 

職方2名で パテ処理を進めます。

 

クロスが入荷するまで、いったん現場を離れます。

 

2020-01-07
S様邸(玉野市田井)

石膏ボードがほぼ張り終えました。

 

 

各開口部の枠も入って、傷防止の養生を

しています。

 

 

キッチンの床は 無垢フローリングではなく

樹脂製の「フロアタイル」を採用します。

 

水や薬品にも強く、表面の耐久性も高いため

水回りには標準採用しています。

 

厚みが2.5㎜程度なので

15mm厚の 無垢フローリングとの「差」を

合板の捨て張りで調整し、段差の無い「バリアフリー状態」に

します。

| 2020-01-07 - 18:41
2020-01-07
H様邸(玉野市和田)

屋内のボードや、フロアなど

建材は全て 撤去、搬出をします。

 

まだまだ 人力作業が殆どで

時間はかかっていました。

 

 

遂に重機搬入で一気に作業が進みます。

 

 

解体工事の常ではありますが

音やほこり、振動など

ご近所の皆様には大変 ご迷惑をお掛けしたと思います。

 

 

重量鉄骨の建物であり

地下スペースもあったことから

地中梁や基礎工事が 強固で

撤去後の空洞を埋めたり

整地も大変でした。

 

それでも、何とか形にしないと 地鎮祭を

執り行うことが出来ないので

もう少しきれいに整地します。

 

| 2020-01-07 - 18:32