現場建築日誌

2019-07-04
O様邸(岡山市北区楢津)

地盤改良工事にかかる O様邸。

分譲地なので、近隣もハウスメーカーさんの

建物がどんどん建っていきます。

 

トラバースさんの作業車が

固化剤と鋼管を現地に搬入します。

 

 

 

固化剤の入った大きな袋を

ユニックで吊って下ろします。

 

 

 

先端に大きな羽のついたドリルで

垂直に直径400mmΦの

パイルを地中に造ります。

 

 

パイル杭の中心には 水平方向からの

荷重に抵抗する目的で リブ付き鋼管杭を

挿入します。

最上端はキャップをします。

 

 

これが リブ付き鋼管です。

引き抜きなどに対抗するため

凹凸ができています。

 

2019-07-02
N様邸(岡山市北区大供表町)

建物の組み上げが終わったN様邸。

 

小屋裏もしっかりしました。

 

 

外では、防水のためのゴムアス系ルーフィング

「モラサン」と言うそのまんまのネーミングの素材を

張っています。

 

 

今の時期しか見ることのできない

二十通気層の 隙間(空気の通り道)です。

 

緑色に見えるのは ホウ酸塩処理をした通気胴縁です。

 

2019-07-02
H様邸(倉敷市加須山)

足場が落ちてすっきりしたH様邸。

黒いツイーゲルⅡが かなりの重厚感を醸し出します。

 

 

屋内ではクロス工事中です。

 

パテ処理を進めながら、クロスも並行して

張っていきます。

 

 

キッチンにはワイドアイランド型のキッチンと

大型背面収納が設置養生されています。

 

| 2019-07-02 - 19:25
2019-07-01
Y様邸(倉敷市真備町)

土台工事、建て方工事と進んでいます。

 

 

朝から1階の壁を立てていきました。

 

天気に恵まれほぼ1日で2階の棟まで出来上がりました。

 

 

2日目で屋根下地までが出来る予定です。

 

 

| 2019-07-01 - 18:37
2019-06-28
M様邸(岡山市北区庭瀬)

JR庭瀬駅より徒歩数分、という非常に

利便性が高く、希少性のある土地を購入された

M様。

 

下見に行くと。。。。

 

近隣のブロック塀は かなり危険度が高い状態。

しかしながら、折半している塀でもなく

隣家の所有なので勝手に何かできるわけではないので。

 

 

敷地内に M様所有の 土留め兼フェンスを設置しました。

万一 古い塀に何かあっても

ある程度フェンスがガードしてくれます。

 

 

ブロックの厚み分だけ

敷地が狭くなりますが、様々な交渉の面倒や

倒壊の危険性に対する策として

手を打っておきました。

 

 

この後、地盤調査に入ります。

2019-06-27
N様邸(岡山市北区大供表町)

建て方の続きです。
2階パネルが組み上がり

矢切パネルが上がると家らしくなります。

 

垂木を流したら、1重目の構造用合板を張って

屋根地を作ります。

その後、熱を反射させる目的で

アルミ蒸着繊維を編み込んだ

透湿防水シート「タイベックシルバー」を

全体に張ります。

 

通気用胴縁(ホウ酸処理しているためグリーンに着色)を

流し、再度構造用合板を張って、通気層を作ります。

 

 

両端から張り上げれば ルーフィングを張る前の

屋根地が完成となります。

 

専用金物を棟に取り付けて開かないように

固定していきます。

 

2019-06-27
I様邸 (岡山市北区撫川)

 

現場発泡のウレタン吹付工事が完了です。

30倍発砲の硬質ウレタンです。

 

壁面60mm。

二十通気層の屋根面 80mmの厚さです。

 

システムバスが収まるエリアは

耐水石膏ボードを先行して張ります。

浴室と脱衣室のみ

基礎断熱をしてユニットバスと構造躯体の

隙間から外気が侵入しないようにしています。

 

 

枠組み壁工法(ツーバイフォーやシックス)の場合

使用する釘類はすべて仕様書通りの

決まりがあります。

 

色によって長さと太さが一目で見分けがつき

適所に指定通りの釘が使われているか

判断できなければなりません。

 

 

 

この日は タカラスタンダードの職人さんが

ホーローシステムバス「リラクシア」を

組立設置しています。

 

 

ステンレスのパンの上に

磁器タイルが張ってあります。

 

アクリル人造大理石の浴槽が据えられ

サイドのエプロンが未装着の状態です。

 

2名の職人さんが 丁寧に組立、コーキングを

しながら進めていきます。

2019-06-26
M様邸(倉敷市連島町鶴新田)

外回りも完成し、残工事、補修工事も終わり

いよいよお引渡しです。

 

この日は、週末の吉日と言う事もあり

お引渡しや地鎮祭の予定が詰まっています。

 

そんな中、ガス給湯器とガスコンロを採用のM様邸では

器具の取り扱い説明と開栓で水島ガスの担当者さんが

来てくれました。

 

 

ガスコンロも リンナイ「デリシア」の

トップグレードなので 機能が盛り沢山です。

一度に覚えきることはできないので

使いながら じっくり把握していけば良いというスタンスが

楽です。

 

 

松本監督から お花の贈呈で記念撮影です。

ご夫妻には 長くお待ちいただきましたが

非常に喜んでいただきました。

 

これから、暑くなって行く中で

冷えすぎることなく、快適な空間で

ゆっくりお過ごしいただければと思います。

 

 

本日は、おめでとうございました。

2019-06-26
S様邸(玉野市田井)

浸水などに備えて 敷地に盛り土を行います。

 

 

駐車スペースの勾配や

土留め工事の要不要の問題もありますが

比較的 水がまわるエリアなので

GLを盛り土して上げたところに

コスミック・ガーデンの建物だと床までプラス700mm。

 

これだけしておけば、少々では床上浸水からは

逃れられる可能性が高くなります。

| 2019-06-26 - 14:49
2019-06-25
N様邸(岡山市北区大供表町)

岡山市中心部 狭小地になるN様邸の

建て方が始まります。

狭いといっても敷地内にクレーン車が

駐車できるだけまだマシだと思います。

 

 

ツーバイパネル工場の「(有)shin」からパイルが

どんどん送り込まれてきます。

 

道路幅も狭いので 細心の注意を払って

いつになく現場はピリピリとした

緊張感が漂います。

 

 

1階をくみ上げていきます。

レベルを見ながら、下げふりを下ろして

立ちを見ながら

大工さん達も 集中して 急ぎながら確実に。

 

2階床パネルを張って

玄関ポーチの庇が出来たところで

この日は時間切れ。

 

ブルーシートをかけて雨に備えておきます。

 

 

翌日、再開です。

 

2階の壁が建ち上がり、矢切パネルも

組めました。

 

 

続きは 次回に。