現場建築日誌

2008-12-08
T様邸(岡山市南区藤崎)

上棟祭の後、電気配線の打ち合わせを済ませた

T様邸。

ホームシアターの取り付けもあるため

いろんなところに補下地が入ります。

もともと、「ブロッキング」 と呼ばれる補強は、

1階部分の外壁面全てに入れていますが、

棚や物干し金物、家電の設置状況によって随時

追加します。

これが、「ブロッキング」です。(スタッドの横方向に入る材)

屋根下地も順調に進みます。

2008-12-08
K様邸(岡山市北区二日市町)

旭川からの強い風と戦いながら、

K様邸の土台が敷き終わりました。

給水・給湯配管も完了済み。

加圧処理の防蟻材なので、土台の色は少々グリーンがかって

います。

土台とプラットフォームが出来ると、後は断熱材(旭化成

サニーライト)をはめ込みます。

材を根太の間隔より少々大きめにカットし

きつめに押し込むのがコツです。

硬い断熱材だと将来隙間が出来、そこに結露してしまうかもしれません。

「ポリエチレン」のやわらかい断熱材の良さを

最大限活かします。

2008-12-06
K様邸(岡山市東区可知)

岡山市可知でK様邸の地鎮祭が執り行われました。

今朝の気温、-1℃。

お日様は照っているのですが、風が非常に強く、

気温も低い。 用意したテントの紅白幕も強風で

膨らみまくっています。

いつも通り、北東の角から竹を起こしていきます。

「安仁神社」さんの祝詞奏上の後、土地の四方を

お払いしていきます。

これも、北東の角から時計回りに進んでいきます。

                            

式典は進み、「鍬入れの儀」 です。

掛け声ともに鍬を砂山に三回立てます。

施主様は声を中々出せませんが、

私たち業者は大きな声で、「エイ!エイ!エイ!」と鋤を三回立てます。

                           

宮司さんが、「鎮め物」に念を入れます。

強い風が吹きすさぶ中、地鎮祭も無事終了。

最後は記念撮影。 背中が丸くなり、身がちじこまる中、

笑顔をして。 と言うほうが無理なのですが、

何とかなりました。

 

今のところ、着工日はまだ未定ですが、

K様の寒い冬も今年限りとなりそうです。

 

実は、今年春にお引渡しさせて頂いた、O様のご親族が

k様です。

地鎮祭終了後、O様宅へ避難され、その暖かなコスミックの家で

くつろがれていることでしょう。

O様いわく、「実家で寝るのは寒い。うちの玄関の方がずっと

暖かい。」    

多分その通りだと思います。

k様、ご期待くださいね。

 

2008-12-05
T様邸(岡山市南区藤崎)

T様邸の上棟祭です。

晴天に恵まれました。

四国 香川からご両親も駆けつけてくださいました。

屋根の瓦工事も進行中です。 雨仕舞いも完璧です。

構造躯体と屋根(垂木)を緊結する「ハリケーンタイ」も全ての

垂木に装着済み。

先ずは、建物の四方を、 「お神酒」 「塩」 「米」で

清めます。   お施主様ご夫妻にも手伝って頂きます。

 

その後、関係者とともに工事安全祈願の祝詞を

奏上し、二礼拍手一礼します。

お神酒で乾杯!

 

式典終了後、大工さんたち、当社スタッフ、施主様関係者で

お昼をいただきます。

ご両親から本場香川の暖かい「うどん」も振舞って頂きました。

食事の前に、施主のT様より一言ご挨拶。

建物の姿も現して、家らしくなってきたT様邸。

これからも、安全に丁寧な仕事をしていくことを誓い、

おいしい食事をいただきながら和気藹々とした上棟祭でした。

これからも、宜しくお願いします。  T様。そしてご家族・ご親族の

皆様。有難うございました。

2008-12-05
K様邸(浅口郡里庄町)

里庄町のK様邸。 基礎コンクリートの立ち上がり部打設も

完了し、現在ゆっくり養生中です。

あいにく、日が落ちてから現場入りしたために、ストロボ撮影に

なって、少々見難い写真で申し訳ありません。

カーペット地の養生シートでお休みです。

今週末、型枠を外し、先行配管などの工事が入ってきます。

クリスマス明けの、今月26日に上棟祭を予定している

K様邸。

あせらないで、早く、でもしっかりと仕事を進めて生きたいと思います。

2008-12-05
O様邸(岡山市南区大福)

 O様邸の陶製外壁を張り始めました。

今回の建物では、釉薬のバリエーションが5色と多彩です。

釉薬は、当社オリジナルで作成し、

O様オリジナルのオンリーワンの色です。

陶製外壁は、割らない限りメンテナンスフリー

劣化することもなければ、色落ちして塗る必要が一切ありません。 

ただ割れた場合は、差し替えも可能ですので

ご心配はいりません。

 

       

 

粉塵が近隣に飛ぶので、テントをはり、

その中で作業は行われます。

 

  張り始めると綺麗です♪  

 



 

まだ一部しか晴れていませんが、

屋根の色や玄関ドアの色ともとても調和が取れています。

今後が本当に楽しみです

2008-12-05
T様邸(倉敷市早沖)

 T様邸の内部が完成に近づきつつあります。

大工さんも完成にむけ急ピッチで進行中

 

     

 

雨の日にみると

外壁の色がしっとりと落ち着いて大変綺麗です。

         

 

| 2008-12-05 - 00:00
2008-12-01
K様邸(岡山市北区二日市町)

K様邸の基礎工事、養生も終わり、型枠がはずれ、

基礎が姿を現しました。

 

基礎の幅は、陶性外壁 「ツイーゲル」 仕様の200ミリ。

外周のみですが、とても住宅用とは思えません。

溶融亜鉛メッキのアンカーボルトが鈍く光っています。

玄関ポーチ柱用の基礎もご覧の通り、

ごっつい四角柱がお目見えしました。

明日からは、建物内の先行配管を行います。

 

2008-12-01
I様邸(玉野市田井)

I様邸のキッチンが設置されました。

当社ではおなじみの、タカラスタンダード製、ホーローキッチンです。

最近は、吊り戸棚を選択しないお客様が多いの

ですが、I 様も同様です。

組立ては、多くのタカラ専属職人さんの中から

「この人」 と指名している数人のチームにお願いしています。

いずれ、「ブログ・職人さんコーナー」 で紹介したいと思います。

 

I様邸の見晴らしの良い、「ウィンター・ガーデン」もかなり

完成に近づきました。

パッシブソーラーシステムとして、冬は暖房費を抑え、

雨の日は、濡れないバルコニーとして大活躍することでしょう。

| 2008-12-01 - 00:00
2008-12-01
O様邸(岡山市南区大福)

待ちに待った陶製外壁の登場です♪

 



 

さすがにO様のお宅は大きいので

全ての外壁材を現場に置くことが出来ないので

瓦屋さんに預かってもらっています。

 

現地に行ってみると、既に施工中に使用するテントも張られ

準備は万端に整っています。

 

         

 透湿防水シート 「タイベック」 の上に木を張っているのは

外壁材の下地材です。

この木にビスを効かせ外壁材を止めていきます。

もう少し、下地にかかるので、

実際の施工はもうしばらくお待ち下さい