現場建築日誌

2009-03-07
O様邸(岡山市南区大福)

内装のボードも全て完了

いよいよ来週からは、クロス工事前のパテ処理に入っていきます。 

 



 

O様もドキドキしながら楽しみにされています。

きっと建物を御覧になりに行く回数が今以上に増えるのでは??? 

 

                       

 

外観も樋の取り付けが終わると

存在感が出てきました。

 



 

不思議なことに、樋だけで見ると「紫」と思いますが

建物全体で見ると、違和感なくマッチしています。

足場が取れると、外観からみる風貌もより一層変わってくるのでしょうね。

2009-03-06
K様邸(岡山市東区可知)

岡山市可知のK様邸。

基礎工事もいよいよ大詰めです。

勝手口と裏玄関の土間と二箇所あるK様邸は

建物外でも基礎補強(タイガーパイル)を行っています。

これは、裏玄関のポーチ部分です。

 

よくよく見ると、勝手口台の鉄筋の下に

「タイガーパイル」の頭が見えます。

 

薄い水色のボードは断熱材です。

土間のコンクリートを打つ前に敷き詰めます。

表玄関と中玄関があるため、広い面積に

断熱材を施工します。

基礎の立ち上がり部も、幅200ミリとかなり「ごっつい」基礎となります。

陶性外壁 「ツイーゲル」 を施工するために、このような

幅広の基礎となりました。

2009-03-06
T様邸(岡山市南区藤崎)

岡山市藤崎のT様邸。

美装(専門業者によって徹底的にクリーニングし、

ワックスを掛けます。)も完了し、後は

畳と網戸などが搬入されるのを待つばかりです。

 

T様邸は、3月14~15の土日

完成見学会を行います。

その前に、ちょっとだけ細部をお見せします。

格納式の物干し金物がつきました。

これは、1階です。    もう1っ箇所2階にも設置しています。

玄関ホールにあるニッチ。 この奥の壁面に張ってあるのは

シルクに刺繍が施してある高級クロス。

品良く、エレガントな雰囲気を醸し出していると思います。

ガスコンロは、リンナイのセカンドグレードのRS38w7G2RーVR

というモノで、ショット社製のガラストップが美しいものです。

最新のIHヒーターの負けない安全装置と高効率、そして

対応する料理のレパートリーの広さが自慢です。

そして、T様拘りのホームシアターのプロジェクターと

スピーカーです。

ご家族を楽しませるために今は待機中です。

 

このほかにもまだまだ見どころはたくさん有りますので

完成見学会に是非お越し下さい。

 

2009-03-02
K様邸(浅口郡里庄町)

里庄町のK様邸、クロス工事に入りました。

「インテリア山崎」 さんが手際よくクロスを張り続けています。

クロス自体の厚さや張り具合、柄の重なりなど

様々な要素を考慮しながら作業します。

可塑剤を使用したビニールクロスと違い(可塑材は

少しずつ揮発し、抜け切ってしまうと、塩化ビニール

本来の硬さを取り戻してしまい、ジョイント部から

うげてしまいます。) 紙クロスや布の刺繍入りなどを

採用しているため、かなり高度な技術が必要です。

 

・・・とはいっても、正式なクロスメーカー品なので

裏打ち紙もあるため 従来通りのこんな機械で

糊付けできます。

 

同時進行で、ユニットバス(タカラスタンダード製)の仕上げに

入っています。

細かい隙間などをコーキングで塞ぎ、水の浸入を

防ぎます。

タカラ製品の組立てには、当社の場合

職人さんを指名しています。

数多いタカラ専属の職人さんの中から

特に丁寧な仕事振りと、コスミック・ガーデンの

良さを理解して、当社の家創りに共感してくださっている

方々にお願いしています。

 

ちなみに、タカラのユニットバスの天井点検口は

大人がぶら下がって懸垂しても変形しない強度を

持っています。

テレビや電力などこのユニットバスの上部にある

空間に集中させています。

後日、電気屋さんや電力会社の作業員が

仕事をする際、強度のある点検口だとなにかと安心です。

 

今週中には、クロスも終わり 奥様待望の

システムキッチンが座ります。

 

| 2009-03-02 - 00:00
2009-02-26
K様邸(岡山市北区二日市町)

岡山市二日市のK様邸。

外壁の「ツーゲル」の施工がほぼ完成です。

上半身は、割れないモルタル 「ダンテン」 + 「漆喰」 の予定です。

躯体からかなりの厚みで外へフキます。

この写真からその厚みが解っていただけると思います。

建物南側の張りあがった面です。

最上部は、ステンレスで水切りをかけていきます。

 

内部の大工工事も順調です。

2階の15mm無垢フローリング(レッドオーク)は、

重量衝撃音緩和のための

「高密度石膏ボード」 の上に施工します。

この断面部分ならわかりやすいと思います。

玄関ホール部分の一部です。  木目はこんな感じです。

 

2009-02-26
O様邸(赤磐市桜が丘)

今日から、外壁の「ダンテン」を施工するため、

胴縁を工事します。

外壁材と躯体との間に、空気を通す

「通気層」を設けるために胴縁を取り付けます。

下から見上げるとこんな感じです。

ダンテンの下地となる、「ラス」 は大阪の 「山中製作所」 さんのものを

採用です。

詳しくは、またの機会にご紹介します。

非常に良く考えられた素材ですが、施工のポイントは

きちんと押さえておかないと本来の性能は

発揮できません。

今回は、「山中製作所」 の社長さん直々に

現場で説明・指導を行ってくださいました。

胴縁が終ると、ラスの施工、ダンテン塗りと

進んでいきます。

 

| 2009-02-26 - 00:00
2009-02-25
O様邸(赤磐市桜が丘)

桜ヶ丘のO様邸。

建物周りに「タイベック」を貼り終り、

ウレタン断熱も完了しました。

天井に白い強化不織布が貼ってあるところが

「セルロースファイバー」が施工してある箇所です。

 

玄関の上がり框(あがりかまち)の施工途中の写真です。

ここも内部ドアと同じ 「ウッドワン・ジュピーノ」 です。

近日中に、現場にて割れないモルタル 「ダンテン」 のラス地の施工

説明があります。

ラスを制作している 「山中製作所」 さんが

直接の指導に来岡してくれます。

 

| 2009-02-25 - 00:00
2009-02-24
K様邸(岡山市東区可知)

岡山市可知のK様邸。 ベタ基礎床盤部分の仕上げです。

立ち上がり部はこの後型枠を組んで

コンクリートを打設するので鉄筋が見えています。

基礎工事の「秋久建設」さんが綺麗にならしをしています。

 

大きなK様邸なので、全景を撮るとこんなにも

でっかく見えます。

ここ数日、寒い日が続いていますが、

それでも県南では、マイナス2度以下になることは

滅多にないので安心です。

コンクリートは極端な寒さと暑さが苦手ですから。

固まってしまうとなんとも無いのですが・・・

2009-02-24
T様邸(岡山市南区藤崎)

ついにクロスも完了したT様邸。

次はカーテンの打ち合わせです。

今回も 「トータル・ナカニシ」  の中西さんに

お願いしました。

先ずは、お二人の希望や好みを確認します。

そして予算も大事です。

メリハリをつけた選択が必要です。

その間にこんなものを撮ってみました。

コンセントやスイッチのプレートとボタンです。

最近は、「コスモ」 と呼ばれる大型のツルンとしたスイッチに

なっています。

オン・オフがしやすくデザインもモダンです。

ただ、視力が極端に弱い方や盲目の方には

今がオンなのかオフなのか非常に分かり辛いという

こともあります。

次はコンロを待っているキッチンです。

T様邸はガスなので、まだ取り付けは済んでいません。

プロパンガスの 「岡崎共同」 さんが、かなりがんばって

最新ガスコンロを仕入れてくれています。

イニシャルコストを抑えるには、ガスコンロも

良い選択ですよ。

コンロがセットされたらまた報告します。

まだまだ、カーテン選びには時間がかかりそうです。

これもT様にとっては、楽しい家創りの思い出となるはずです。

2009-02-21
O様邸(岡山市南区大福)

2階のボード張りが出来上がってきました。

ボード張りが出来ると次はクロス工事です。

 

           

 



 

職人さんが、毎日頑張って重たいボードを張ってくれています。

 

      

 

これは、樋です。

O様邸は、樋を全て塗りで仕上げる為、

現在、外部も内部もパープルの樋でお部屋を占領中。

 



 

しかし、この外壁にパープルの樋

素敵な仕上がりになりそうです。