現場建築日誌

2009-02-18
K様邸(岡山市東区可知)

岡山市可知のK様邸。

基礎工事が順調です。

地盤柱状改良の「タイガーパイル」の頭の部分が

少し見えています。

土壌の防蟻処理の後、ベタ基礎部分に砕石を敷き詰め

このように防水シートをかぶせます。

K様邸は、「アイディールブレーン」社製の制震テープを

使った制震工法であるSC工法を採用した

コスミックガーデンにとって第1号の住宅です。

制震テープとは、柱(スタッド)と構造用合板の

間に貼ることにより、地震のエネルギーを吸収し

建物への被害を抑えるものです。

http://www.ibrain.jp/tape/index.html

↑詳しくはこちら。

岡山県ではコスミック・ガーデンだけが正規販売の

工務店になります。

 

もともと強いK様邸。

ツーバイシックスにさらに補強

その上に制震テープですから、大きな地震のあとでも

クロスの補修すら必要ないかもしれません。

その上、他の制震工法(ミサワジオパネル、積水ハウスシーカスなど)

と比べ、圧倒的にバランスよく且つ低コストです。

全国的にも地震に対する意識の低い岡山県。

しかし、大きな地震は必ず来ます。

その時のための大きな保険のようなものです。

 

制震テープのSC(スーパーコスミック)工法の

詳細については随時ホームページでお伝えしていきます。

 

耐震と耐久性能をきちんと引きだす為には、

きちんと頑丈な基礎工事は必要不可欠です。

2009-02-18
T様邸(岡山市南区藤崎)

岡山市藤崎のT様邸、高級クロスが

姿を見せ始めました。

インテリア山崎さんが手馴れた感じで作業中です。

内装工事の同業者さんが、近くの他社の現場に

入っていたため、見学に来たらしいのですが

「すっげ~の貼っとるな~」

とのこと。

ビニールクロスしか貼っていない職人さんでは

中々綺麗に仕上げることはできません。

玄関ホールにはデザインでサプライズする

仕様にしています。

クロスも「レーヨン」の高級品です。

トイレの壁の一部をお見せします。 

もちろん、全てのクロスのノリには、

天然鉱石の「ホロストーン」を混入しています。

遠赤外線とマイナスイオンを放射し、

様々な効果を発揮してくれます。

今週には、全てのクロスが貼りあがります。

 

 

2009-02-17
O様邸(岡山市南区大福)

 アクロバット飛行をしているのが

塗装屋さん

軒の色を塗ってくれています。

5色使いの陶製外壁は

とても鮮やかです。

 



 

その、軒天は「ピンク」

とても可愛らしい色です。

普通はピンクが入ると「派手」なのですが

今回は外壁が鮮やかなだけにあまり目立ちません

 

      

 

この建物は、樋の色も塗る予定

どのような色になるかは

お楽しみに~♪

2009-02-16
K様邸(岡山市北区二日市町)

陶性外壁 「ツイーゲル」 の施工が始まりました。

今回、K様邸では2色の混ぜとなります。

濃いグレー と 少し薄めのグレー

「割り」を考えながら、下から取り付けていきます。

事前に削ったり、すり合わせ加工が必要なので

仮設テントのなかで作業しています。

テントのなかは、オレンジ色の粉塵が漂っています。

夏場はサウナ状態で大変です。

何邸も「ツイーゲル」の施工をしてきた職人さんたちも

現場では何回も打ち合わせを繰り返します。

最初の頃と比べれば、作業スピードは格段にアップ

しています。

今月いっぱいはかかりそうですが、将来的にも

メンテナンスフリーと高い質感をだす「ツイーゲル」ですから

時間がかかっても仕方ありません。

2009-02-16
O様邸(岡山市南区大福)

室内のボード張りの模様

 これは、クロスを張る前の状態です。 

 

 

 

縦のライン、横のライン綺麗なピッチで打たれております。

 

          

 

打っているビスは、こんな感じでぐるぐる巻きで

ロール上になって入っております。

クロスを張ると見えないのですが、

この綺麗さは、一見の価値ありです。

2009-02-13
T様邸(岡山市南区藤崎)

岡山市藤崎のT様邸。

内装(クロス)工事の前段階、下地作り(パテ埋め)に

入りました。

このパテ埋めと下地作りの

良し悪しがクロスを貼った後の仕上がりに差を

もたらします。

パテやノリの品質、グレードにもこだわります。

 

台所にも、システムキッチン 「タカラ」 のホーローが

鎮座しました。

まだ養生をしていますので、全貌は見えません。

 

建物の外では、屋外給排水工事です。

水道メーターの高さや、浄化槽への接続などが

着々と進んでいます。 

2009-02-13
K様邸(岡山市東区可知)

今日から基礎工事です。

設計地盤からの高さ、配置の正確な位置だしを

終え、ベタ基礎のための 「床堀り」 をしていきます。

土は、掘り返すと膨らんで、大量になりますが、

埋め戻すと締まって目減りします。

掘った土をどのくらい捨てて、どのくらい残すのか。

最終的なエクステリアデザインも考慮して決めます。

 

コンクリートを打設する時に、極端に寒くならなければいいのですが。

ここ最近の天気と、予想を見ると大丈夫そうですが

相手は自然なので・・・。

2009-02-12
O様邸(赤磐市桜が丘)

透湿防水シートの「タイベック(デュポン社)」が

建物を包みこみました。

バルコニーの防水であるFRPの塗布も完了し、

乾燥待ちです。

隅に見える穴は、排水のためのドレンが入る穴です。

ここも、コスミック・ガーデンはステンレス製です。

上下一体式なので、埋もれてしまう部分が鉄製だと

見えない部分で錆が発生する可能性があります。

ここも、かなり割高になりますが、ステンレス鋳物にすることで

後々の不安要素や要メンテ箇所を減らすことができます。

 

細かい部分ですがここも数あるこだわりの一つです。

| 2009-02-12 - 00:00
2009-02-10
O様邸(赤磐市桜が丘)

O様邸の工事も順調です。

O様自ら、ホウ酸を木部に処理をします。

粉末状のホウ酸を当社が入手し、

O様が施工します。  規定の量まで水で希釈し

道具も完璧。 準備万端です。

ホウ酸自体は人体に殆ど害はありません。

目薬にも入っています。

木を腐食させる菌や、ゴキブリ、白蟻などに効果があります。

虫は人間と違い、体内からホウ酸の成分を排出する

ことができないため、防虫剤として効果があります。

最近、公的機関からもその安全性や防腐性能について

認める動きがありました。

とは言っても、マスクとゴーグル、雨合羽などは必要です。

かなりの面積をローラーでこつこつ塗布していったO様。

大変な作業だったと思いますが、その分今まで以上に

我が家に愛着が湧くのではないでしょうか。

| 2009-02-10 - 00:00
2009-02-10
T様邸(岡山市南区藤崎)

藤崎で工事中のT様邸。

今日も、大工さんの造作は進行しています。

 

ところで、T様邸の玄関ドアを開けると

このような素焼きのタイルが一面、アクセントとして施工され

目に飛び込んできます。

ちょっとニッチも顔を出します。

このタイルは「コバ」のように、細い棒状のものを

一枚一枚貼っていきます。

玄関で帰ってしまうお客様にも

かなりのインパクトを残せるデザインです。

とにかく、質感が違います。

 

T様邸のもう一つのこだわり、

ホームシアターのスクリーンが取り付く

垂れ壁が姿を表しました。

この垂れ壁の裏側に普段は見えないように、スクリーンが

格納されます。

完成したら、是非一度大型スクリーンで鑑賞させてもらいたいものです。

 

ちなみに、ガス給湯器(ボイラー・省エネタイプの

エコジョーズ)です。

ここからは、工事の進行スピードが上がって行きます。