現場建築日誌

2008-10-01
I様邸(玉野市田井)

I様邸の断熱工事も順調に進んで

いますが、 工事に入る前にちょっとした

「手間」を入れることで、後々のトラブル回避と

「いい家」へ一歩近づくことができます。

           

1階天井の配線です。

天井材を直接貼らない、吊り天井方式なので

床根太と天井材の間にこの配線が通るため、

穴を開ける数を少なく出来、隅の部分の配線も綺麗にしておくことで

ウレタンが飛び散ったりした後の仕舞いも楽になります。

 

             

これは、電気配線が木材を貫通している箇所のアップですが、

木材と配線・配管の隙間から隙間風が侵入したり、結露したり、

気密が取れないことにより、様々な問題を起こしてしまいます。

ウレタン断熱を吹き付けてしまうと、殆ど見えなくなって

しまう部分ですが、こんなところにも「ひとてま」かけておくことが

とても大事なのです。

 

 

| 2008-10-01 - 00:00
2008-09-30
I様邸(玉野市田井)

I様邸の現場発泡ウレタンの断熱材吹き付け工事にかかりました。

           

まだ工事途中なので、養生シート(床と窓)が見えます。

壁面は40mmを基準としているため、部分的に はみだすぐらい

厚みがあり、完了後に削りとります。

屋根裏の断熱も完了しました。 (最低基準80mm厚)

   

後1~2日で全て完了する予定です。

とにかく、外部に面する壁面は天井・壁全てウレタンで覆います。

グラスウールやロックウールと違い、水蒸気を溜めない、

通過させない、性能劣化がないウレタン断熱。

コスミック・ガーデンは独立気泡(水蒸気を非常に透過させにくい)の

ウレタン30倍発泡です。(原液が30倍に膨らみます)

コスト的には100倍発泡が有利なのですが、

連続気泡とスキン層の確実性で30倍にこだわります。

 

| 2008-09-30 - 00:00
2008-09-29
T様邸(倉敷市早沖)

T様邸の基礎工事に入りました。

建築地は、二方用水に囲まれた住宅地

 



 

 

玄関先には、大きな物入れも常備されていて、

タイヤや灯油なども入れることが可能です。

 

       

 

当社の基礎高は、GL(地盤面)から450mm

 実際の見えない部分もありますので、基礎の立ち上がりは700mmとなります。

この後、立ち上がりにコンクリートを流し込む作業が待っています。

 

| 2008-09-29 - 00:00
2008-09-28
O様邸(岡山市南区大福)

地盤改良が始まりました。

岡山は、軟弱地盤が多い土地がらです。

O様邸も調べてみると水路がすぐ近くにあるような、軟弱な地盤でした。

どの、地盤改良を行うかと当社も今回は改めて再調査。

 



  ← タイガーパイル打ち込みの状況

 

最終的には、「タイガーパイル」になったのですが

過程では、鋼管杭、中将改良、MS工法など

全て見積もりを取り直し、再確認

価格だけで考えると「タイガーパイル」よりも安い商品もありましたが

検討の結果、信頼性を優先し決定しました。 

 

この鉄管が段付鋼管です →  

  

 

ソイルセメントを注入後に中心にこの鋼管を入れていきます。 

 



  ← 遠くに見える円柱が改良が完了した状態です。

 

お客様はいわく、自分宅の工事が始まると、

ついつい他で工事をしている現場も確認してしまうとの事。

工事が始まると、やっと実感もわいてきて

楽しみで毎日現場にも足を運ばれているそうです。 

 

2008-09-24
O様邸(岡山市南区大福)

O様邸の工事が始まります。

明日から、地盤改良なので今日は建物の外周部分の位置を出す

「位置だし」をしました。

 



 

この位置は、念の為にお客様にも確認して頂いたりします。

明日からが楽しみですね。

2008-09-19
T様邸(岡山市南区藤崎)

台風13号の行方を気にしていた、T様邸の地鎮祭を

行いました。  

午前中、土地のご契約を終え、午後から地鎮祭です。

                

今回も、岡山市西大寺の「安仁神社」さんにお願いしています。

先ずは、四方の竹を起こします。 北東の角から時計回りで

順番です。奥様に手伝って頂きました。

祝詞奏上、降神の儀と続きます。

             

もちろん、四方祓いも行いました。

次は、鍬(くわ)入れの儀です。

ちょっと、T様緊張気味かな。

              

鎮めものも、用意でき、参列者全員で二礼二拍手一礼をします。

最後に記念撮影です。

              

T様邸の着工、完成まではまだまだやることがいっぱいあります。

これからも宜しくお願いします。

きっと、いい家が出来ますよ。

2008-09-18
I様邸(玉野市田井)

台風13号が近づく中、海を見下ろすI様邸の

上棟祭を執り行いました。

          

当社スタッフ、大工さん、I様のご親族総勢17名のご参加をいただきました。

建物の四方を清める「四方祓い」の儀。

          

お神酒、洗い米、塩で清めます。

北東の角から、時計回りで建物の角を清めていきます。

          

工事の安全祈願とI様ご一家の発展を祈願する祝詞を

奏上し、お神酒で乾杯した後、参加者全員で食事です。

とてもうれしそうなI様ご夫妻の笑顔が印象的でした。

          

一服した後、電気屋さんとコンセントやスイッチの位置をカウンターの高さや

家具・家電の配置を考慮しながら検討していきます。

この作業までに、どれくらいお施主様が熟考されているかによって

打ち合わせのスムーズさが変わってきます。

もちろん、今回も大変スムーズに進みました。

明日からは、電気配線工事にかかります。

 

I様、今日は本当に有難うございました。そして、おめでとうございます。

| 2008-09-18 - 00:00
2008-09-12
I様邸(玉野市田井)

1階のパネルが建ち上がりました。

海風が気持ちいい、現場です。

                  

2階の床組みを上から見下ろします。

2X10(ツーバイテン)をダブルで組んでいます。

構造用合板を敷き詰めて2階の床(兼1階天井)を創ります。

       

 

    

一応、屋根の形が出来上がり、棟上完了。

屋根仕舞いが終れば、一安心です。

   

明日は、アルミサッシの取り付けです。

| 2008-09-12 - 00:00
2008-09-08
I様邸(玉野市田井)

海の見える、I様邸。

土台及び1階の床(プラットフォーム)の工事が

始まりました。

         

防蟻・防腐処理をした土台の上に、プラットフォームを

創ります。 床下断熱材の「サニーライト」を詰め込み、

構造用合板を「根太ボンド」と「釘」を併用して敷きこみます。

     

合板は「さね」加工してあるため、かけやで叩き込みます。

     

まだまだ、日中は暑いのでみんな汗だくです。

明々後日くらいには、大型クレーン車が現場入りして

建て方(家の形にパネルを組み上げ)になる予定です。

後は、お天気が続くように祈るだけです。

| 2008-09-08 - 00:00
2008-08-29
T様邸(倉敷市早沖)

 T様邸の地盤改良が始まりました。

2日間の工事にはなります。

   

          ↑

この写真は、杭の真ん中に入る鋼管杭です。

写真が小さいので、わかりにくいのですが

ところどころ凹があるのがわかります。

これは、抵抗性を高めていくために設けられています。

 



   重機で穴を開けながらの作業です。

 

         

 

杭が入った状態です。 

  

明日で、工事は終了予定です。  

| 2008-08-29 - 00:00