現場建築日誌

2007-11-30
K様邸(総社市)

昨日に引き続き

断熱材(発泡ウレタン)の写真ですが

下記の写真は、途中で断熱が切れているようにみえます。

断熱材は、本来外周部吹き付けるもの

この途中で断熱材が切れているのは

この上に、2階がのっています。

そのため、断熱材が途中で切れたように見えるのです。

上記の写真は、小屋裏を撮影したものです。

当社の場合、小屋裏を多用します。

その場合は、傾斜天井になるので、「現場発砲ウレタン」を施工しますが 

小屋裏が無いものは、天井に「セルローズファイバー」を施します。

上記の写真は、コンセント周囲です。

コンセントもコード部分を直接断熱材と接合して施工するのでなく

このオレンジのコードの中に 、電気コードを引き込みます。

そうすることで、電気のコード部分で何かあっても

メンテナンスを行うことが出来ます。

 

家は、メンテナンスが出来ないと怖いですものね~

 

 

 

| 2007-11-30 - 00:00
2007-11-29
N様邸(倉敷市)

 倉敷のN様邸がその姿を現しました。

 総二階建ての40坪。

 LDK14.5畳、対面キッチン、リビング階段、玄関横シューズクローク付き、

 4畳のウィンターガーデンと3畳のたたみコーナーを設け、

 リビング吹き抜けとバルコニー、ご主人用書斎とロフト、屋根裏収納を

 完備したプランニング的には、全てを網羅したような、大変贅沢な

 N様邸。

 

 

 

 

 構造体の外周壁は通常のツーバイフォーではなく、

 ひとまわり大きいサイズのツーバイシックスで組みあげています。

 コスミック・ガーデンの建物は一般的な木造の在来工法と比較して、

 木材は約1.5倍、ツーバイフォーと比較しても約1.2倍の

 木材の量を使用しています。

 

 この写真は、ご主人の書斎から上がることの出来るロフトを見上げているモノです。

 斜めの天井部分に、吹き付けの発泡ウレタンを80~90mm施工しますので

 真夏でも決して暑くならないロフトとなるわけです。

 

 

 ちなみに、ツーバイフォーの場合、使用する釘は色分けされています。

 左の金色の釘は、床用、15mm合板に使用するもので

 長さは65mm。

 右のグリーンの釘は、壁用、9mm合板に使用するもので

 長さは50mm。

 他にも何種類も長さと色違いがあります。

 これは、打ち込んだ後、釘頭の色を見ることで、長さを確認できるように

 する為なのです。

 釘の打つ間隔、適切な箇所に適切なサイズの釘が使われているのか?

 現場でしっかり確認しています。 そしてお施主様にも確認して頂きたいと

 思います。

 今度の日曜日、N様邸の上棟祭が楽しみです。

| 2007-11-29 - 00:00
2007-11-29
K様邸(総社市)

K様邸の断熱工事が完成です。

K様邸で使用している断熱は

「現場発泡ウレタン」です。 

床下は見えませんが

「サニーライト」と言われる板状になっているものを使用します。

今回のK様邸は、小屋裏があったため

壁及び天井部分も「現場発泡ウレタン」で施工しています。

 

不思議なのですが

大工さんいわく、断熱を施工するだけで、寒さ・暑さが違うとの事です。

 

次回は、各ポイントの断熱施工をご紹介します。 

| 2007-11-29 - 00:00
2007-11-28
K様邸(総社市)

外壁を張る前に

外壁部分に「防湿防水シート」を施工します。 

この素材は、水蒸気は通しますが

雨などの水を通さない為

ただ、この上に実際には外壁を施工します。

玄関先も軒天以外は、このように隙間無く施工をしていきます。

| 2007-11-28 - 00:00
2007-11-27
O様邸(岡山市)

  О様邸基礎工事が完了しました。

  この後、給排水の配管工事が入り、土台敷き、

  1階床断熱工事の後、棟上になります。

   

 

   インナーガレージを持つО様邸では、宅地と前面道路の

   高低差の関係で、かなりの高基礎になってしまいます。

   

   そのため、強度や段差部分の基礎下部分の地すべりに考慮して

   厚み、鉄筋の配筋などを決定しました。

 

    

| 2007-11-27 - 00:00
2007-11-26
K様邸(総社市)

お風呂の搬入が行われました。 

設備工事で、現場に一番に搬入されるのがお風呂です。

今回のお風呂は、タカラスタンダードさんの

商品を使用しています。

壁パネルなどが「ホーロー製品」の為

目地部分を除くとカビが生え無い

掃除が簡単などの利点があります。

断熱もきちっとされている為、床も他社さんに比べると

暖かいです。

PS もし、欠点があるとするならば、それはデザイン

デザインは正直他社さんのほうが上です。

しかし、これはホーロー製品の性質上無理の無いことかとも思います。

| 2007-11-26 - 00:00
2007-11-24
N様邸(倉敷市)

  N様邸1階の床になる「プラット・ホーム」が完成しました。

  

 

  来週からクレーン車を呼んで、棟上の工事に入ります。

  写真にあるように、F☆☆☆☆マークの構造用合板を使用します。

  ただの厚みのあるベニヤのように見えるかもしれませんが、

  建物の構造用として認定され、煮沸試験でも72時間はがれる

  事のないものが出荷されます。

  

  この写真は、基礎換気口用の切り欠き部分に乗るプラット・ホーム

  ですが、換気口部分にシートのようなものが少し垂れているのが見えますね。

  このシートは、基礎(コンクリート)と土台(木材)が直接触れないように

  するために在ります。

  基礎と土台が直接触れると、比熱や水分の含み具合の違いから、

  その部分に結露を起こします。

  結露の水分は木材を腐らせることになる為、このシートで縁を切ってやるのです。

  

  当たり前の事なのですが、たま~にそういった対策をとっていない

  現場を見かけることがあります。

  半年や一年で何か問題が起きるとは思いませんが、

  家はなが~く使うもの。

  将来を考えると不安が残ります。

| 2007-11-24 - 00:00
2007-11-23
K様邸(総社市)

お風呂場の土間工事が、完成しました。

K様邸は、タカラスタンダードさんの「レラージュ」という

グレードのお風呂が入ります。

水周りの設備で 、一番最初に設置されるのがお風呂。

K様ご夫婦がショールームに足を運び

ご自身で選ばれたお気に入りの一品です。

お値段は、当初よりアップされましたが、

お仕事のお忙しい、ご主人様のたってのご要望だったとか・・・

 左官さんの手で綺麗にならされています。

ここでは、高さ調整などもあわせて行われます。

 

お風呂が設置されるのが楽しみですね♪

| 2007-11-23 - 00:00
2007-11-22
K様邸(総社市)

 本日は、土間の工事です。

左官業者さんの手仕事によって基礎が綺麗に仕上がってきています。 


 

 

 

当社の左官さんは、三人でチームを組まれています。

気の良い職人さんたちで、当社の大切な家づくりのお仲間です。

 この職人さんの腕はピカイチ、珪藻土も本当に綺麗な仕上がりです。

良い珪藻土は腕が必要です。

珪藻土も各メーカーはありますが、接着材の含有率が多いか少ないかで

塗りも上手い、下手が出てしまいます。

家は、本当に職人さんの腕にかかっています。 

 

| 2007-11-22 - 00:00
2007-11-22
O様邸(玉野市)

O様宅は、
随所にこだわりのポイントがあります。
その一つが
こちらの食品庫

食器が大好きな奥様は、
買い置き食材と、大皿を食品庫に納める予定
その為、棚の幅・長さも
吟味に吟味を重ねました。
このスペース
完成して、見て頂くと解るのですが
ワゴンなども、
収納できるスペースをきちっと
確保している、優れものです。

| 2007-11-22 - 00:00