現場建築日誌

2019-12-19
I様邸(岡山市北区花尻ききょう町)

外部の仕舞いがだいぶ進んできました。

 

外壁材の「Kmew(ケイミュー)」 のサイディングも

張り進んでいます。

 

面によっては 完了の部位もあります。

 

 

ウィンターガーデン内 まだ一部

石膏ボード張りが残っています。

 

 

現場と並行しながら、 内装打ち合わせを

コーディネーターの田淵と行う I様ご夫妻です。

 

2019-12-19
T様邸 (倉敷市茶屋町)

建て方が始まった T様邸。

1階のパネルと間仕切は組み上がりました。

 

 

2階の床面が見えます。

ホウ酸処理のため、薄いグリーンの構造用合板が

一面になります。

 

 

2階 外周部のパネルを起こします。

 

内部間仕切パネルが 起きていくと

間取りが分かるようになりますし、家らしくもなってきます。

 

 

快晴の中、順調に進みます。

 

 

矢切パネルが下ろされます。

この部材が 起きてくると」

三角屋根が出来て、建物全体のイメージや

総高さが確認できます。

 

2019-12-17
K様邸(岡山市北区大窪)

電気配線工事が終わったK様邸。

ウレタンが吹き付けられる

外周面や高温になりやすい配線

将来的に入れ替えが想定される配線などには

CD管を使います。

 

 

上水道、給湯、排水など

キッチン(食洗器含む)の設置場所には

様々な「管」が立ち上がってきます。

 

 

外周は 「透湿防止シート デュポン社製 タイベックシルバー」を

張っています。

 

アルミを使用した タイベックシルバーは

木材の防蟻防腐剤などに含まれる「界面活性剤」に

負けることなく 長期にわたって性能を維持できるため

長きにわたって 採用させて頂いてます。

 

2019-12-17
M様邸(岡山市北区庭瀬)

M様邸 建て方工事の続きです。

この日は2階まで立ち上げたところで

日が暮れていきました。

 

 

次の日は矢切と 屋根垂木、屋根の二重化工事を

経て 三角屋根が出来上がり

家らしくなりました。

 

 

 

 

雨仕舞が重要なので、すぐさま ゴムアス系ルーフィングで

屋根地を覆い 防水を施します。

 

 

この後、瓦桟を施工し瓦を葺きますが

その前に すべての瓦を束のまま

屋根に上げて 荷重をしっかり建物にかけておきます。

 

2019-12-16
N様邸(倉敷市玉島乙島)

N様邸の上棟祭を執り行います。

 

平日ではありますが、お日柄の善き日ですので

N様ご夫妻には お休みを取って頂き

この日を迎えて頂きました。

 

朝から、現場にて 電気配線工事の

最終確認です。

 

コンセントやスイッチ

LANやTVなどの位置や高さ

スタッド(ツーバイフォー、シックス材)の

右か左かの様な細かい

ところを確認していきます。

 

 

 

2階の構造体。

 

小屋裏から見た 2階天井の構造材。

 

 

プランナーの白石と

松本監督、西本電業さんの

アドバイスと連携プレイとなります。

 

お昼前から 建物の四方払いが始まります。

お神酒、お塩、洗い米で建物の四方を

お清めしていきます。

 

 

 

ここまでの職方たちの労をねぎらい、

これからの工事の安全と、N様家の発展を祈願します。

 

 

施主さん、弊社とごあいさつの後

ご厚意頂いた お昼をみんなで頂戴いたします。

 

 

 

かなりのボリュームある

お弁当でした。

 

美味しく頂きました。

 

さあ、ここからは今まで以上に

時間がかかる工程となりますが

寒い冬は今年で最後となる 施主さんご一家。

楽しみにしていてください。

 

本日はおめでとうございました。

2019-12-16
H様邸(岡山市南区妹尾)

基礎工事進行中の H様邸。

進入路の狭さも何とかしながら

ここまでこぎつけました。

 

立ち上がり部分の型枠組みです。

 

組み上がって、ジグで固定します。

長いドリルのような工具が

バイブレーター。

 

生コン打設後、隅々までコンクリートを行き渡らせ

「巣」と呼ばれる 空洞部が出来ないよう

振動、攪拌を促すものです。

 

 

 

一定期間を 養生として放置のあと、

型枠を外していきます。

天端のレベル調整し、バリ(餃子の羽の様なもの)を

削り、きれいにします。

 

 

姿を現した、H様邸の基礎本体。

この後 一部 基礎断熱工事と

先行配管工事に移ります。

 

2019-12-16
K様邸(岡山市東区升田)

大工工事が進んでいるK様邸。

階段回り。

既に手摺も付きました。
(クロス工事の時には、ブラケットを

残し、取り外しますが。。。)

 

 

 

各部屋の石膏ボードも張り進んでいます。

 

廻り縁を取り付けます。

目立ちにくいホワイト系が最近多いですが、

コストダウンで コーキングのみや

「ひも」と呼ばれる 樹脂テープ状のものを

回して終わり。というパターンも

世間ではあります。

 

 

一部 板張りの壁面もあります。

 

2019-12-13
H様邸(玉野市和田)

約40年以上前の、3階建てSRC工法の

店舗併用住宅の解体の下見にやってきました。

 

 

隣家との間も 接近しており

音や振動も注意が必要の上、

既存隣家住宅や塀などに被害が出ないか

事前に状況確認と 写真撮影が必要です。

 

 

屋上にはソーラーパネルや

複数台の室外機もありました。

 

 

 

既に数か所の雨漏りも現認しており

確かにこれ以上 リフォームなど手を入れるのも

耐震補強するのも 将来的に見て

コスパが悪いという判断です。

 

勿論 高気密高断熱性能を

挙げるには ベースとしては悪すぎます。

 

| 2019-12-13 - 18:11
2019-12-13
S様邸(倉敷市田ノ上)

防湿シートを張って べた基礎床板の事業の

完了です。

 

 

地鎮祭にて、神社さんからお預かりしていた

お札の鎮め物を方位を見て

シート下に埋設、防水テープで押さえました。

 

 

鉄筋をプレで作ってきており

図面に従って 組んでいきます。

 

主筋16㎜を使うため、この時点の配筋は

かなりごつく 複雑に見えます。

 

 

 

複雑に組み上げられた 鉄筋に隙間なく

コンクリートを打設するのも 手間はかかりますが

重要かつ慎重で迅速な作業が必要となります。

| 2019-12-13 - 17:58
2019-12-12
I様邸(岡山市北区花尻ききょう町)

天井は石膏ボードを張り終え

壁用のPB(石膏ボード)が出番を待ちます。

 

 

キッチン用の造作壁が立ちあがりました。

下地補強のため 合板を張っておきました。

 

 

階段も半分くらいは掛かっています。

2階から小屋裏の階段と

1階の初段と最上段が

まだですが。。

 

 

 

外壁面では、建て胴縁を打ちおわり、

サイディングを 張り始めました。

 

 

換気扇や給気口など

開口部周りにも 入念に防水テープを

回しておきます。