現場建築日誌

2021-10-26
O様邸(倉敷市神田)

リビングダイニングが 勾配天井のO様邸。

屋内用の足場を組んで クロス張りをします。

 

 

インテリア山崎チームが

パテ処理を進めます。

 

 

クロスには、コスミック・パウダーを混入した

糊を塗布して、リードタイムを持たせています。

 

 

とにかく、こまめにカッターの「刃」は

折っていきます。

 

毎回、ものすごい数の仕事を終えた「刃」が

排出されます。

 

 

「布」クロスも それなりの面積に施工されます。

施工順番待ちです。

 

| 2021-10-26 - 18:29
2021-10-25
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

朝夕は、多少涼しくなってきた この日

S様邸の地鎮祭を執り行いました。

 

 

S様ご夫妻。

ご両親様。

そして ちびっ子たちも 皆さんで力を合わせて

結界を作る 四方竹を起こします。

 

 

雲一つない 開成の朝です。

 

 

興除神社さんにお越し頂き 御祭りを執り行って頂きました。

 

 

敷地の四方に 洗い米とあらじおを撒いて

お清めしていきます。

 

 

「鍬入れの儀」でも大活躍の 息子さん。

色んな事に 好奇心旺盛で、積極的に

手伝ってくれたり、参加してくれたりで

場を盛り上げてくれました。

 

 

「鎮め物」を埋めて 工事安全祈願します。

 

 

宮司を最初に、「玉串奉奠」をしていきます。

参列者全員で、榊を御供します。

 

 

施主である S様。

 

 

奥様と、お子様たちが一緒に。

 

 

2世帯住宅で 御同居頂く ご両親様も

ご礼拝頂きました。

 

 

お清めした箇所。

お供え物の一部。

 

  

 

 

最後に 御神酒で乾杯です。

 

工事の安全と、S様家の 平和・安全・発展を祈願して。。。

 

この後、施主さんご家族と一緒に 御近所様に

着工のご挨拶に回らせて頂きました。

 

建て替え工事でもあるため、皆様顔見知りで

平穏そのものです。

 

地鎮祭も無事終了です。   おめでとうございました。

 

2021-10-25
M様邸(倉敷市川入)

レンガの外壁材もかなり 張り進んできました。

外観イメージが かなり変わります。

 

 

小屋裏の収納エリアの石膏ボード用

下地も組み上がっていきます。

 

 

点検口の枠が付きましたが

その奥は デッドスペースです。

 

配線・ダクト配管も有るため

点検口の用意は必須です。

 

 

 

2階居室にある、ロフトの形状が

分かります。

二重通気層を持った 高気密高断熱なら、ロフトが夏場「暑い」

ということもありません。

 

| 2021-10-25 - 19:27
2021-10-22
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

遂にウレタン吹き付け断熱工事が始まります。

お馴染み 福山市からやってくる

(有)マルフジフォーム工業 さんの作業車があります。

 

 

荷室には コンプレッサーやその制御装置と共に

クラボウ クララフォームのドラム缶が並びます。

 

2液を混合して、屋根勾配面と

壁面に それぞれ違う厚みで吹き付け施工します。

 

 

 

硬質発泡ウレタンは、独立気泡なので

断熱材の厚みの中で、水蒸気や空気が移動しないため

壁体内結露が非常に発生しにくいモノになります。

 

壁面も同様。

 

 

断熱工事完了後、マルフジフォームの藤井専務による

気密測定を全邸行っています。

 

プランや、延べ床面積によって数値は変わります。

「床断熱」のコスミック・ガーデンの家は、

「基礎断熱」の建物よりは気密性では

不利なのですが、測定結果はいつも 良い数値をたたき出しています。

 

実際のお宅の数値については、見学会やお問い合わせを

頂くとご回答させて頂けます。

 

 

    

 

小数点2位以下の数値を競っても

体感出来たり、冷暖房費で解り易く「差」が出るわけではありませんが、

施主さん自身が 「我が家のC値」を知っておくことは

良いことではないかと考えます。

 

2021-10-22
O様邸(真庭市久世)

 

配筋工事も順調に進みます。

 

 

地中梁になるところや、防湿シート上に

コンクリのかぶりを取っています。

 

 

玄関ポーチ柱の 鉄筋組も今のうちに

しっかりチェック。

 

 

立ち上がり部分 外周の鋼板型枠を組み立てていきます。

 

 

外周の型枠 設置完了。

この状態で、第三者機関の配筋検査を受けます。

 

| 2021-10-22 - 19:54
2021-10-21
H様邸(倉敷市石見町)

足場も落ちて 建物 全体の姿が現れたH様邸。

 

全体のトーンが濃いブラウンとブラックなので

独特の雰囲気が有ります。

 

最近人気のある カラーリングの様です。

 

 

建物北側には、中庭として使えますが

外部の視線は遮っている スペースが有ります。

 

そこから見上げた H様邸。

 

 

外部付属品のフード類、防水コンセント類、

電気メーターボックスも

全てブラック。

 

 

基礎水切りの板金(SUS304 ステンレス)も

ブラック。

 

基礎換気口もステンレス+ステンメッシュ仕様。

基礎表面も ヘアーラインクラックや

紫外線劣化から守ってくれる コートを施工済み。

 

 

エコキュート設置用の コンクリ台と

各種配管が見えます。

 

2021-10-21
K様邸(岡山市中区国府市場)

プラットホーム工事にかかる前日には

床下断熱材で使用する 「フェノール樹脂断熱材」が

現場に搬入されています。

 

 

今回の上棟チーム(フレーマー)は、

土台やプラットホームを作る前に

先行して足場を組んでしまいます。

 

足場が作業の邪魔になることもありますが

職方のパワーと駆動力で 乗り切ります。

 

足場を組みたてる 工程を 挟んで

ペースを崩さないためでもあるようです。

 

 

そしてついに クレーン車投入で

建方工事開始となります。

 

 

次々 運ばれてくる ツーバイシックスパネルを

指定の位置に 下ろして 組み立てていきます。

 

 

1階のパネルと、2階床組が終わった状態です。

 

この写真からでも 木材量が多いのが 分かって頂けるはずです。

 

 

2階床が張れてなく、屋根もまだなので

非常に明るい1階です。

 

もちろん今しか見ることの出来ない

瞬間です。

 

2021-10-21
O様邸(岡山市北区楢津)

 

ガレージ内の コンクリートも打設して

進入禁止期間を置いて、養生中。

 

敷地境界から、建物外壁ぎりぎり寸法で収まった

Ykk エフルージュツイン FIRST 。

建物の屋根の軒の出の下に

カーポートの屋根が重なるため

雨の日でも 濡れずに車の後ろを移動出来て

玄関にたどり着けます。

 

 

個の10月から 一斉値上げとなった

イナバ物置。

同業他社も 習って値上げ方向です。

値上げ前に発注出来て 良かったです。

 

 

サインポストはすっきりシンプルに。

土間打ちから 約5日間経過して

無事 駐車可能となります。

2021-10-19
A様邸(岡山市北区足守)

立ち上がりの型枠を組んで、この日

コンクリートを打設しました。

 

 

しっかり、養生期間を置きます。

 

 

天候や気温にも恵まれ、養生期間もあけたので、

型枠撤去しました。

 

 

ホールダウンアンカーはじめ、一般のアンカーボルトも

どぶ漬け溶融亜鉛メッキ仕様の特注品を

使います。

 

 

玄関土間部分や、システムバス設置エリアは

カネライトを埋め殺して 断熱した土間となります。

 

 

型枠撤去後、すぐに基礎天端のレベルを調整します。

ミリ単位の調整で、サンダーで削りますが

元々のレベル出しがきちんと出来ているため

ほんのわずかな微調整だけで済んでしまいます。

 

2021-10-18
N様邸(岡山市中区四御神)

 

もう一息で、完成のN様邸。

部分部分の、綺麗と感じた 箇所を少しだけピックアップしました。

 

ホワイトのレンガ+濃いブラウンの目地との

コントラストと複数色の組み合わせが

特徴的な玄関ポーチタイルです。

 

玄関ホールには、ウッドワンの無垢ラジアータパイン材を

使った下足入れが有ります。

 

ルーバー式で、通気性が高いのが特徴です。

 

 

メインとなる部屋の 各種スイッチパネルの

枠には、クロスを張っています。

 

 

柄もキッチリ合わせるのが 内装職人さんの

技術です。

 

 

 

各居室にも 個性的な照明器具が

取り付けられています。

 

ちょっと近未来的な感じです。

 

 

宇宙空間に漂う 惑星の様な雰囲気の照明器具です。

 

どこに どんなサイズで、どこに採用されているのかは

完成見学会が予定されているので、ご確認下さい。

 

 

こちらも、個性的なシェードと

点灯時のシルエットが 面白い製品です。