現場建築日誌

2019-08-26
K様邸(倉敷市船穂町船穂)

上棟祭も終わり、屋根瓦を分散して

屋根に荷重をかけます。

]

屋根瓦もどんどん葺いていきます。

 

荷重がかかり、土台方向に若干沈んだら

帯金物類を固定します。

 

 

屋内では電気配線や換気扇などの穴あけ&

スリーブ取付が終わっています。

 

 

無駄なく整理整頓された

電気配線です。

 

2019-08-22
I様邸 (岡山市北区撫川)

内部の石膏ボード張りもほぼ完了した

I様邸。

天井にはダウンライトの穴が空いています。

 

 

長らくかかった、外壁工事「陶性外壁

ツイーゲルⅡ いぶし」もやっと完了です。

 

 

いぶしは表面に焼成時の被膜があり

時間の経過とともに風合いが少しづつ変化します。

 

味わい深い表情になりますが

劣化や防水性能が落ちることなく

半永久的に外壁としての

役割を果たし続けてくれます。

塗替えなどのメンテナンスは不要なので

長い目で見て頂ければ

非常にお得な素材と言う事になります。

 

2019-08-22
O様邸(岡山市北区楢津)

型枠も外れて基礎が出来たら

浴室と脱室の基礎断熱部分の

断熱施工を行います。

土間天にボード状断熱材を入れ、

鉄筋を敷いたら再度コンクリートを

打ちます。

 

玄関ポーチ柱の土台を

アンカーボルト緊結します。座彫りしたところには

手作業にてホウ酸を塗布しておきます。

 

 

防蟻防虫加工したひのきの乾燥材を

土台として使用します。

 

その後、床パネルの枠を止め付け

「プラットホーム」を作ります。

 

根太間に カネライト(XPS)をはめ込み

床断熱仕様にします。

 

 

断熱材を敷きこんだら

構造用合板をウレタンボンドと

ネイルで止め付け

完成です。

 

雨養生したら 足場を組んで

建て方工事に移ります。

 

2019-08-21
K様邸(岡山市北区楢津)

足場が落ちて 全体がはっきりしたK様邸。

モノトーン系の外観デザインで

渋めに決めています。

 

 

地デジのアンテナと反対方向に向く

BS/CSアンテナ。

 

クロス工事も終わり、照明器具も設置しました。

寝室は 枕元に バー状の間接照明器具であかりを演出。

 

キッチンでは 小端デザインタイルを張り終わり

目地詰めの工程です。

 

目地の色で仕上がりの印象は

かなり変わります。

2019-08-21
N様邸(岡山市北区大供表町)

外周に透湿防水シート「タイベックシルバー」を

張った N様邸。

 

 

屋内の大工工事も ゆっくりですが確実に進んでいます。

より一層の構造強度を得るために

屋内側にも構造用合板を張って

「太鼓張り状態」にしておく外壁面です。

 

 

 

防振吊り木による 吊り天井が見えます。

2019-08-20
S様邸(玉野市田井)

配筋検査合格を受けて

次の工程として、型枠を組んでいきます。

 

このエリアは、大雨時道路が冠水することがあり

非常時でも床上浸水の確立を下げるために

地盤を上げて、盛り土をしました。

 

基礎も従来でも高いとされるコスミック・ガーデンの基礎高

から更に300mmアップ。

 

既成の鋼板製型枠では対応できないので

木製型枠を使っています。

 

 

玄関ポーチ柱の鉄筋です。

 

 

完成時の床高は

前面の市道から≒1.5mほどになります。

 

| 2019-08-20 - 18:45
2019-08-20
T様邸(総社市三輪)

8月最初の週末に 完成見学会を開催させて頂いた

T様邸。

 

盛況のうちに無時終了しました。

ご自宅を提供いただき感謝です。

 

見学会後の清掃も終わり

世間はお盆休みに突入した 猛暑の中

お引渡しをすることが出来ました。

 

 

各階に 収納が多く

高級なテクスチャーと、かわいらしいキャラクターデザインの

クロスが あまり目立たないけど気付くと

楽しい個所に使われていて 遊び心もありました。

 

 

電化住宅である T様邸。

エコキュートの取説を聞いていただきます。

 

他にも、衛生設備品、IHクッキングヒーター、

食洗器、換気設備、建具や玄関ドアのカードキーなどなど

使用方法や注意事項が山盛りです。

 

全てを一度に覚える事なんてできません。

もちろん メーカーの取説もありますし、

コスミック・ガーデンとしての住まい方マニュアル的な

冊子もお渡しします。

 

 

それでも それぞれのご家族に有った

使い方や住まい方があります。

 

高気密高断熱性能を発揮するためには

従来の戸建て住宅や アパートの時と

勝手が違う使い方になるのは当然です。

ゆっくり生活しながら慣れていく感じになるかと思います。

 

ご自身で土地を探して仮契約の状態でコスミック・ガーデンの

「家づくりなんでもゼミ」にご参加頂いたのが

今から3年近く前のこと。

 

しっかり、じっくり慎重に

物事を進められる ご夫妻です。

 

その甲斐あって、高性能、高品質な

マイホームを手に入れることが出来ました。

 

本当のお付き合いはこれから

始まったばかりです。

 

夏の真っただ中のお引越しで

大変だと思いますが、これからもよろしくお願いします。

おめでとうございました。

| 2019-08-20 - 18:10
2019-08-09
T様邸(倉敷市水江)

上棟祭です。

 

今回電気配線の打合せは別の日で予定しました。

 

始まりの挨拶に続き、

 

施主様のお子様にも手伝っていただきながら、

 

建物の四隅を外から清める四方払いをしました。

 

 

 

建物内部に移り、祭壇の前で祝詞奏上です。

 

当社の工事部長がいつも神主さんの代わりを務めています。

 

 

式の終わりに参加者みんなで乾杯して終わりました。

 

 

その後、お施主様にご用意していただきましたお弁当を

 

参加した業者さんや施主様の身内の方と一緒に

 

頂き、今日の上棟祭を無事終了しました。

 

 

| 2019-08-09 - 18:28
2019-08-09
M様邸(倉敷市連島町矢柄)

内装工事が始まっています。

 

クロスを貼り始める前、

 

下地処理として石膏ボードの間にパテを塗り、平滑にします。

 

 

 

クロスを貼る工事と並行しながらタイル工事も進みます。

 

ウインターガーデンの床材もタイル屋さんが施工していきます。

 

 

 

今回玄関の東壁にはピノアースの羽目板を使用しました。

 

この後専用金物を取り付けて自転車置き場にします。

 

2019-08-07
S様邸(玉野市田井)

基礎配筋検査です。

下の写真は、基礎外周 換気口回りの配筋が

解るものです。

補強をしっかり入れて

強固な基礎にしておけば、換気口があっても

ひび割れたりしません。

 

 

第三者機関による 配筋の検査を受けています。

検査時には監督や基礎屋さんも立ち会うことになります。

軽微な修正の指摘が有っても

すぐに対処できます。

 

 

 

ベタ基礎の床盤部分に コンクリートが

打たれる前は 鉄筋が組まれて

半分宙に浮いた状態なので

このように 歩いていると 非常に疲れます。

 

油断すると ぐきっと捻挫する場合もあるので

無意識でも 集中しながら歩くので 足腰にきます。

 

 

この日も 無事合格を頂きました。

| 2019-08-07 - 20:26