家づくりブログ

INDEX
2019-07-26

新築工事以外でも 何かとゴソゴソやっています。

 

やはり大事なのは OB施主さんからの

依頼によるアフターフォローや修繕工事です。

 

一般的な リフォームのお問合せには

なかなか すぐに対応しかねることが

多いのですが、築年数の経過した

古いOB施主宅に関しては

設備機器の更新や、リフレッシュなど

時間的に可能な限り優先しています。

 

今回も、築20年経過の 南区のお宅の

クロス張替え、換気設備更新、網戸張替え

などなどを行いました。

 

 

施主さん所有の、納屋の中で

インテリア岡さんがクロスの糊付けです。

 

屋内では、当時よく施工していた

「サメジマコーポレーション」の

「珪藻土」(ノリなどの混ぜ物がなく

珪藻土本来の性能はきっちり発揮できますが

接着力が持続しない欠点あり)を

剥がします。

 

コウモリが侵入(屋内には到達しませんが)する

旧タイプの外部フードから侵入防止ネット付きの

モデルに交換します。

 

 

換気扇にロスナイを採用したので

給気口を増設します。

 

外壁がタイル張なので メンテ不要で

良いのですが、新規に穴を開けようとすると

苦労します。

 

 

ほとんどの部屋のクロスを張り替えます。

インテリア山崎さんも、お弟子さんたちを

連れて一気に作業します。

 

 

奥様が大の「スヌーピー好き」と言う事で

各所にスヌーピー柄のクロスを採用しました。

 

もちろん 一般的な ホワイト系の大人しい

壁紙もあります。

 

長年の劣化が嘘のように

綺麗になり 新築引き渡し状態です。

 

 

床材や、窓枠、廻り縁・巾木、ドア類まで

無垢材を使っているので

20年以上経過しても しっかり高級感は

保っています。

 

生活による くたびれた感を出す

壁紙さえ張り替えれば 高級輸入クロスを

張ったとしても バランスの取れた

上質な空間が戻ってきます。

 

 

 

もう1案件。

防火仕様の認定に不備があった

サッシについて

かなり時間はかかりましたが

メーカーの「LIXIL」さんが きちんと対応してくださり

この度交換することになりました。

 

 

従来は、アルミ樹脂複合サッシ(2010年当時)採用で

サッシ枠に換気カマチが装備された仕様でした。

 

今回 準防火地域対応認定を取得した

新製品は その換気カマチがなくなるため

壁面に給気口を新設します。

 

つまり、最新の新築と同様の給気口にが

装備されることになりました。

 

 

 

 

スタッドや配線など 邪魔なものが無い位置を確認して

西本電業さんが 穴あけを行います。

 

ツイーゲルやレンガ、タイルほど四苦八苦しませんが

砂モルタルの塗り壁外壁なので

それなりに時間がかかります。

 

 

 

Panasonic製 給気口で 花粉はもちろん

pm2.5も7割程度は除去する能力を持ちます。

 

最近あった 比較的作業の大きな 案件を二つ

ご紹介しました。

 

それにしても、OB施主の皆様

大切に使ってくださっていて

想いも強いので 家が愛されているんだなと

感じます。

 

まだまだ もっともっと長く

安心して快適な暮らしができるように

これからも アフターフォローしていきますので

宜しくお願いします。

posted by 妹尾 | コメント(0) | 2019-07-26 - 13:13

コメントを残す

○ メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です
○ コメントは承認制です。管理者でコメントを承認した時点で、ブログに表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)