家づくりブログ

INDEX
2022-08-18

お盆は皆様いかがお過ごしだったでしょうか。

お休みだった方、お仕事されていた方、いらっしゃったかと思います。

 

私といえば、数日の休みの終盤に突然スイッチが入り、何年もワックスを掛けていないフローリングや、徐々に汚れていた壁紙などをひたすら拭き掃除していました。

(足触りが変わるほど汚れがとれた、というか汚れていたというか・・・)

 

その勢いで、ずっと延期していたキッチンのコーキングの打ち替えをしました。

我が家のキッチンは壁付けタイプです。壁とキッチンの間に散った水が原因で、コーキングに黒カビがついたのが気になっていました。

 

まずは、古いコーキングをカッターナイフで取り除きます。

 

10年以上経過していても、結構しっかりしていてなかなか取れません。

防水的には全く問題ないと思います。

 

30分ほど頑張って、やっと2.5mほどのコーキングを取り除きました。

といっても完全ではなく結構残っていますが・・・

 

では、新たにコーキングを打つためにマスキングテープを貼ります。

 

これが簡単に見えますが、テープが波打っていて弓なりになったりします。

何ヵ所か剥がして貼り直したりしながら、何とか貼り終わりました。

 

では、新たにコーキング材を置きます。

一番上の写真に写っていた「バスコーク」(ホームセンターで購入)を使いました。

コーキングガンなどの道具を使わずに、歯磨き粉のようなチューブから手で一気に出していきます。

なかなか均等に出すのは難しいです。

ここからが勝負です。付属のヘラで、表面を慣らして、余分なコーキングを取り除いていきます。

これが綺麗にできるかどうかが、仕上がりを左右します。

 

一人でやっていたので写真がありませんが、それなりに出来ました!!

 

出来たら固まる前にさっさとテープを外します。

固まるとテープに付いてくるので・・・

 

外したテープがあちこちに付かないように、チラシや新聞に巻き取ります。

これはネットで見つけた方法です。

 

これで数時間、乾くのを待って出来上がりです。

初めてでしたが、結構綺麗に仕上がりました!!

 

と思ったら、ちょっとヘラが浮いた場所もありますね。

 

こうしてみると、職人さんが普段普通にやっているコーキングも技術が必要なことが分かりますね。

 

綺麗にできたっぽいところも載せておきます。

 

最近はDIYの方法もネットに多く載っており、道具もホームセンターやネットショップで手に入ります。

ちょっとしたところは挑戦してみるのも面白いかも知れません。

 

P.S.

最後の拡大写真を載せていて気づきましたが、タカラのシステムキッチンのステンレス天板(エンボス)、13年経過しても結構綺麗ですよね。

posted by 岡本 | コメント(0) | 2022-08-18 - 16:26

コメントを残す

○ メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です
○ コメントは承認制です。管理者でコメントを承認した時点で、ブログに表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)