家づくりブログ

INDEX
2020-11-27

最近は新型コロナの関係で大きな展示会に行ったり県外の出張が出来ませんが、近場でショールームなどちょっと回りましたのでご報告です。

 

まずは、岡山市北区新屋敷にできたLIXILさんの新しいショールームです。

 

とは言っても、今回は中には入らず。

建物の外に見せて頂けるものがあるとお誘い頂き、伺いました。

 

大きな掃き出し窓に取り付けられていたのは、外部ブラインドです。

 

外部ブラインドといえば、当社にて導入実績があるのはオスモ&エーデル社のドイツ製「ヴァレーマ」。とてもしっかりした造りをしています。

 

LIXIL社のブラインドもなかなかの迫力です。

 

電動リモコンで降ろして、おじぎをした状態。

夏の日射熱の侵入を85%カットします。

 

羽の向きを調整すると、真横を向いて向こうが見えますね。

 

さらに、おじぎの反対に反り返ります。

実はこの逆角度の状態が他社商品にできない売りで、水平方向からの目線を遮りながら、冬の日射熱を取り込むことが出来ます、とのことです。

 

ヴァレーマもLIXIL社製もどちらも30万円前後からという費用感からドンドン導入が進むわけではありませんが、夏の暑さが年々厳しくなってきている昨今、お勧めできる武器は多い方がよいといったところでしょうか。

※ドイツ製もLIXIL製も風には強くないため、雨戸・シャッターとしては使用できません。

 

それから別の日「アンティークハウス ポートベロ」に。

コーディネーターの田淵が、お客様宅に使うステンドグラスのサイズ調整が終わっているものを取りに行くということで同行しました。

 

英国から輸入したアンティーク家具やステンドグラスを修復している工房です。

私は数回しか来たことがありませんが、お好きなお施主様は何度もご来店されています。

 

店内にはアンティークな照明や銀食器なども並び、独特の雰囲気を味わえますよ。

 

田淵が声をかけると、現在建築中の2邸のサイズ調整が終わったステンドグラスを出して来ていただきました。

 

どちらも、お施主様がお好みのものを選ばれ、建築中のお宅の取り付けに合うようにサイズ調整して頂いたものです。

一般的には、窓枠の内側や、壁の開口などに取り付けますが、今回のものはどのように使われるのでしょうか。

 

家づくりは、予算検討や土地探し、間取りから始まって、決めることが山のようにあります。途中で疲れてしまうこともあるかと思いますが、終わったころには「家づくりは大変だったけど、終わってしまうのはちょっと寂しい」と言われる方が多くいらっしゃいます。

真剣に考えるところ、冒険するところ、選択に困ってしまうところなど様々な場面があるかと思いますが、ご家族が安心して生活できる家を、たくさんの費用をかけて建てる一大プロジェクト。ぜひ前向きに、楽しんで、進めて頂ければと願います。

posted by 岡本 | コメント(0) | 2020-11-27 - 17:53

コメントを残す

○ メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です
○ コメントは承認制です。管理者でコメントを承認した時点で、ブログに表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)