家づくりブログ

INDEX
2019-09-21

ウッドワンの岡山ショールームがリニューアルオープンしたので

見学に行ってきました。

 

コスミック・ガーデンとしては、標準仕様として

採用している建具類(ドア、枠材、巾木などの装飾材)が

主目的で施主の皆さんにも現物を見て頂いています。

 

 

ウッドワンさんとしては、建具よりも

キッチン(木製キャビネット、無垢ドアの「スイージー」)に

軸足を置いた ショールームレイアウトに変更されており

建具コーナーはかなり奥まったところに

追いやられてしまいました。。。。

 

 

ウッドワンのキッチンは、「ガゲナウ」や「ミーレ」など

外国ブランドの食洗器がセットできるキャビネット開口を

用意してくれるというメリットがあります。

 

女性受けしそうな、柔らかい雰囲気のキッチンたち。

 

他社の新製品と同様に

ステンレストップや人工大理石トップの

厚みを薄くシャープに見せるデザインに変更されています。

 

他社と同じく、トップの先端に水の「返し」が

無く全くのフラットな仕上げなので

調理中や洗い物の水が木製の扉に垂れたり

知らないうちにキャビネット内に入り込んだり

床に垂れたりという 実用面、敷いては掃除や木製品の腐食に

関する不安が残りのが個人的な感想です。

 

いまは そんなことよりも かっこよくおしゃれな

デザインの方が「売れる」ので

業界的に一部そういう流れになっているんでしょうね。

 

 

ウッドワンお得意の無垢材を使った

作業台兼食器棚にアイアンを組み合わせたものや・・・

 

カウンター上に ボウルを載せた
「ベッセル型」の組み合わせサンプルです。

このようなデザインテイストも人気があります。

 

ハンガーパイプもセットした

収納棚のコンボです。

 

見た目より少々お高い価格設定が

難点ではありますが、こちらも奥様方に

人気があります。

 

ウッドワン製品は必ずと言っていいほど

何かを採用している コスミック・ガーデンの建物です。

 

今後、仕様打ち合わせをするお客様も

まだまだ ずっと先だけど

見てみたい。という方も

是非一度 現物を確認していただくことをお勧めします。

 

ショールームには必ず 予約を入れてあげてください。

 

↓ ウッドワンプラザ岡山ショールーム

www.woodone.co.jp/showroom/okayama/

 

 

posted by 妹尾 | コメント(0) | 2019-09-21 - 18:30

コメントを残す

○ メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です
○ コメントは承認制です。管理者でコメントを承認した時点で、ブログに表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)