家づくりブログ

INDEX
2020-03-29

プロパンガスをご利用いただいている

OB施主さんから、最近人気の

リンナイガス乾燥機 乾太くん」の取り付け依頼を

頂きました。

 

既存の高気密高断熱住宅に、排気用の穴を開けるという

工程が絡む関係上、事前に気密の確保の仕方や

外気からの寒気による乾燥機本体、もしくは

配管内での結露が発生しないかなどの検討期間を頂きました。

 

そして、ついに着工です。

大工、タイル、電気、ガスの4業種が入ります。

 

 

 

洗濯機上の、ウッドワンの収納ボックスや

隣接する可動棚の移動から。

 

 

ボックスが無くなったところで

西本電業さんが 穴あけ。

 

脱衣室はこんな感じになりました。

 

専用架台を組んで、奥行き、高さを微調整します。

 

 

 

外部では レンガを一部外す作業をします。

穴あけ、スリーブ入れが有るので

防水も注意が必要です。

 

スリーブと配管の隙間を埋める

テープ(熱を受けると膨張して隙間を埋める効果あり)を

巻いた管を突っ込みます。

 

 

元々、ガスの浴室暖房乾燥機を設置済みだったので

分電盤の横から 専用のガス取り出し口を

出して接続できたので すっきり納まりました。

 

 

屋外の排気のダクトカバーの取り付けや

レンガの復旧を行い 2日間の工事は無事に

完了しました。

 

ウィンターガーデンや、洗濯機の乾燥機能とは

比較にならないくらいのカラッと感、ふんわり感を

実現しました。

(コインランドリー並みです。)

 

ガスを利用される方で、

家事の時短や、家族の大量の洗濯物で

お悩みの皆さんには 検討する価値は

有ると思います。

 

 

posted by 妹尾 | コメント(0) | 2020-03-29 - 13:15

コメントを残す

○ メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です
○ コメントは承認制です。管理者でコメントを承認した時点で、ブログに表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)