家づくりブログ

INDEX
2020-12-05

コスミック・ガーデンの住宅は、構造はツーバイシックスですが、内部のデザインは洋風に限るわけではありません。

構造とデザインは分けて考え、和室なども作っています。

 

何年か前から、内装デザインに使用する良い木(銘木)が必要な時にお世話になっている「中塚銘木店(岡山市北区石関町)」さんに行くというので、くっついて行ってきました。

 

立派な看板がかかっていますが、実はこちらは倉庫。

 

事務所は反対側。築100年以上?の建物ということです。

 

さて、目的は、現在建築中のお客様のカウンター材を探すこと。

監督の内藤とコーディネーターの田淵がメインです。

 

カウンターと言っても幅は80cm程、長さも180cmくらいがご要望とのことです。ダイニングテーブル並のサイズが必要ですね。

 

ご案内して下さっているのは、中塚社長さん。

何と11代目の社長さんだそうです。

何種類か見せて頂きましたが、色や木目の表情も様々。好みが分かれるところでもあります。候補になる物を見繕って頂いて検討することになりました。

 

カウンターの候補の木を見せて頂いた後は、初めてお伺いした我々のために倉庫内をぐるっとご案内いただきました。

 

何十年も倉庫で出番を待っている、様々な銘木達です。

 

とても分厚く、大きな板もたくさんあります。

今では採れないばかりか、このサイズの木材を切断する機械ももう岡山に無いというお話も。

お値段もものすごいことになりそうですね・・・

 

さらに2階まで拝見しました。

 

2階にも珍しい木が沢山あります。

 

このコブコブは、赤みのある高級フローリングで有名な花梨(カリン)です。

とても味があります。

ムリに家に組み合わせなくても、置いて鑑賞するだけでよいのではと思ってしまいます。

・・・と言っていたら、中塚社長から「実は、先日3mの大きな花梨の板が売れましたよ。置いて眺めるそうです。そんな大きくて重いものを家の中に運びこむ方法が分からないので、ピアノ屋さんに相談しています。」と。

とても大きなお宅なんでしょうね。

 

2階の奥で、ヌシのように立ち上がっているのは、大きなスギの輪切りです。

直径150㎝、厚さ10㎝くらいありました。

やはり観賞用で衝立(ついたて)にしてはどうか、という提案でこのように展示されていました。

和風のお屋敷の広い玄関などにおいてあるイメージですね。

 

こちらは黒柿。このコントラストが独特です。

 

コスミックの家は洋風なものが多いとは思いますが、これらの個性的な木を使うデザインも楽しめると思います。

ご興味のある方は、見学も可能ですのでお問合せ下さいませ。

posted by 岡本 | コメント(0) | 2020-12-05 - 18:54

コメントを残す

○ メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です
○ コメントは承認制です。管理者でコメントを承認した時点で、ブログに表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)