家づくりブログ

INDEX

岡本の記事

2019-10-15

少し時間を頂いて、茨城県つくば市の筑波研究学園都市の中にある「国立研究開発法人建築研究所」というところまで行ってまいりました。

この施設は、住宅によらず建築に関わるあらゆる研究が行われている、国土交通省の機関です。

東京駅からさらに50分ほどかかるつくば駅は遠かったです。

駅のお蕎麦屋さんで昼食をとっていたら、隣の席のお子様連れのご夫婦が、日本語と英語で交互に会話していました。お子様の耳を慣らすためかも・・・さすが学園都市です。

 

駅からのロケットのようなものも見えます。

 

この駅からさらにタクシーで15分ほど行くと、岡山大学のような広~~~い敷地の建築研究所があります。

 

ここまで来た目的は、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅の見学会への参加です。

LCCMとは、材料の製造過程から、住宅の寿命が終わってからの廃棄まででCO2排出量の総計がマイナスになる住宅、ということです。詳しくはこちら。

 

もう建築して10年ほど経過しています。

木が生い茂っていますね・・・

 

温熱環境・CO2削減に振り切った建物なので、この際、防水や構造強度等の野暮なツッコミは無しにします。

 

冬の日射取得と蓄熱を考えて、南面はほとんど全面が窓。でもガラスはCO2排出量が結構多いとのことで、高性能ながらガラスが薄い、真空ペアガラス(スペーシア)が使われています。

日射が入るベランダ的空間の床は蓄熱のため磁器タイル。内側もサッシがありウィンターガーデンに似ていますが、内側は断熱ではなく室内用の引き戸です。理由は後程。

 

1階、2階とも東西の天井付近に光を取り込む窓があります。冬の日射取得を考えてと思いますが、夏も朝・夕方は真横から日射が入るのでは・・・

2階の南面も全面ベランダ的空間が広がり、日射を最大限に活用したい気持ちが伝わってきます。夏の日射はブラインドに見える部材で室内に入れないようになっています。

こちらの写真が分かりやすいです⇒フォトギャラリー

 

熱がこもった際に逃がす換気塔も2か所ついていました。

窓どうやって開けるの?と思ったら、壁にハンドルがありました。

 

実は1階から2階へ上がる階段は、南側のウィンターガーデン的な空間についています。

冬の夜にはこのベランダの内側の戸も閉めるのですが、それでこの空間が寒くなりすぎると1階から2階へ上がる際にヒートショック発生の可能性があるので、内側は断熱しなかった、とのことでした。

Q値が1.98, C値が1.2で、部分間欠空調を想定している建物ということなので、現在C値0.5以下で実践している各地の工務店の高気密高断熱住宅の方が温度分布や実際の生活感は上だと思います。

CO2排出量を収支ゼロにするという点でも、マイナス要素は太陽光発電のみとなっており、この建物は太陽光パネルが7.98kW搭載されているので、太陽光パネルが大きければ収支ゼロにできるという側面もありなかなか評価の難しい建物でした。

posted by 岡本 | コメントする | 2019-10-15 - 18:49
2019-10-02

2週間ほど前ですが、少し涼しくなった休日に、勝田郡勝央町にあるおかやまファーマーズマーケット「ノースビレッジ」に遊びに行きました。

 

何年も前にOB施主の方に教えて頂いていたのですが、なかなか行けず。
やっと訪れる機会ができました。

入場料は・・・なんと無料(中の色々は有料です)。

 

中では動物と触れあえたり、

 

こんなアトラクションや

 

食事をもらえていないのかと思うほどの勢いの池の鯉に餌をあげたり

 

アスレチックがあったり、

 

近所のおじさんが趣味で30年製作し続けたという「からくり人形」がたくさん入った不思議な館があったり。

レストランもあり、小さい子供を連れて行くと1日遊べる施設でした。

宿泊できる山小屋もあるので、近所に遊びに来て1泊というのもアリかも。

 

何といっても最高だったのは、この山の中の自然です。

芝生を見て走り出す子供達。やはり自然の心地よさにはかないませんね。

posted by 岡本 | コメントする | 2019-10-02 - 20:35
2019-09-26

本日は3回目のFM出演でした。
テーマは「入門編 車選びと家創りは違う」です。

 

今回もたくさん喋りたくてネタを詰め込もうとしていたのですが、あまりにたくさん準備しすぎて、始まったら頭が真っ白になってしまいました。

自分でも聴くのがイヤでしょうがなかったのですが、我慢して聞いたところ、何とか半分くらいはお伝えできていました。

それにしても今回はパーソナリティ森田恵子さんのリードが凄かったです。
話している最中は分かりませんでしたが、自分で聞いたらいかに頭が止まっていて、森田さんがリードしてくれていたかよーくわかりました。

次回お礼言おうっと・・・

 

この場を借りて、本日の放送の内容をおさらいさせて頂きます。

・車はどれを買っても安全性、機能性で想定外ということは無いので、好きな色や形で選ぶことが出来ますよね。

・家をそんなイメージで選ぶと、あとで全然違った、ということが起こり得るほど、品質のばらつきが(車と比較して)あります。

・自分なりにその理由を考えたところでは、車は不具合があると即、ドライバーや周りの人に被害が及ぶなど、人の命の安全と直結しているため品質の要求レベルが非常に高く(ホントは家もそうなのですが)、また、起こったことと原因との因果関係もはっきりしやすいので、品質の改善が進みやすいからではと思いました。だからリコールもありますよね。

・家は、何十年も住んできた家が寒くて体調を崩したりヒートショックが起こっても、家やその製造者まで責任が戻ることはまずありません。因果関係も証明するのは難しいです。構造や耐久性に関しても、問題の原因が「劣化」か「不具合」かも年々分かりにくくなります。だから改善のフィードバックやリコールが少なく、品質のボーダーが上がりにくい。

・構造や断熱などの法的基準も高くないため、性能がばらつく。

・車やスマホであれば、「徹底比較雑誌」などの比較メディアがあるが、住宅はほとんどが広告媒体のため、様々な情報を得にくい。

(以下、ラジオでは言えませんでしたが)

・車は完成品まで工場で作れるし様々なテストができ、同じものが大量生産されますが、家は途中まで工場で作っても、最終的には一つ一つ違う土地に基礎を作り、構造を建て、断熱や気密施工をし、内装や外装工事を行います。完成品の品質には、現場の施工が関わるウェイトがとても高いです。

・車は日本で言うとメーカーは十数社しかありませんが、家を作る会社は数万社あるそうです。それだけ色々な人が家を建てているということです。性能や品質がばらつくのも無理は無いと思います。

 

で、最終的には、法律にもメディアにも頼らず、ご自身で確認して、分かってから選んでください、といういつもの話になりました。

少しでも皆様のご検討の参考になれば幸いです。

 

いつも放送時にFMおかやまさんのツイッターに載りますが、今回は頭が真っ白になった後の撮影で無理やり笑おうとしていますが、眉間にシワが寄ってかなり引きつった顔になってますね。口しか笑っていません。

もう3回目ですが、まだ「初登場」が付いてる・・・
(納得のいく喋りになったら、外してもらいます)

posted by 岡本 | コメントする | 2019-09-26 - 19:50
2019-09-19

先日、お引渡しからまだ日の浅いお宅にお邪魔しました。

 

当社で不備のあった件での対応だったにも関わらず、夏涼しく過ごせた、日々快適、という嬉しいご感想なども頂いたりと終始恐縮でした。

 

帰り際にふと視界に入ったのは、行儀よく並んでいる2台のお掃除ロボット。

新築にあわせて導入される方がとても多くなりました。

 

□が拭き掃除、△が掃き(吸い込み)掃除ですよね。

 

どちらもパナソニック製ですが、こちらのお施主様曰く△は他のメーカーのものより賢いと実感されているそうです。あとはダイソンの掃除機をお持ちとのこと。

 

ダイソンの掃除機は我が家も10年前に導入しました。
途中であちこち劣化したり部品が割れたりしましたが、オーナー向けの交換部品のサイトで細かく購入出来たりするので、部品交換しながらいまだに使っています。

2階に持って上がるのが重いので、ダイソンのハンディタイプも欲しいのですが・・・最近会社で使っているマキタの掃除機も魅力で、いつまでも迷っています。

 

事務所のマキタの掃除機はオプションのサイクロンパーツを付けています。
会社で使っている状況では細かいホコリは本体まで上がって来ます。

 

家の性能、デザインも大切ですが、毎日の生活や家事に関わる動線や設備も大切ですよね…。

posted by 岡本 | コメントする | 2019-09-19 - 18:01
2019-09-14

数年前からコスミックパウダーの実証実験などで公衆衛生に詳しい先生方とご縁を頂いておりますが、今回、電磁波に関する環境の測定や対策の実践をされている方のお話を聞きに、広島に行ってきました。

 

この手の分野は、事象が目に見えないこと、因果関係を証明しにくいこと、被害を自覚できる方が少数派であること、原因が産業側にある場合に認められにくいこと、商売先行で対策品などを販売されるケースがあるなどの背景から、なかなか慎重にならざるを得ないのですが、今回は信頼できる関係の方からのご紹介で、実践者にお伺いすることができました。

 

広島にある、住環境測定協会本部にてセミナーを受講しました。

 

WHOでは電磁波過敏症という症状があることは認められており、対策品はドイツのものが多いとのこと。

化学物質過敏症もそうでしたが、我が国は「怪しい」レベルのものはなかなか認められません。ドイツはこういったものは「怪しい」という時点で認められたり対策が進められたりといった対応が早く、住環境関連では温熱環境をはじめとしてよく見本にされています。

 

会長の原田さんは昔、単身(通訳さんを連れて)ドイツに渡り、電磁波対策関連のメーカー等で1ヶ月勉強して回ってきた方です。

「真面目にやってきたけど、なかなか商売にはなってないよね」と言いながら、若いころからの不動産業の利益をつぎ込んで、ドイツの様々な測定器を買って試したりしながら、独自にノウハウを貯めてきたそうです。

 

ネットで探すと、「電磁波測定器」一つとっても何千円から何十万、何百万というものもあります。どの国のどのメーカーのものが良いか、色々な機材を使用してみないと分かりません。

 

 

実際にいくつか使わせてもらいました。

 

人体の電圧を測定する機械を持ってアースを取ったシートの上に乗ったり、どこが電圧が強くなるかウロウロ。

 

結局、下のフロアーの天井に大きな照明器具がついているところが一番値が大きかったようです。

これは電気配線から来る電界(中学校で習った右ネジの法則)を測定していますが、他にも携帯やWIFIの電波を高周波の測定器で測ったり。測定器を見ながら電源を入れたり切ったりすると目に見えないものがたくさん飛んでいることが良く分かります。

 

で、これが身体に悪いのかどうかという議論になったとたん、利害関係者が色々おられたりして難しい状況になってくるのですが、とにかく電気的に数値の低い環境の方が快適、高い環境で調子が悪い、という方がおられる以上は、そういった環境を作る手段を知ることは有用と思います。

 

具体的な対策はざっくりとしか聞けませんでしたが、炭素を含んだペンキや電導性のあるシートで住空間を囲んでアースを取る手段が一般的のようです。

が、屋外からの電波を防ぐ以外に屋内の配線や電気器具自体が発生源になるため、配線・設備の種類や配置、間取り、住まい方までも影響しそうで、1軒の住宅にきちんと対策を施すのは設計・作業も含めて簡単ではなさそうです。

 

家の中は、極論、冷蔵庫を残してブレーカーを落とせば電磁波的には安眠できそうな気もしますが、空調、換気、照明、AV機器、電話機、スマホの充電、などなど、夜でも電源が落ちると都合が悪いものっていっぱいありますよね。いかに電気に頼っているものが多いのかと思ってしまいます。

 

自覚がある電磁波過敏症の方だけでなく、疑わしきは排除しておきたいという方にも、寝室だけは電磁波を少なく、などの方策もあり得ると思いますので、この分野はもう少し実践的に取り組んでいきたいと思います。

 

posted by 岡本 | コメントする | 2019-09-14 - 15:44
2019-09-07

皆様、今月のごじまるはいかがだったでしょうか。

↓RSKのツイッターより

 

 

二重屋根ポーズ(笑)

一応二重になってますね。住宅業界で流行れば家の中での熱中症も減るかも。

 

ところで10月からは、どうも放送時間が変わるようです。

またお知らせにて告知させて頂きますね。

posted by 岡本 | コメントする | 2019-09-07 - 17:48
2019-09-05

毎年何名かでお伺いしている株式会社ナイスさんのフェアにお邪魔してきました。

9月に入りましたが、まだ日差しはとても暑いです。

 

こんな大きな銘木や、フローリング材、壁などに貼る羽目板など様々な木材が展示されています。

フローリングなどの掘り出し物があったらまとめて仕入れることがありますが、今回はめぼしいものはありませんでした。

銘木にも興味津々の藤井です。

 

高級な家具や床材で有名なカリンもありました。

赤みを帯びた美しい色です。

 

銘木類は純和風建築のような建物を依頼されることが少ないのであまり使う場面はありませんが、様々な木目や色味の表情を持つ木を沢山見ることのできた展示会でした。

posted by 岡本 | コメントする | 2019-09-05 - 18:17
2019-08-26

たまにサーモカメラでの建物の撮影に岡山に来られる東京大学の前准教授(著書:エコハウスのウソ等)ですが、今年は冬、夏とも来岡されました。

 

倉敷市加須山の完成見学会とバッティングしたので、私は8/24,25とも見学会を抜けて前先生と9軒の建物の撮影ツアーでした。

 

麦わら帽子にジーパンという待ち合わせで見逃してしまう姿で登場。

 

色々な方にご協力いただき、東向きの窓とエアコンとの関係を可視化したり、

 

コスミックの見学会現場にも少し立ち寄ったり、

 

世にも珍しい「床冷房」のお宅を体感したり、

 

岡山名物のマスカットなのにサーモカメラで撮影するとピオーネに見えたりと、なかなか楽しい移動距離4百キロ弱、1日半の撮影ツアーになりました。

 

正直、猛暑の中を撮影したかったのですがギリギリ30℃という気温だったのが少し物足りませんでしたが、それでも雨や曇りの予報だったにも関わらず何とか撮影できる程度の晴れ~薄曇りでした。

「やっぱり神様はいますね!!」などと言いながら丸二日間の調査でした。

撮影することによる発見だけでなく、前先生から色々な話を聞けるのでいつも勉強になります。その内容は、またセミナーなどで共有させて頂きます・・・

posted by 岡本 | コメントする | 2019-08-26 - 18:40
2019-08-22

本日8/22のFM岡山の「命を守る家の性能」は、僭越ながら岡本の2回目の登場でした。

収録ではスタジオに社長と他スタッフ2名が一緒に入ってガラスの向こうで皆が見ていたため、とーっても緊張しました。

 

今回のテーマは「【入門編】たくさんの家を見てください」ということで、平均3社、検討期間半年で住宅会社を決める方が多いというアンケートデータに対し、10社、2年は見て頂きたいという内容でした。

 

また東京大学建築学科の前准教授のアンケートデータから「重要であると分かっていて、建築時に要望していたけど結局満足できなかった2大ガッカリ」として「温熱環境」「省エネ」がありますという内容をお伝えしました。

 

たくさん見て、ご自身の中に「ものさし」ができて、違いが分かってから決めていただきたい、ということを伝えたいと思い話しましたが、ちょっと熱が入ってしまい8分程度の枠のところ11分ほど話してしまいました。

本日の放送を聴いているとディレクターさんが上手に短縮して頂いたようで、お伝えしたかったことは全て含まれていました。

まだ早口で詰め込み気味ですが、少しずつ慣れていきたいと思います。

 

収録語の笑顔もまだ固いですが、前回より少しマシかと・・・

 

ちなみに「初登場」と書かれていますが2回目です。

来月も頑張ります!!

posted by 岡本 | コメント(2) | 2019-08-22 - 11:52
2019-08-21

当社も会員になっている「ホームビルダーズ研究会」という工務店の集まりがあります。

全国の工務店が定期的に集まり、勉強会や物件の視察を行って研鑽を深めています。

今月はその集会が岡山で開催されました。

当社の藤井は研究会の中で技術向上委員長という役割を担っているため、今回は技術色の強い勉強会となりました。

藤井から開催にあたってのご挨拶をさせて頂きます。

 

セミナー第1部では、屋根やバルコニーの換気部材などを製造している(株)ハウゼコの神戸社長様から、構造の腐食や金属部品の電蝕被害などの事例が発表されました。

世界中の建築基準や事故事例を調べ歩いている神戸社長の具体的なレポートは生々しく、目を見張るものがありました。

 

第2部では、十勝2×4協会の山口様に北海道は帯広からお越し頂き、講演をして頂きました。
(ちなみに沖縄からも2名の方がご参加いただきました)

冬はマイナス20℃を超え、地震も多い十勝地方で1974年から枠組壁工法(2×4)を取り入れてきた生き字引のような方でした。高気密高断熱性能と構造強度、高耐久性から徐々に2×4がシェア65%と軸組工法から取って代わりスタンダードになっていった経緯のご紹介は「要求の高い環境で、当然に良いものが選ばれていった」という正味の話と感じることが出来ました。

「自分の建てた家が地震で倒れて人が亡くなるなど考えられない。だから枠組壁工法にすべき」

「真冬は室内と外の気温差が50℃あり、2cmの隙間があるとすぐ結露する。施工する大工の覚悟が違う」

「2×4の地元の物件で実際に火事が起こった場合の被害の紹介」

など40名からの工務店の参加者を相手に、心に刺さる話が続きました。

私はこの方の話は昨年の2月に十勝2×4協会視察ツアーで聞いていますが、この話は本当に自分たちの選択が間違っていないと再確認できます。

 

1日目は座学で、2日目は現場視察です。

今回はコスミック・ガーデンの2物件を皆様に見て頂きました。

1棟目は当社事務所の隣のS様邸です。

 

住宅のプロでも、性能の高い住宅を本当に体感で知っているかどうかには差があります。参加工務店の中には高気密高断熱の住宅を建てられていない方もおられるので、10畳用エアコン2台で全館冷房している状況には驚かれていました。

またS様邸はドアや床材はホームビルダーズ研究会の事務局が製造・販売しているものでもあるので、実例としても参考にして頂けたと思います。

 

2棟目は今週末見学会を予定している倉敷市のH様邸です。

 

こちらは陶性外壁を施工しており、他では見られない質感なので、皆様興味津々のようでした。

 

また内部の壁紙やタイル、建具、設備関係も高級な素材が多く、非常に興味深く見学して頂けました。

「高性能だからといってデザインがおざなりになってはいけない。むしろデザインもレベルを上げていくべき」と藤井の説明。

「こんな壁紙を選んだら職人に怒られる」など、難しい素材を使い慣れていない工務店さんにとっていかに難しいかという声も聞こえてきました。

 

1日目は、耐久性・構造強度・気密断熱・換気などの基本性能を高く保つこと、
2日目にはその実例の体感と、そしてデザインも含めた空間の質の向上という、盛り沢山の充実した内容で2日間を終えることが出来ました。

 

志の高い工務店同士の良い家を作るための流れが今後も続けば嬉しく思います。
ご参加の皆様、お疲れさまでした!! ありがとうございました!!!

 

posted by 岡本 | コメントする | 2019-08-21 - 17:31