家づくりブログ

INDEX

妹尾の記事

2019-10-17

先週土曜日、中部地方から 関東地方にかけて

台風19号の上陸ということで

日本中が警戒する中、

私はひとり マークXで 山陽道から中国道・名神をひた走り

長女の結婚式に参列するために滋賀県に向かっていました。

 

感じたのは、中国道も名神高速も

私が免許取得した34年前の 明け方を走っているかのような

車の少なさ。

 

皆さん 不要不急な外出はせず、自宅で

警戒されていたんだと思います。

 

前後に車の姿はめったに見ることができません。

 

仕事終わりに出発したので

結構頻繁に休憩を取ったつもりでしたが

渋滞など全くな無く 予想時刻よりも早く

目的地 大津駅前に到着できました。

 

 

翌朝、式場のある 琵琶湖南端に到着です。

台風通過直後ということもあり

天候はこんな感じでした。

 

着替えやリハーサルを終え

旦那さんの地元の 関係者や

岡山から足を運んでくださった

娘の友人や職場の方々も揃って

「人前式」という形で 式を開催しました。

 

 

天候も時間とともに 晴れていき

秋らしい気持ちの良い気候になってくれます。

 

琵琶湖上をクルーズしながらの披露宴です。

 

参列者の前で 出航のドラを鳴らします。

 

環境に影響を与えないという 今時な風船を

みんなで飛ばして盛り上げてくれます。

 

 

約3時間程度の披露宴でした。

娘が友人や職場の皆様とどういった関係で

どれほど支えられているかや、

旦那さんの友人の多さや仕事に対する

取り組み方の厳しさや 重要さを

知ることができた披露宴でもありました。

 

 

「両親への手紙」 ってやつに

少々やられてしまいましたが

娘夫婦にも、参列頂いた皆様方にも

感謝しかない一日でした。

 

 

最後は こんな 気持ちのいい夕暮れを見ることができました。

 

関東以北では 甚大な被害が出た

今回の台風災害の中、被災者の皆さんに申し訳ない気持ちもありながら

長女の幸せを祈るだけの 一人の父親として

幸福な時間を過ごさせて頂きました。

 

 

さて、滋賀で有名な バウムクーヘン
大津サービスエリアの 551蓬莱 で買い物して

次女から貰った 「平成仮面ライダー20周年アルバム」を

聴きながら 帰路につきます。

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-10-17 - 15:09
2019-09-21

ウッドワンの岡山ショールームがリニューアルオープンしたので

見学に行ってきました。

 

コスミック・ガーデンとしては、標準仕様として

採用している建具類(ドア、枠材、巾木などの装飾材)が

主目的で施主の皆さんにも現物を見て頂いています。

 

 

ウッドワンさんとしては、建具よりも

キッチン(木製キャビネット、無垢ドアの「スイージー」)に

軸足を置いた ショールームレイアウトに変更されており

建具コーナーはかなり奥まったところに

追いやられてしまいました。。。。

 

 

ウッドワンのキッチンは、「ガゲナウ」や「ミーレ」など

外国ブランドの食洗器がセットできるキャビネット開口を

用意してくれるというメリットがあります。

 

女性受けしそうな、柔らかい雰囲気のキッチンたち。

 

他社の新製品と同様に

ステンレストップや人工大理石トップの

厚みを薄くシャープに見せるデザインに変更されています。

 

他社と同じく、トップの先端に水の「返し」が

無く全くのフラットな仕上げなので

調理中や洗い物の水が木製の扉に垂れたり

知らないうちにキャビネット内に入り込んだり

床に垂れたりという 実用面、敷いては掃除や木製品の腐食に

関する不安が残りのが個人的な感想です。

 

いまは そんなことよりも かっこよくおしゃれな

デザインの方が「売れる」ので

業界的に一部そういう流れになっているんでしょうね。

 

 

ウッドワンお得意の無垢材を使った

作業台兼食器棚にアイアンを組み合わせたものや・・・

 

カウンター上に ボウルを載せた
「ベッセル型」の組み合わせサンプルです。

このようなデザインテイストも人気があります。

 

ハンガーパイプもセットした

収納棚のコンボです。

 

見た目より少々お高い価格設定が

難点ではありますが、こちらも奥様方に

人気があります。

 

ウッドワン製品は必ずと言っていいほど

何かを採用している コスミック・ガーデンの建物です。

 

今後、仕様打ち合わせをするお客様も

まだまだ ずっと先だけど

見てみたい。という方も

是非一度 現物を確認していただくことをお勧めします。

 

ショールームには必ず 予約を入れてあげてください。

 

↓ ウッドワンプラザ岡山ショールーム

www.woodone.co.jp/showroom/okayama/

 

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-09-21 - 18:30
2019-08-06

じっと立ってるだけで

倒れそうになるくらいの

猛暑続きです。

 

そんな中、見学会が終わった総社の現場で

スタッフ数名で草刈りです。

 

新調した 草刈り機も出動です。

 

工事期間中だけでなく、

完成見学会にも 快く土地をお貸しいただいた

地主の方へのせめてもの お礼のつもりで

草刈り&土入れ&整地を行います。

 

午前中に終わらせて 全身シャワーを浴びたかのような

汗ですが、お昼をかきこんだら すぐに高速で

赤磐市に移動です。

 

 

こちらは 地鎮祭前に草刈りと

建物位置だしの「地縄張」で、平尾監督とも合流。

 

とにかく無理をしないように

こまめな休憩と 水分補給です。

 

 

 

 

90Lのごみ袋 が刈り取った草で何袋も

満杯です。

 

途中、施主さんからも 凍ったスポーツドリンクなどを

たくさん差し入れいただき ありがたいことです。

本当に生き返った感じです。

 

 

 

 

基準点から 採寸し 建物の位置と

形状をロープで表示します。

 

写真のような 日陰と日向では

かなりの差が生まれます。

 

かるーい熱中症的な症状が

出始めたこともあり、この日は撤収です。

 

 

 

20代の若手スタッフも

麦わら帽子をかぶって頑張りますが

息が切れています。

それでも若いってのは大したもんです。

 

 

炎天下でハードな作業を毎日こなす

職人さんたちに 改めて敬意を表します。

 

 

水とスポーツドリンクと

塩飴を大量消費しながらの一日でした。

 

皆さんも熱中症にはくれぐれも

気を付けて この夏を乗り切ってください。

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-08-06 - 20:34
2019-08-01

当社の前に駐車される来客車としては非常に

珍しい部類の車がやって来てくれました。

日産 ℤ34 フェアレディℤ 370ℤです。

ホイールも20インチ。

マフラーも交換済。

マニュアルです。

 

良い感じに車高もダウンです。

コスミック・ガーデンの駐車場前の

歩道と市道には結構な傾斜があり

油断すると擦ってしまいます。

 

 

それにしても 好みのスタイルです。

ほれぼれ。。。。

 

 

さて、本題です。

 

ついに相棒のマークX君が

「ゾロ目」を迎えました。

ついでに外気温も 2桁のゾロ目です。

 

 

 

 

前車のゼロクラウンは23万キロ越で

さよならしました。

 

この春 車検を通したばかりのマークXなので

もうしばらく乗り続けることになりますが

果たして 何キロ走るのでしょうか。

 

 

それにしても 車って

お金かかりますね。

 

解り切ったことですが。。。

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-08-01 - 20:01
2019-07-26

新築工事以外でも 何かとゴソゴソやっています。

 

やはり大事なのは OB施主さんからの

依頼によるアフターフォローや修繕工事です。

 

一般的な リフォームのお問合せには

なかなか すぐに対応しかねることが

多いのですが、築年数の経過した

古いOB施主宅に関しては

設備機器の更新や、リフレッシュなど

時間的に可能な限り優先しています。

 

今回も、築20年経過の 南区のお宅の

クロス張替え、換気設備更新、網戸張替え

などなどを行いました。

 

 

施主さん所有の、納屋の中で

インテリア岡さんがクロスの糊付けです。

 

屋内では、当時よく施工していた

「サメジマコーポレーション」の

「珪藻土」(ノリなどの混ぜ物がなく

珪藻土本来の性能はきっちり発揮できますが

接着力が持続しない欠点あり)を

剥がします。

 

コウモリが侵入(屋内には到達しませんが)する

旧タイプの外部フードから侵入防止ネット付きの

モデルに交換します。

 

 

換気扇にロスナイを採用したので

給気口を増設します。

 

外壁がタイル張なので メンテ不要で

良いのですが、新規に穴を開けようとすると

苦労します。

 

 

ほとんどの部屋のクロスを張り替えます。

インテリア山崎さんも、お弟子さんたちを

連れて一気に作業します。

 

 

奥様が大の「スヌーピー好き」と言う事で

各所にスヌーピー柄のクロスを採用しました。

 

もちろん 一般的な ホワイト系の大人しい

壁紙もあります。

 

長年の劣化が嘘のように

綺麗になり 新築引き渡し状態です。

 

 

床材や、窓枠、廻り縁・巾木、ドア類まで

無垢材を使っているので

20年以上経過しても しっかり高級感は

保っています。

 

生活による くたびれた感を出す

壁紙さえ張り替えれば 高級輸入クロスを

張ったとしても バランスの取れた

上質な空間が戻ってきます。

 

 

 

もう1案件。

防火仕様の認定に不備があった

サッシについて

かなり時間はかかりましたが

メーカーの「LIXIL」さんが きちんと対応してくださり

この度交換することになりました。

 

 

従来は、アルミ樹脂複合サッシ(2010年当時)採用で

サッシ枠に換気カマチが装備された仕様でした。

 

今回 準防火地域対応認定を取得した

新製品は その換気カマチがなくなるため

壁面に給気口を新設します。

 

つまり、最新の新築と同様の給気口にが

装備されることになりました。

 

 

 

 

スタッドや配線など 邪魔なものが無い位置を確認して

西本電業さんが 穴あけを行います。

 

ツイーゲルやレンガ、タイルほど四苦八苦しませんが

砂モルタルの塗り壁外壁なので

それなりに時間がかかります。

 

 

 

Panasonic製 給気口で 花粉はもちろん

pm2.5も7割程度は除去する能力を持ちます。

 

最近あった 比較的作業の大きな 案件を二つ

ご紹介しました。

 

それにしても、OB施主の皆様

大切に使ってくださっていて

想いも強いので 家が愛されているんだなと

感じます。

 

まだまだ もっともっと長く

安心して快適な暮らしができるように

これからも アフターフォローしていきますので

宜しくお願いします。

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-07-26 - 13:13
2019-06-04

先日、鳥取県八頭郡八東町という山間部にある

「大江ノ郷 自然牧場」というところに行ってきました。

 

 

中国山地の山間で、よく言うと

自然に囲まれた緑の中に。

 

悪く言うと 山に囲まれた何もない田舎。

に 突如現れる オッサレーなモダン建築物。

 

 

レストランや パンやスィーツ、卵などを販売しています。

 

うどんの麺打ち教室もありました。

 

平日なのに たくさんの人。

さぞかしゴールデンウイークは凄かったんだと

想像できます。

 

 

駐車場も広く、収容台数も多いと思いますが

お昼時などはレストランは40分待ち位でした。

 

予約していても 結構なウェイティングリストがあり

いきなりだと いつ食べられるか・・・・。

といった感じでした。

 

 

ここで、ちょっとだけ高級なパン(食パン)を買い求めましたが

本当に美味しい。

 

メジャーどころの「乃髪」さんのパンと

十分戦えるおいしさでした。(あくまで個人的な感想です。)

 

種類も豊富でした。

 

 

 

初めて お金を出して「T・K・G(卵かけご飯)」を

頂きました。

 

地元で採れた 卵が自慢で

もちろん販売しています。

写真のような状態で提供されます。

 

 

卵かけご飯って こんなに美味しかったんだ。

と感激です。

 

 

 

建物が複数棟あるのですが、こちらはレストランがありました。

予約客がずーっと待っていましたので

諦めました。

 

基本 並んで待つ。行列に並ぶ。

というのが苦手なので

おいしいものを食べるために並ぶなら

普通のモノをすぐ食べたいという

典型的なショミンの味音痴タイプです。

 

 

テーブルについてからの待ち時間も長かったので

この「パンケーキ」を頼み、その前にちょっとだけ早く出てくる

T・K・Gを頂くという計画です。

 

昭和のおじさんは 「ホットケーキ」と呼びますが、

奥さんに「違う!」と指摘されました。

 

パンケーキとホットケーキは材料も

作り方も若干違うとの事。

食べてみて わかった その違い。

濃いめの有塩バターが良く合います。

 

勉強になりました。

 

 

敷地内には 本物の「ヤギ」がいて

カップルやちびっこが写真を撮っていました。

 

天気が良い日には、本当に気持ちのいい

場所で、「バラ園」も併設しています。

 

少々交通の便は悪いのですが、

足を運んでみる価値は充分でお勧めします。

 

詳しくはこちらから↓

https://www.oenosato.com/resorts/

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-06-04 - 20:57
2019-05-31

4月のことですが、雑誌掲載用に

我が家にプロカメラマンがやってきました。

 

昔からお願いしている 方で私と同じ名前カメラマンです。

親戚筋ではありません。

 

他のОB施主さん宅にも お邪魔している

カメラマン&岡本のコンビです。

 

 

デジタルカメラ時代で

やたらとシャッターを切りまくるカメラマンが多い中
(私がそうです。)

慎重に 数少ないシャッター音で決めてしまいます。

 

家を撮影するときは、その建物の東西南北から

午前中の早めがいいのか、お昼頃を狙った方がいいのか

もちろん 快晴、曇天など考慮して光を大切に考えます。

 

また、カーテンやマット類、家具、雑貨なども

構図を決める際 多少移動させたり、

撤去したりもします。

その辺のアシスタント的な動きも スタッフの岡本さんが

的確に動きます。

 

小屋裏まで通常階段で昇降する方式が主流の中

敢えて 収納はしご式(少々使いずらいし怖い。

反対にコスト安、場所やプランに影響しにくい。)を

採用した我が家。

 

紙面では限られた枚数しか掲載できませんが

後にホームページなどでも使用するので

様々なカットで撮影してもらいました(それでも、1カット当たりの

撮影枚数は少なめです。)

 

 

いつの日か。でも近いうちに

雑誌に施工例として掲載されますので、その時はご報告します。

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-05-31 - 17:55
2019-05-10

令和になって、ホームページがリニューアルして

初めての更新です。

 

皆さんは この史上最大の長期休暇は

しっかり休んだり楽しめたりされたでしょうか。

 

私は前半仕事で

5月1日から休みました。

 

せっかくの令和元年始まりの日だったにも

関わらず、風邪で寝込んでしまい

気が付くと夕方でした。

体調不良でダウンして寝込むなど

約10年以上ぶりかなと。。。。

 

それでも、残りの休日は車いじりや洗車以外にも

めったにできない家のメンテを少々やっておきました。

 

ガラス拭きとサッシや玄関ドアのワックスがけ

玄関ポーチタイルの水洗いや 屋外排水桝の

掃除などなど。

 

その中で カーポートの樋(とい)の

内部の掃除を少々ご紹介します。

我が家のカーポート YKKの

「エフルージュ」にはこのような形状の

「エルボ」があります。

底の蓋を回して開けると・・・

 

残った雨水と 泥がたまっています。

鳥の羽の一部らしきものと、なぜか髪の毛も。

 

手の入る範囲だけでも拭き取ります。

 

蓋の中には スポンジのパッキン?があります。

水洗いだけで十分です。

 

 

長期間放置しすぎると 大雨の時あふれてきたり

溜まった泥に鳥の糞から芽生えた

草木が育つこともあります。

 

たまにチェックしておいてください。

 

ついでに エアコン室外機も少しだけ掃除。

写真のモノは上段が「日立」、下が「ダイキン」。

メーカーによって ファンのガラリの固定方法が

変わりますが、基本、プラスドライバーがあれば

ねじを数本外せば 簡単にこのような状態にできます。

 

 

羽がかなり汚れているので、軽く拭いて

車用液体ワックスを噴射して 拭き取るくらいで

見違えるほど綺麗になります。

 

 

室外機(ヒートポンプ)の外部カバーも

ただのカラー鉄板ですので、たまに水拭き

ワックスがけをしてあげるだけで

いつまでも綺麗に保てます。

 

見えない位置に 設置してる方は気にならないと思いますが

我が家のように 真正面にある場合

室外機や配管カバーが劣化すると

家全体がくすんで見えたり 貧乏くさくなる気がするので

年に1回出来れば やっています。

 

 

GW明けから 連日冗談のような忙しさが追ってきます。

今月も3分の1過ぎてやっと更新できました。

 

リニューアルしたHP。

これからもよろしくお願いします。

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-05-10 - 20:29
2019-04-18

またまた 車ネタですみません。

2月に 「モデリスタ」のフロントスポイラーを

真っ二つに割ってしまうという単独事故をやらかしてしまいました。

誰がやったかはここでは触れません。。。

とにかく 黒テープで押さえておきます。

この状態が たまらなく恥ずかしくめちゃめちゃ気になります。

車に興味のない方にとっては

まったく気にならないらしいのですが。。。

ズボンのチャックが開いたまま 市民会館で演説のステージに立つ。

もしくはお尻に穴の開いたズボンで金比羅山の階段を登り続ける。

というくらい私にとっては

恥ずかしいのです。

 

車検のタイミングに合わせて、いつも無理をお願いしている

「谷野自動車工業」さんにスポイラー修理を依頼。

かなり難しい作業だったようですが 引き受けてくださいました。

 

それに、今年の初め アイドリングが一瞬

息継ぎするような症状が出て

すぐに戻ったのですが

念の為見てもらったところ

プラグとインジェクターが

ヤバくなりかけてる。ということで交換していました。

ここで約10万円の出費。

流石のイリジウムプラグでも 前の交換から10万キロ以上経過しているので

仕方ありません。

で、前々回のブログにも書いた通り

タイヤが逝ってしまいました。

そこで奇跡のタイミング。

代表藤井の社長車 レガシィ B4 のタイヤ交換の話が持ち上がり

スタッフの内藤と相談した結果

世間で評判のいい 「ミシュラン パイロットスポーツ4」を

履かせてみたい。

どんな感触で、乗り心地になるのか。

自分では買えないが 社長車なら

タイヤのポテンシャルといい具合だよねと。

社長も 君らがそう思うなら宜しく。と・・・

後は 価格交渉。

おなじみのタイヤショップに問い合わせると

たまたま、在庫がある。

しかも少し安く出せる。

ただし 納品に時間がかかることと

「フランス産」か「ドイツ産」かは

選べない。との事。

そんなの全く気にしません。ってことで

交換です。

サイズは 私のマークⅩ と同じく

225/45R18 です。

装着の次の日 仕事で関西方面にドライブした

スタッフ内藤もの感想もよく、評価も高かったので

一安心。

まったく個人的な 好奇心だけでタイヤをチョイスしましたが

正解だったようです。

。。。で、まだ山の残る ブリジストン ポテンザ S001を

ちゃっちゃと装着。

無事 工賃だけで 車検に通るタイヤにすることに成功です。

なんていいタイミングなんでしょう。

21万キロオーバーでの車検ということもあり

各種ベルト類交換。

燃料ポンプ(これが高い!)を交換しました。

免許を取って18歳から乗り始めた

マイカーで 初の5年目に突入です。

3年半から4年ごとに入れ替えてきました。

業務使用なので 距離の伸びがスゴイ!

というのが理由でした。

この後 どこまで伸ばせるか

乗れるか わかりませんが 2回目の住宅ローンを

抱えたわが身にとっては 致し方ない選択なのかもしれません。

またまた 当分の間ヨロシクね。

マークⅩ君。

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-04-18 - 00:00
2019-04-08

 

新年度になって初めてのブログ更新です。

コスミック・ガーデンの場合、新年度は6月からなので

世間でいう4月の新年度とはちょっと感覚が違いますが。。。

 

 

昨年7月の豪雨災害で

倉敷市真備町や総社市内に

通い続けていましたが

水害に遭われた2件目のお宅の改修工事も

完了し 何とかお引渡しすることができました。

 

玄関収納も きれいに。

 

洗面化粧台も 今回はTOTO製にチェンジ。

足元には体重計が収納可能になりました。

 

 

 

キッチンは以前よりも使い勝手がよくなるように

壁付けI型キッチン+作業台に。

 

パナソニック製の「リフォムス」と

リクシル製 センターキッチン 「リシェルsi」を

コラボしました。

 

リビングとダイニングを仕切る半透明の3連引き戸も

新調しました。

 

長期にわたりみなし仮設にお住まいになり

やっと 慣れた我が家での生活がスタートできました。

 

 

今度は 同じく真備町の 在来木造住宅の改修です。

 

先の2件は 元々硬質ウレタンや

フェノール樹脂断熱材を使っていた建物などで

それほど問題はありませんでしたが

グラスウールなどの繊維系断熱材や

竹駒井を組んでの土壁などは

その後の処理が大変になります。

 

 

 

 

高気密高断熱化するため

現場発泡のウレタン吹付工事を行いました。

 

 

もちろん、開口部にも手を入れますよ。

 

 

 

いくらリフォームとは言え

やはり機密性能は

アップさせたいので、断熱が切れやすい箇所や

隙間をスタッフの岡本が ウレタンスプレーで

慎重に埋めていきます。

 

 

基礎断熱の住宅なら 気密を確保するのは

簡単なのですが、今回のような事案だと

あらゆるノウハウを動員しなければなりません。

(コスミック・ガーデンの建物は基礎断熱ではなく、床断熱です。)

 

もちろん コストとの兼ね合いもあるので

マニアックに数値だけを追い求める訳にもいきません。

 

また、コスミック・ガーデンとしても

なんでも改修やリフォームすればいいという考えではなく

多方面から客観的に判断して

改修か、一気に建て替えを進めるかを判断します。

 

今年も 真備町での新築、総社市内での被災宅建て替え工事

改修工事と続きます。

 

スタッフのみならず、協力業者や社外スタッフの

力もお借りしながら

じっくり1軒、1軒進めていきます。

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-04-08 - 00:00