家づくりブログ

INDEX

岡本の記事

2020-05-07

冬の暖房も終わった途端、そろそろ冷房が欲しくなるほど暑いゴールデンウィークの最終日に、自宅の三菱エアコンの掃除を行いました。

元々、どのメーカーよりも掃除しやすそうということから購入したので、楽しみにしておりましたが・・・さてどうなることやら?

 

まずは、しっかり取扱説明書のメンテナンスのページを開いてから、全面カバーを開けました。

 

すると、説明書と同じ内容が貼られているではありませんか。

いちいち脚立を降りて説明書を読まなくてもよいので、これは親切かと。

 

手順通り、最初にお掃除ロボットが集めたゴミが入っているゴミ箱を外します。

 

三菱の回し者ではありませんが、オレンジのつまみを外すと簡単に外れました。

底が開いて、中のゴミも簡単に捨てられます。

 

次にフィルターボックスをおもむろに抜き取ります。

ガシャッという音とともに、大きなカセットを手前に引き出します。

 

深い意味はありませんが、子供のころ見たロボットアニメのメカニックの人になったみたいでちょっと盛り上がりました。

 

ちなみにこのフィルターボックスから、ヘロヘロのフィルター本体が出てきます。

これに掃除機をかけるのですが、ペラペラすぎてここは少し萎えました。

 

フィルターボックスを抜いた後を見ると、熱交換フィンが丸出しです。

ここにフィルターを逃れたホコリが乗っており、掃除機をかけることが出来るわけですが、天井付近の為位置が高くて少し大変でした。

ハンディ掃除機のようなものがないと難しいと思います。

 

小屋裏エアコンくらいの高さなら楽かもしれません。

★ちなみに冒頭からずっと脚立に乗って作業しています。

 

ここまでは、過去のダイキンエアコンと比較するとややフィンが掃除しやすい程度の違いかなと思います。

本体のあちこちに説明がやたらと書かれているのは親切でいい感じですが。

 

さて、下部の風が出る側の掃除です。

何年もブログを読んで頂いている方はご存知かも知れませんが、こちらが夏にカビが付く可能性の高い場所なので、重要です。

吹き出し口についている4枚の風向板は、レバーなどで簡単に外せるように設計されていました。

この辺りも親切設計と思います。

過去のエアコンでは、強引に外して取り付けてもまともに動かなくなったりしていました。

 

あっという間に4枚外します。

 

こちらの風向板もグイ―ッっと引き出せます。

ホントは外せた方が脚立に乗ったまま拭かなくて済むので嬉しいのですが。

 

最大に開放したらSF映画の雑魚キャラのようになりました。

 

冗談はさておき、夏場に最も汚れると想定されるクロスフローファンの周りが掃除しやすいかどうかが重要です。

ファンの後ろのカビが付くであろうケースの奥の方まで手が入って拭けるようです。

 

上の黒い部分が筒状になっているファンです。

残念ながら外すことはできませんし、下から上に向かって拭かなくてはなりませんが、それでも交換前の機種からはかなり掃除しやすいと思います。

 

何年かたったらこのファンの間に棒状のものを突っ込んで掃除しなくてはならないかも・・・

本当はいつも書かせて頂いている通り、ファンは外したいし、ドレンパン(結露水を受ける細長いお皿)にもスライム状のものが溜まって詰まる原因になるのでそこも外して掃除したいのですが、三菱エアコンでもそれは出来ません。(ドレンパンに至っては見ることもできない)

分かってはいたのですが、それを踏まえてファン回りが拭きやすいのを加味して何とか70点!!くらいの気持ちです。

 

なるべくカビや微生物が内部に溜まらないように、今年は冷房開始前に銅の網など上に置いてみようと思います。

また、定期的に自動で掃除する機能も動作しているので、それも期待しつつ今年の夏を迎えてみたいと思います。

 

 

 

posted by 岡本 | コメント(2) | 2020-05-07 - 20:39
2020-03-12

たまに「排水桝の掃除をしてくださいね!!」とこのブログでご紹介しております。

↑これです。

 

新ホームページになってからは、施主様向けFAQのコーナーでも掃除の方法をご紹介しておりました⇒掃除の方法

このFAQ内にも「長期間掃除をしていないと、~大変なことになります」と書いておりますが、昨日、その大変なことが起こった現場に遭遇しました!!

 

通常は下の状態です。

 

これが、長期間掃除しなかったため、下記のようになっていました。

「食洗機を回したら『ポコポコ・・・』という音が。そういえば排水桝を暫くほったらかしていると思い、家の裏に回ってみると、排水桝の蓋が浮いて、油が混ざった水が溢れていました。」という恐ろしい状況です。

さらに蓋を開けると油の塊が浮いており、取っても取っても水位が下がりません。

最後は、汚れた油水の中に肘まで腕を突っ込んで、上の図の赤いカーブの配管を何とか両手で外して持ち上げると、中にもビッシリ油の塊が。

それを掃除すると、水位も戻り、何とか正常に水が流れるようになりました。キッチンから入ってくる方の配管にも少し油が溜まっており、もう少し放っておいたらキッチン側の配管まで詰まっていたかも知れません。

 

ということです。皆様もマメにお掃除して下さいね・・・

 

と、他人のフリをして書いておりますが、実はこれは昨日の我が家の状況でした。

忙しさにかまけて、チェックした際に油の塊を棒などで崩すだけで、すくい取っていなかったため、余計に下向きの配管の方に油の塊が回り込んで詰まったのかも知れません。

またこの排水桝、お料理の油(特に常温で固まる肉の油)をどの程度キッチンの排水から流しているかで、油の塊が増えるスピードが全く変わります。揚げ物や油を多く使う料理をされる方は特にご注意くださいませ。

 

それにしても、紺屋の白袴という言葉がありますが、これだけ「排水桝を掃除しましょう」と言っているにも関わらずやらかしてしまった、何とも恥ずかしい我が家の失敗事例でした。

 

この後、両手の油のニオイがなかなか取れず大変でした・・・

皆様もお気をつけて・・・

posted by 岡本 | コメントする | 2020-03-12 - 16:40
2020-02-13

「施主から社員になりました!!」と未だにラジオなどで言っておりますが、我が家もいつの間にか引渡し後10年を迎えております。

 

社員としても8年目も中盤・・・などと思っていると、真夜中に家の中のどこかで、女性の声が。

 

そのあとピッ・・・・(3分?)・・・・ピッ・・・・と、途切れ途切れの電子音。

 

最初は冷蔵庫かなぁ~!?と冷蔵庫のパネルの急冷ボタンを押したり止めたりと見当違いのことをしていると、数回目のピッで天井からの音と気づき、上を見上げました。

 

犯人・・・ではなく、音源は火災報知器でした。

最初の声は「電池が切れています」というアナウンスの声だったようです。
ボタンを押す(紐をひいても同じ)と、同じアナウンスが聞こえました。

 

火災報知器はキッチン・寝室・階段室などに取付が義務化されています。

取扱説明書には「電池交換の目安は10年」と書かれており、律義に10年とちょっとで電池切れが始まりました。

本体をつかんで反時計回りに回すと外れます。

 

裏返すとアワビが食べたくなってきましたが、水色の専用電池を取り外します。

 

電池の型番を検索するとネットショップなどのページが見つかり、購入できます。家電量販店にもあるかもしれませんが、どうしてもネットの方が安いですね。

こちらはネットで1個1000円程度でした。

新しい電池をつなぎ直し、交換完了です。

 

ボタンを押すと「正常です」と気持ちの良いお返事を頂きました。

この声、私の愛車のETC車載器の声と少し似ていますが、車載器の方はトトロのさつきちゃんの(声優さんの)声だそうです。「カードが残っています」としか言ってくれませんが。給湯器のリモコンからも「お風呂の栓はしましたか!!?」と毎日注意されっぱなしです。
そういえば4月に岡山で高畑勲展もありますね。

 

話を戻して、この勢いで家の中全部で7台の火災報知器の電池を交換しました。これで10年は安心です。

また10年後に同じブログを書けるよう元気に頑張りたいと思います。

posted by 岡本 | コメントする | 2020-02-13 - 13:09
2019-09-19

先日、お引渡しからまだ日の浅いお宅にお邪魔しました。

 

当社で不備のあった件での対応だったにも関わらず、夏涼しく過ごせた、日々快適、という嬉しいご感想なども頂いたりと終始恐縮でした。

 

帰り際にふと視界に入ったのは、行儀よく並んでいる2台のお掃除ロボット。

新築にあわせて導入される方がとても多くなりました。

 

□が拭き掃除、△が掃き(吸い込み)掃除ですよね。

 

どちらもパナソニック製ですが、こちらのお施主様曰く△は他のメーカーのものより賢いと実感されているそうです。あとはダイソンの掃除機をお持ちとのこと。

 

ダイソンの掃除機は我が家も10年前に導入しました。
途中であちこち劣化したり部品が割れたりしましたが、オーナー向けの交換部品のサイトで細かく購入出来たりするので、部品交換しながらいまだに使っています。

2階に持って上がるのが重いので、ダイソンのハンディタイプも欲しいのですが・・・最近会社で使っているマキタの掃除機も魅力で、いつまでも迷っています。

 

事務所のマキタの掃除機はオプションのサイクロンパーツを付けています。
会社で使っている状況では細かいホコリは本体まで上がって来ます。

 

家の性能、デザインも大切ですが、毎日の生活や家事に関わる動線や設備も大切ですよね…。

posted by 岡本 | コメントする | 2019-09-19 - 18:01
2019-06-21

梅雨入りもせず、夜は涼しい時期が続いていましたが、いよいよ温度も湿度も上がって来ましたね。

 

OB施主様宅のエアコンはそろそろONになっている頃かと思います。

 

この時期、エアコンを少し動かしたらやっておきたいのが、ドレンホースの水抜きです。

「サクションポンプ」「エアコン水抜きポンプ」などという名前でホームセンターやネットで販売されています。

 

エアコンの室外機にはドレンホースというものがあります。
室内機の中で冷房や除湿運転の際に発生する結露水が、ここから外に捨てられています。

 

このドレンホースの中にホコリやばい菌のスライムなどが溜まって詰まると、排水ができなくなり、最後には室内機から水漏れが発生します。

 

このドレンホースにポンプを取り付け、

 

スポッ!!とハンドルを引っ張って、空気圧を利用してドレンの中身をこちら側に引っ張り出します。

 

ここで中身が詰まっていれば手ごたえがあり、水やゴミが流れてくることがあります。

勿論詰まっていなければ空振り感があります。

ここのエアコンからは少し水が出てきました。

 

我が家も2、3回水漏れが起こったことがあり、予防のため冷房開始頃と、途中で1回これをやっています。

終わったら口の部分を外して、物干しなどにぶら下げて干します。

我が家には3台エアコンがあり、同じエアコンで過去に何度か水漏れが起こっていますが、1度も水漏れしていないエアコンもあります。

状況を見ると、人が多かったり布団や洗濯物が良く置いてあるホコリが多い空間のエアコンは詰まりやすいようです。

 

このポンプ、会社にもまだ10個ほど在庫がありますので、OB施主の皆様、必要でしたらお声がけください。

 

水漏れを防ぐもう一つの方法は、冷房や除湿を停止する際に、エアコンの「内部クリーン」機能を使って、室内機の中をしっかり乾かすことです。

夏のエアコンは内部が結露し(結露自体は湿気を取るためにさせています)、カビも発生しやすいので、面倒ですがこれらのことにご注意いただければ、長期にお使いいただけるかと思います。

 

posted by 岡本 | コメントする | 2019-06-21 - 18:28
2018-10-09

涼しくなると、いつもこの

「排水桝(ます)の掃除をしてください」

ネタです。(臭いが上がりにくくなるので)

 

キッチンや洗面などの排水を一旦受ける排水桝(ます)、

特にキッチンからの排水には油などの汚れがびっしり。

定期的に掃除をして頂く必要があります。

 

ここで、いつもは生ごみをすくうつもりで

新聞紙をビニール袋に入れて、すくってください、

という解説で終わっています。

 

枡の中身はこうなっています、という感じで。

 

ここで一つ、OB施主様を訪問しているときに

「下記の赤の部分が外れることも書いた方が

よいですよ」というご指摘がありました。

写真で言うと下記の赤矢印のところですね。

 

汚れが溜まったり固まりすぎて流れないときには、

ここも外して中が詰まっていないか確認してみて

下さい。

 

とはいえここまで油や食べ物のカスが溜まって

いるのを外して掃除するのはちょっと心の準備が

必要ですが・・・枡に汚水が溜まるようになって

いる方は、一度トライしてみてください。

 

100円ショップなどのゴム手袋を使い捨てに

して掃除されるのも手かと思います。

 

 

posted by 岡本 | コメントする | 2018-10-09 - 00:00
2018-07-21

床下点検もまだ継続していますが、

そんな中、妹尾ブログにもありました

今回の水害で床上浸水の被害に遭われた

お宅の床下に潜ってきました。

ポンプで水を吸い出した後も、全体的に

薄く1~2cmの水が残っており、

泥水も吸える掃除機を持ち込んで隅々まで

水を除去しました。

あとは扇風機で乾かした後に掃除し、

消毒という流れになると思います。

 

なかなか大変な作業でしたが、若手の

内藤・浜田両名が床下に長時間潜って

本当に頑張ってくれたおかげで、

夕方までに終わることができました。

 

途中、近所の他の被災現場の応急処置に

入っていた(詳しくはこちら)スタッフの

平尾・妹尾の両部長や大工さん達も様子を

見に来てくれ、元気づけられたりしながら

頑張りました。

 

また、私も含め、ここ最近の床下点検で皆

床下慣れしていたので、スムーズに意識

合わせや段取り・実作業ができました。

何が役に立つか分かりません。

 

なるべく床面に穴をあけず復旧したい思いで

やっているため対応の回数が増えますが、

避難生活が続いているお施主様のストレスは

想像できない程のものかと思います。

 

できるだけ早く対応を終わらせて元の生活に

戻って頂きたいと思います。

 

床下点検も引き続き実施しております。

対象で未点検のお施主様に8月以降の

お知らせをお送りしますので、また

ご確認をお願い致します。

 

posted by 岡本 | コメントする | 2018-07-21 - 00:00
2018-06-29

大変ご無沙汰しております。

こともあろうに1ヶ月飛ばしてしまいました。

「いつまで熊山英国庭園なのか」と思われていた

皆様、大変失礼いたしました。

 

言い訳ではありますが、6月に入ってから、かなり

事務所の外に出ている時間が多いというのがありまして、

何をやっているのか一部のOB施主の皆様はご存知かと

思いますが、過去に建てさせていただいたお宅に伺って

床下点検を行っております。

 

こんなところから我々スタッフや大工さんが潜って、

断熱材や構造材の状況等のチェックをしています。

 

通常は、べた基礎なのでコマがついた”寝板”の上に乗って

ゴロゴロと移動ができます。

写真の寝板は車のメンテナンス用のものですが(乗っているのは

スタッフの内藤)大工さんはさすがというか、手作りの寝板を

使っています。これで1軒1時間程度でチェックが終わります。

 

ですが、20年ほど前のお宅にお伺いすると、「炭袋」を

敷いてある場合も。寝板は使えず、袋の上をラッコのような

仰向け姿勢でウロウロします。

 

さすがに移動時間がかかるので、炭の場合は2名以上です。

当初は1.5時間ほどかかっていましたが、1ヶ月経つ

現在では、炭でも大工さんなら1時間かからなくなって

きました。さすがです。

 

どのお宅にもヘッダーと給水管、排水管はありますし、

 

特殊な設備などの事情で沢山の大きな配管が通っている

こともありますし、

 

床に沿ってセントラルクリーナーという、「床下埋め込み型

掃除機」の配管があちこちにあるお宅もあり、色々です。

 

6月だけで50軒弱のお宅を点検しましたが、木が

腐ったりシロアリが食っていることもありません。

床下換気口の通気の良さも貢献していると思います。

 

私以外のスタッフが大工さんと同行してお伺いしている

場合もありますが、私もしばらく同行しますので、

これからお伺いするOB施主の皆様、宜しくお願い致します。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントする | 2018-06-29 - 00:00
2017-06-19

皆様、そろそろエアコンの冷房を

使い始められている頃でしょうか?

 

寝苦しさで言うと、冬より夏の

蒸し暑さの方が辛いところが

ありますよね。

 

暖房よりも冷房の方が使用するエネルギーが

小さいので、あまりムリせず使用されることを

お勧めいたします。

 

ところで、ご存知の方はご存知ですが、

冷房やドライ運転の使用時は、「内部クリーン」

という機能をONにしておいてくださいね。

 

冷房やドライ運転では、吸い込んだ空気を

エアコンの内部で冷やす際に結露が生じて

水が溜まります。

 

水がドレンホースから外部に排出されますが、

空気を冷やす部品や水を受けるお皿の部分は

濡れたままになります。

 

そのままだとカビや雑菌が繁殖するので、

それを防ぐために冷房運転をOFFにしたときに

数十分から2,3時間送風運転を続けて、

濡れた部分を乾かしてからOFFになります。

(乾いたことを検知するわけではありません)

 

冷房の運転中に上の写真のように内部クリーンをONに

しておきます。そして冷房を停止する際にはリモコンで

一度だけ停止ボタンでOFFすると、内部クリーン機能

が働いて送風が始まります。

 

ここで「あれ?止まってない」と思ってもう一度OFFに

しないで、そのまま見守っておいてくださいね。

しばらくすると送風が止まります。

 

この時期に覚えておいていただきたい豆知識でした。

 

posted by 岡本 | コメントする | 2017-06-19 - 00:00
2016-11-08

今朝、突然思い立ち、排水桝(はいすいます)の掃除をしました。

実は足が向かず、1年放置しておりましたが、なんとなく

台所のシンクからの排水が遅いような気がして、

「もしかして排水桝が詰まっているのでは!!」と

焦って掃除をしました。

 

1年以上気にしながら億劫で足が向かなかったくせに、

「詰まったかも!?」となったらすぐに掃除が始められる

のですから、困ったものです。

 

過去のブログから同じ写真とイラストで失礼しますが、

排水桝の中はこうなっています。

キッチンの排水には油や細かい固形物などがたくさん含まれて

いるため、配管が詰まらないように桝(ます)で一旦受けマス。

 

ですので、そこに油などが固まって溜まっていきます。

半年に1回は見て頂きたいところです。

準備するものは、汚いものをすくう道具と、スーパーの袋。

すくったものは水分が多いので、袋の中に新聞を破って

入れておくと水分を吸ってくれてよいです。

 

この写真は2年前の冬に掃除した時のブログから

持ってきていますが、この時も「1年間放置してしまいました」

と書いています。そんなに人間変わらないということでしょうか。

以降は、皆様のご自宅でお確かめください。

放置期間と、お食事の脂っこさに比例して、

油分が固まっていると思います。

 

お掃除の時期は、あまり暑いと匂いますし、

寒すぎると外は寒いし油も硬いので、今の時期が

お奨めです。

 

燃えるごみの日の朝に10分くらいでサッサと掃除して

ゴミに入れて出すとスッキリするかも。

 

油が溜まりすぎて、キッチンから排水桝へ下る途中の配管が

詰まると厄介ですので、定期的に掃除してやってくださいね。

 

 

posted by 岡本 | コメントする | 2016-11-08 - 00:00