家づくりブログ

INDEX

妹尾の記事

2016-11-25

 

今月27日の放送を持って あの有名な番組

「大改造!!劇的ビフォーアフター」最終回を迎えます。

 

現在 「シーズンⅡ」 として放送されている同番組。

一般の皆さんに 「リフォーム」 することを広く認知させることが

できた人気番組でした。

 

「匠(たくみ)」 という言葉も随分一般的になったモノです。

 

今回 最終回を迎える理由として

局側は 東日本大震災の復興工事などにより、人材不足が深刻で

工事の進行が放送スケジュールに間に合わない。と言うことのようです。

 

確かに 復興は近畿圏だけでなくコチラ西日本にも 影響は有りますし、今は

熊本や鳥取地震の復興の影響が出ているようです。

 

東日本、特に関東圏では オリンピックの影響の含めて

深刻な状況のようです。

 

 

・・・ しかし、裏側では 番組製作上の問題が

かなり以前から 指摘されており リフォームした家主(施主)からの裁判。

 

また 最近では 追加工事の金額について 工事を実施した

工務店からも TV局(製作会社含む)が 裁判を起こされているようです。

 

 

詳しく中身を知っている訳ではないので どちらに「非」が有るのかは

結論付けられませんが、

無償で設計管理をする「匠」と

呼ばれ、何とか目立つ ウケる「作品」を残そうとする

依頼主の意向無視する 設計士。(ここが施主側にとっていい迷惑)

 

極力 打ち合わせを少なくし、(中には2回しか実施していない案件も有)

完成時に仕上がりを見て

驚く(時には涙を流すことも)施主の姿を インパクト大 として

演出する製作側。

 

ウケるつもりか、高齢者のことを無視した 造作。

 

元々の 不便を解消できないまま デザインだけでうやむやにした案件。

 

 

工事前より、建物強度・耐震性・断熱性が落ちてしまっているのが

明らかな施工方法。 (観ていて おいおい・・・ 冷や汗ものという

事もあります。)

 

番組内で出る工事費用も 決して安くない数字が並びますが

それでも 設計管理費・諸経費などなど

多くの費用が 無きモノにされ、あれだけの工事が

そのくらいで出来るのか・・・・。と視聴者に勘違いさせる

テロップ。

 

リフォーム専門や、在来木造を得意とする

工務店の方々と話しても

「あの番組のお蔭でリフォーム工事希望者は増えたものの

安く出来ると思われて かえって迷惑。」

という言葉もよく聞きました。

 

 

まあ、結局は視聴率至上主義の番組制作側

TVに出てインパクトさえ残せば 新規客の獲得が出来る と思う

造り手側に 多くの問題が有ったように 思います。

 

 

 

事実。

 

番組で有名になった 「匠」 たちは 依頼殺到で行列状態。

設計管理費(設計士の取り分)も跳ね上がったとの事。

放送後の天狗っぷりが凄い という情報もあり。

 

 

ただの バラエティー(娯楽)番組 としてだけなら

特に害はないのでしょうが、やはり家族が生活する場ですから

「ウケる・ウケない」 で 工事されては たまったモノでは

有りませんし、工事費は依頼主が支払っている訳です。

 

 

TV番組だけでなく、「メディア」 と呼ばれる世界の

モノには 必ず 見せられない 「裏」 が有るものとして視聴ください。

 

コスミック・ガーデンのラジオ放送でも

公共の電波だから、局の大人の事情もあって

言えない事柄も有ります。

 

その裏側を ぜひ知りたい。

自分は そんなことで 損したくない。 と思われる方は

是非 一度 弊社に来ていただいて

お話しさせて頂ければと思います。

 

今後は 不定期放送(特番)としての放送を考えているという

「ビフォーアフター」ですが その時はまた違った目線で

ご覧になると 面白いかも知れませんね。

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-11-25 - 00:00
2016-10-23

 

10月21日 14時7分 鳥取県中部で

大きな地震がありました。

 

鳥取県は勿論、近隣の県でも

被害があり、岡山県内でも 年配の方2名が 怪我をされたようです。

 

移動中だった私は 幸い(?)のも車の中だったので

スマホが 大音量で聴いたことの無いようなアラームが

鳴ってビックリした位でした。

 

工事中の現場をはじめ、OB施主さんからも

被害の報告は一切 届いていないので一安心しているところです。

 

それでも、鳥取県中部の震源地を中心に

広範囲で被害が出ており 被災された方々

余震に警戒して、現在も避難生活で不自由をされている方々には

お見舞い申し上げます。m(__)m

 

 

普段 地震は来ない岡山県。 と油断しまくりの

岡山県民もさすがに今回は 自身の身をもって

その恐怖を感じられたと思います。

 

南海トラフ地震は 明日きてもおかしくない

時期に有ると 研究機関や専門家は 報告しています。

 

私達の立場から言えることは、

必要かつ重要な建物の要素の

中心に 「耐震性能」 が有ると言うことです。

 

勿論 耐久性能・高気密高断熱性能なども

重要ですが 震度6強で倒壊してしまっては

元も子もありません。

 

デザインや 間取りを拘り過ぎたために

耐震性能が落ちたり、無駄な補強が必要になったり

(これも コストアップになるのでスルーする場合が多々あり)

本末転倒な 状況を見てきました。

 

たまたま 巨大地震や津波によって

60数年以上岡山県に 大きな被害が出なかっただけです。

 

これから 家を建てる方は もちろん

古い住宅にお住まいの方も

耐震リフォームなど 強度アップを考えたり

諸事情で難しい方は、被災した時に

命を守れるだけの準備と知識を身に付けておいて下さい。

 

今回の揺れが大きく、「怖かった。。。」 という

感想をたくさん聞いたので 良い機会と捉え地震に対する

意識が変わればいいなと思います。

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-10-23 - 00:00
2016-07-01

 

 

今日から 7月です。

今年も もう半分終わってしまいました。

 

毎年このような内容のブログを書いているような気がしますが

ドンドン 時間が経過するのが早くなってる感覚です。

 

それだけ 歳を重ねたんでしょうね。

 

 

今年前半の 穢れを落とす、お祓いと言う気分も有って

引渡し後、お引っ越し前の施主さん宅で

入居の為のお祓いに参加させて頂きました。

 

 

 

地鎮祭で特にお世話になっている 「安仁神社」 さんから

三原宮司に来ていただきました。

 

神棚にお祭りする お社他1式も お願いしました。

 

 

建物の全ての部屋と 外周4隅、玄関や勝手口など出入り口を

お清め&お祓いして頂きます。

 

参加者も全員 火打石を使ってお祓いを受けました。

 

 

やはり、家全体が一段と すがすがしい感じになった気がします。

 

私自身も 引渡し・入居の流れで

ひと段落付いた。 ホッとした。嬉しい。という気分ですので

気持ちも軽くなりました。

 

 

 

 

そして、今日。

 

 

 

夏本番を前に、事務所内のエアコンのクリーニングを

行いました。

 

新旧合わせて 2台のエアコンですが

古い方に至っては 10年以上前の機種です。

 

メーカーも 「パナソニック」 ではなく 「ナショナル」 と

記されているほどです。

 

 

コレがその古いやつです。

内部は専門性の高い作業です。

 

 

 

カバーや フィルター類など

外せるものは 取っ払って

手作業で 「ハウスクリーン ヤマサキ」 さんたちが

洗ってくれます。

 

 

 

 

2台のクリーニングが終わって、 きれいな冷房です。

 

今年の後半突入には もってこいのイベント&環境です。

 

 

 

 

 

残り半年。

 

頑張って 仕事します。

 

 

(・・・・ あと 事情があって 我が家の片付けも 進めなくては

なりません。。。 (-_-;) )

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-07-01 - 00:00
2016-06-16

 

ベテランの女優さん。

白川由美さんが 79歳でお亡くなりになりました。

 

今現在、報道での死因は 「心不全」 とのこと。

 

心肺停止状態で発見された場所は 「浴室」

 

持病も無く 現在通院などもされてなく

勿論 心臓疾患も無かったとの事。

 

・・・・となれば、「ヒートショック」による 心臓に対する急激な負担増が

原因と考えるのが普通かと。

 

 

しかし、もしそうだとしても まさかの6月。

真冬なら 分かりますが、 寝苦しくなるくらいのこの時期。

しかも、二谷英明夫人で、ちゃんとしたセレブの方ですから、

すきま風だらけの 古い木造住宅で生活されていたとは思えません。

 

一定の温熱環境は担保されていると思う、マンションとかではないでしょうか。

 

年齢的なものも 大変影響されますが

こんな季節でも 「ヒートショック」が起こるとは

私の方こそショックです。

 

そういえば 私の自宅近所のお婆さんも

ヒートショックで 救急車で運ばれ そのまま帰ってこられなかったという

こともありましたが それは確か 春だったような。。。。

 

若い方は勿論 40代 50代の方では

まだまだ実感がわかないと思いますが、60代以降の方は

自分の事として 恐怖と戦わなければならなくなります。

 

どんな会社で、どんなデザインの建物を建てるにしても

最低限、温熱環境が安心できる状態。

すなわち、「高気密高断熱」

全ての基本となる 「高い耐震性」

必須です。

 

 

高齢化社会が進み

団塊の世代が これに当てはまっていくことで

分母が多くなり ここ数年で 「ヒートショック」が

原因と思われる 死亡者数が 増加しています。

 

健康に長生きしたいと考える

普通の思考の皆様には 今回の事を 教訓として

家創りに反映して下さいね。

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-06-16 - 00:00
2016-05-25

 

 

「南海トラフに歪みが蓄積」 と言う見出しで

数日前から ニュースなどで 警戒感を表わしています。

 

南海トラフ大地震

 

 

先月の熊本地震でも 阪神淡路大震災より大きな

力が発生したとの報告があります。

 

今後心配される 「南海トラフ大地震」 「東海地震」 が発生した場合

人的にも 建物的にも非常に甚大な被害が予想されています。

 

直接の地震被害は勿論、津波の被害も予想される

太平洋側の本州と四国。

 

想像を絶する 地震力が発生した場合

中国地方の岡山・広島・山口の各県

タダでは済まないというデータもあります。

 

昭和21年に 死者が出る大きな地震を経験した

岡山県南部。

 

それでも 私を含めほとんどの方は

その被害状況を知りません。

 

「地震は来ない」 という岡山広島エリアの 迷信にも似た

思い込みと 現実味の無い対策。

 

さてさて、どんな恐ろしい状態になるのでしょうか。

 

 

 

築45年を迎えようとする我が家は まったく太刀打ちできず

簡単に震度5弱程度でも怪しいかも知れません。

 

昭和56年以前に建てられた建物で

しかも、きちんとした 「耐震補強」 が成されていないものについては

色んな意味で それなりの覚悟が必要です。

 

 

熊本でも、耐震等級1(建築基準法はクリアできている一般的な

木造住宅)の建物は ほぼ壊滅のようです。(何度も大きな力が加わった為)

 

中には耐震等級2をクリアした建物でも

ホールダウンアンカーを採用した時の木材の

「断面欠損」が原因で 土台から引きちぎられて

倒壊した物件も 多く報告されています。

 

これからマイホームを建てようとしている皆様には

設備のグレードアップやソーラー発電システムに

コストを掛ける分を 地震に強くするコト。構造強度アップや免振・制震システム

被災・避難時に 使えるモノやその対策費に

振り分けておいて欲しいモノです。

 

 

 

あと、テレビなどで コメンテーターと呼ばれる人達が

「次に震度8や10等が来たら・・・・。」

と言う発言をすることがありますが、

これを聞くたびに ガックリ来ます。

 

震度に「7」 までです。 「8」 以上は存在しません。

 

今の基準では 震度は5から 「弱」 「強」が付随し

7が最強です。

7には 「弱」 「強」 も付きません。

 

震度7は 天井無しです。

 

なので、将来

「あの時の地震は 今で言う震度12クラスだったんだよな。」

と言うことはあるかも知れませんが。。。。

 

 

物知り顔で コメントしている 「文化人枠」の方々には

もう少しだけ 勉強してもらいたいと思います。

 

テレビをはじめ メディアの関係者の含めです。

 

 

現実的には建物で対策が打てないという方々には

せめて 避難時の用意や 非常食 飲料水の備蓄

家族内での連絡の取り方や、避難先の確認などなど

話し合って置いて欲しいと思いいます。

 

 

参考までに 災害時の準備の参考までに。 ←こちらをクリック。

 

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-05-25 - 00:00
2016-04-19

 

熊本地震において、被害者や避難されて不自由な環境での

生活を余儀なくされている方々の数が

どんどん増えています。

 

情報管理や、支援物資の 配分等々

過去の震災時にも見られた 問題が今回も起きているようです。

 

個人的には大したことは出来ませんが、せめて募金への

協力位はしていきたいと思います。

 

 

さて、今回の地震で 初期から報道されていた

案件の一つに 「マンション真っ二つ」と言うのが

有りました。

 

確か、画像付きでSNSなどに投稿されたのがきっかけで

TVが取り上げたものだと記憶しています。

それがコチラ

 

 

「亀裂」のようにも見えるが…(画像は拡散されたツイートのスクリーンショット。
編集部で一部加工)

 

最初 見た時はびっくりしましたが

よくよく見ると 違う棟を繋ぐ渡り廊下の「エキスパンション・ジョイント」

切れたり落下したものだということ。

 

手抜き工事でも、欠陥でも 設計ミスでもなく

当然の仕事と 結果であり、こういう状態にならなかったら

もっともっとひどい状態に建物がなっていたはず。

 

 

大きさや 向き、高さなど 地震を受けた時の

振動周波数が異なる建物同士が

緊結されてしまっていた場合

お互いに影響しあって 全倒壊することだってあり得ます。

 

普段の生活では 繋がっていて使用できても

万一の場合、「力」を 逃がし 私達で言うところの「縁を切る」という

形にしているのが 「エキスパンション・ジョイント」です。

 

 

マンションだけではありません。

「橋」 や 「道路」 にもあります。

皆さんも 見た事がある筈です。

 

 

「道路 エキスパ...」の画像検索結果

 

この道路のエキスパンション・ジョイントは

揺れや振動だけでなく、夏場の「延び」

冬場の「縮み」を受け止める役目もしています。

 

マンションの建物と渡り廊下の繋ぎ部分は

勿論・・・・。

 

 

「道路 エキスパ...」の画像検索結果

 

 

 

 

一般的な 一戸建て住宅にもあります。

木造住宅と 鉄骨住宅を接続、もしくは異構造で

増築する場合などに使われます。

 

「増築 エキスパ...」の画像検索結果

 

ブルーと ホワイトの外壁のつなぎ目。

シルバーの部分です。

 

また 昭和56年(1981年)の 新耐震以前の

建物と 現在の耐震性能の建物を合体させることを

避けるためです。

 

要は、このような 建築業界では当たり前の

常識的な施工方法を 良く調べもせず

シロートさんの 投稿だけを鵜呑みにして

テレビの報道番組で 現地レポーターや

スタジオの コメンテーターとよばれる

一般的には ものしり顔のおりこうさんたちが

騒ぎ立てることが多いと感じます。

 

被災された方が、テレビで見たり

無関係なエリアでも 「うちのマンション大丈夫?」

と不安と心配心を煽るだけになるのではないかと感じます。

 

「公共の電波」 を使っての 「報道番組」であれば

尚更 しっかりとした裏付けを持って

正しい情報を伝えてほしいモノです。

 

私達はマンションを手がけてはいませんが

ちゃんとした工事をしているのに 「欠陥」では

ないかと 騒がれる 業者や業界の プライドを

守るために ちょっと書いてみました。

 

 

 

 

追記ですが。  前回のブログで熊本の

工務店さんと連絡が取れない。と書きました。

一緒に心配して下さった お客様のいらっしゃいました。

有難い事です。

 

無事 連絡がつきました。

会社も自宅も倒壊してしまったそうで 車中泊をしているそうですが

今現在 命に別条なく元気だそうです。

 

過去に建った住宅の修理や

新築の話しも聞こえてくるので、白紙の状態から

また頑張らないといけないとの 話を藤井から

聞きました。

 

とりあえず 一安心です。

 

また 何かの形で 力になれればと

思います。

 

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-04-19 - 00:00
2016-04-01

世間では、「新年度」が始まる4月1日です。

コスミック・ガーデンの新年度は 6月1日なのですが

やはり 桜が咲くこの時期 に新生活・新しい環境でスタート!

と言った感じがしますね。

私の甥っ子も 本日入社式の筈です。

地元の企業で(皆さん良くご存知) 新入社員が約180名と言ったところのようです。

 

5年前に 倉敷商業高校野球部として

甲子園球場に 一緒に連れて行ってくれた彼が

ついに社会人1年生として 巣立っていくことになりました。

夏の甲子園の時のブログです ☟

https://cosmic-g.jp/blog_seno/?m=201008

 

 

新入社員として 配属先も決まっているようですが

新人研修で 「自衛隊」 に体験入隊するというのが

あるそうです。

 

私も社会人になって初めての新人研修では

滋賀県の研修センターに約3カ月 北海道から鹿児島までの同期と生活を

共にしながら 様々な体験をさせてもらいました。

 

この時は大学卒は、自社(各県)に戻っての研修期間も含めて

約半年間。

 

高校卒は 研修センター、自社を含めて約1年間の

研修でした。

その中に 陸上自衛隊の駐屯地に 数日間放り込まれる期間があります。

 

かなり厳しい研修だったようで、いくらかの新入社員は根をあげてしまったようです。

バブル期だったこともあり、就職氷河期のように、就職戦線を戦い抜いた

学生だったわけではないので、比較的あっさりと

辞表を出すような時代でした。

 

 

・・・まあ、ここ数年の厳しい就活をこなしてきても

GW(ゴールデンウイーク)明け、もしくは入社式が終わったばかりで

辞めてしまう勿体無い行動を起こす新社会人も

多いようですが。。。

 

 

そんなことを思い出しながら、甥っ子としては

バリバリの体育会系(少年野球から 大学も野球部)ですから

自衛隊のハードな体験研修でも 軽くこなせると思っているようです。

 

逆に そこが会社に対するアピールポイントと

考えてるようです。

 

 

 

コスミック・ガーデンの昨年の新人も

今日から2年目。

 

残念ながら、今年は新人不在なので

後輩は出来ませんでしたが

この1年で かなり成長できたのではないかと

私を含め、周囲の大人たちは見ています。

 

建築・住宅・高気密高断熱など

まだまだ 素人で  覚えていかないといけない事ばかりですが

基本素直なので、ポイントを押さえてあげれば

ちゃんと頭に入っていくと思います。

 

か細かった体つきも 多少ごつさを増して

肉体労働、運搬作業、CADによる図面修正などなど

雑用以外にも 契約書作成など 社内の誰よりも

キレイに製作してくれます。

 

平均年齢が高めのコスミック・ガーデンですが

少しづつですが 若手も育ってきています。

 

もう 「新人」 とは言えなくなった 2年目の彼を

皆さんも 温かく・時には厳しく見守ってやってください。

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-04-01 - 00:00
2016-03-20

世間では 年度末であり、

卒業、引っ越し、就職、転勤などなど

皆さん非常に忙しくされている時期だと思います。

私達の業界では 新学期などに合わせて

3月にムリクリ 完成引渡しを行う事が多く

職人さんの取り合いとなる時期でもあります。

コスミックガーデンの年度末と言うのは5月です。

毎年のことながら、3月だから 5月だからと言って

特に激しいピークがある訳でなく

かといって どこかを過ぎれば ホッと一息

落ち着いたね。 という時期が来るわけでもありません。

今回は 全く仕事と関係ないお題でつらつらと・・・。

先ずはクルマネタで。。

初めて 目撃の 次期ホンダ NSX 久しぶりに復活する

国産スーパーカーです。

仮ナンバーですれ違う瞬間をパチリ。

初代に負けない かっこよさ!

本格的に量産中となり

抱えた バックオーダーも多いらしく

街中で見かけることも増えてくるんでしょう。

日産GT‐Rと同じく

サーキットを走ることを 前提とした市販車 ということで

色んな意味で スポーツカー市場が 活性化するのが

楽しみです。

ミニバンや、背の高い軽4 があまりにも増えすぎた今

追い抜かれた瞬間に見る「お尻」のかっこいいクルマが増えることを

祈ります。

さて、変わって グルメネタ。

と、いっても 高級な料理とかでなく

「麺類」です。

先ずは ラーメン。

総社市内にある 「のんきぼう」 と言うお店。

数年前に現在の場所に移転したらしいのですが

少しホッとする感じの 中華料理屋さんと言った方がいいのでしょうか。

当社でも社長や山田も

数回は言っています。

個人的にお勧めは

看板メニューの 「のんきラーメン」 と 「焼めし」です。

担々麺は辛いモノ好きにはお薦めです。

辛党の 白石でも 噴水の様に汗をかきながら

食べてました。

続いては うどん。

矢掛町にある 「若屋うどん

安くて、うまい を地で言ったようなお店です。

ちなみに、食券を買いますが、セルフ式ではありません。

朝10時30分~14時30分まで

しかも麺がなくなれば終了と言う

香川の製麺所のような感じ。

平日でも、開店すぐに高齢者の方々が多く来店され

お昼時は 工事関係者風の方や

サラリーマン風の人で混雑します。

お薦めは、天釜うどん

500円で 5品くらいの天ぷら(エビ込)が付いて

梅干しや漬物なども 自由にとって良い設定でした。

土日祝日は、早めに入店しないと

食べられない事もあるようです。

コスミック・ガーデンの会社近く(北区今)の

かめや」さんに次ぐ お店だと個人的な感想です。

ラーメンもうどんも 気軽に行ける雰囲気と

美味しさで 今回上記2店舗を ご紹介しました。

お好きな方は 是非。

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-03-20 - 00:00
2016-01-25

 

 

毎年、1月から2月にかけて コスミック・ガーデンでは

健康診断の期間となります。

 

当社の自慢の一つが 手厚い健康管理。

平均年齢が高いという つらい側面もありますが

定年が無い職場なので、常に元気に 仕事が出来る様に

ほぼ人間ドックと言っていいくらいの

濃い内容で受診します。

 

 

CT やレントゲン、血液検査等々・・・・

 

ごくごく一般的な検査は 初日の午前中で終わります。

 

 

有難い事に、着替えや血圧などの検査は

個室が与えられ、ゆったりと行います。

 

ほぼ待ち時間が無い様に プログラムされているので

検査項目の多さの割に、時間は短縮されています。

 

 

朝から食事抜きなので、検査終了時に

食事が出ます。

 

こんなヘルシーな 食事だけしていたら

こんなに体重増加はしないんだろうな。。。。

 

でも もう少し 味が濃い方がいいな。

もう少し アブラギッシュな方がいいな などと考えながら

食後のスイーツ&コーヒーもペロリ完食。

 

 

 

 

初日検査から ほぼ1週間後。

場所を変えて、胃カメラと大腸の検査です。

当社スタッフ数人が 同日に検査に行ってしまうと

業務に影響が出るので、毎日一人づつです。

 

 

 

こちらも 個室で ゆっくり薄めた下剤を

2リットル 飲んで その時が来るのを待ちます。

 

 

 

麻酔注射を打たれて、いつの間にか意識不明。

次に気が付くと 全て終了していました。

 

 

順次 スタッフが入れ代わり立ち代わりの

検査なので、来月初旬まで

当社の誰かが検査で不在と言う ことがあります。

 

今の時期だけですが、ご迷惑をお掛けする事も有ろうかと思います

スタッフ全員が 健康に 仕事をするための行事ですので

何卒 ご容赦願います。

 

一応 私も 大きな問題もなく

体重増加以外は 健康です。 とのことで 一安心しています。

posted by 妹尾 | コメントする | 2016-01-25 - 00:00
2015-12-11

 

コスミック・ガーデンの事務所に

今をときめく 人気イケメン俳優の 「福士蒼汰」くんの

ポスターがやってきました。

今回のYKKAPW 「ツーアクション窓」 (内開き&内倒し=ドレイキップの

2種類の開口方法が可能) 発売のCMキャラクターです。

 

私的には、主演初作品で2011年の

「仮面ライダー・フォーゼ」 の 「如月弦太郎」役 (当時17歳)の

印象が強く、その後の多くのドラマや映画で活躍しているのを

観て嬉しく思う 親心的な感情で応援している役者さんの一人です。

 

 

 

よっぽどのことが無いと 社内にポスター類は

貼らない主義のコスミック・ガーデンです。

 

 

福士蒼汰君だけでなく、「ツーアクション窓」も

非常に期待される製品です。

 

まだ正式な受注が始まったばかりですし、

少々お値段も張るのですが、今後は

採用する案件が増えてくることと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

話しは変わって、今月は1年で一番クルマの

走行距離が伸びるひと月です。

 

私だけでなく 営業系スタッフやサポートの岡本さんも同じです。

 

毎年恒例の、カレンダー&タオル(今年から 3年以上経過の施主さんには

ちょっといい感じの今治タオル)をお届けしながら

年末のご挨拶となります。

 

基本的には 担当営業が回ればいいのですが、

件数の偏りがあるので

みんなで振り分けさせて頂きました。

 

それでも、エリアや東西南北方面 というだけで

仕分けできず、みんな多方面に頭を向けます。

 

いくつかの写真で、どこらへんに出没しているか

ご想像下さい。

 

 

 

 

 

 

だいぶ お届けできましたが

まだまだ 残っている施主さん宅があります。

 

普段の業務の合間や

進行中の現場方面など スケジュールをやりくりしながら

仕事納めまでに 完了することを目指しています。

 

ほぼ一年ぶりか それ以上にご無沙汰して

お顔を拝見できていない施主さんもいらっしゃいます。

 

また、ご在宅と分かっていても、夜勤などでお休み中と

判断した場合 ポストインにて失礼することもあります。

 

ちょっとした、不具合や 補修やリフォーム的なご相談を

頂く事もあります。

 

「特に急がんけど、次に妹尾さんに会った時に

頼もうと思とったんよ。」

と言ってくださる 皆様方。

 

普段忙殺される中、懐かしい皆さんの顔に

お会いできることで、ちょっとホッとしたり

応援の言葉を頂いて 次の活力を貰う事も

多々あります。

 

そんなこんなで、あっという間に 年末を迎えてしまう

12月ですが、あと20日ほど 気を抜かずに頑張ります。

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2015-12-11 - 00:00