家づくりブログ

2008-04-05

  今朝、「ダイドー」 の自販機で缶コーヒーを買いました。

  お金を入れると、

  「おはようございます。暖かくなりましたね。」

  と自販機から女性の声で話しかけられました。

  「そうですねえ。」  と私。

  缶コーヒーを取り出すと、

  「有難うございました。気をつけて、行ってらっしゃい。」

  と言われ、

  「ハイ。行ってきます。」

  と思わず、返事をしてしまいました。

  「ダイドー」の自販機がしゃべるのは、以前から知って

  いましたが、季節によって話す内容が変わるのは

  知りませんでした。

  「自販機も進化しとるな~。」

  と関心しました。

  それでも、自販機にあいさつしてるところを

  誰かに見られなくて良かったと思いながら、車を

  発進させたのでした。

   

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-04-05 - 00:00
2008-03-31

 今頃の時期になると、花粉症で苦しんでいらっしゃる方も多いと思いますが

 近年花粉よりも問題となっているのが黄砂です。

 黄砂による健康被害に気付かず、たんなる花粉症だと思い込んでる

 人が増えています。

 黄砂を大量に吸い込むと、筋肉や脳にダメージが現れ、

 体調不良に陥りやすくなるそうです。

 

 黄砂は中国やモンゴルの砂漠や乾燥地帯から飛んでくる砂(0.5~0.001mm)

 のことで、紀元前から起こっている自然災害です。

 ただ、昔と大きく違うのは、中国の工業地帯のスモッグを通過する際に

 大気汚染物質を吸着し身体に悪影響を与える汚染物質となって飛来してくる

 ようになったことです。

 遠くはハワイやアメリカ本土まで飛んで行き、日本や東アジアだけの

 問題では済まされない状況だそうです。

 

 黄砂に付着される汚染物質は年間でクルマ70万台が出す排ガスに相当するそうなので

 人体への悪影響は必至ですが、いいこともあるそうです。

 それは、酸性雨を和らげたり、海に落ちてプランクトンが増殖に

 必要なミネラル分を供給する役目を持っているとも言われています。

 

 中国では、家畜の死亡、行方不明、農作物の被害、交通・通信網の麻痺など

 甚大な被害があり、韓国では学校が休みになったり深刻な問題になっています。

 自然現象であり、悪いことばかりではないのでしょうが、やはり黄砂に

 向けた対策は急務といえそうです。

 高気密・高断熱の家とは言っても、外気の導入は不可欠ですし、

 屋内に侵入してくる花粉や黄砂をどれだけ少なく出来るか、

 入居者の皆さんとともにいろいろな知恵を出して

 対策を考えていかなければと思っています。

 

 ちなみに、私は花粉症ではないのですが、春先から洗車しても

 洗車しても、うす黄色にくすんだ感じに汚れてしまうこの時期が

 嫌いです。

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-03-31 - 00:00
2008-03-26

 久々の10日ぶりの更新です。

 先日、長女の高校入試の結果が発表になりました。

 おかげさまで、志望校に合格できました。

 この一年、受験勉強に打ち込み、趣味の合唱団も休団し、

 毎晩遅くまで机に向かって頑張った結果がここに

 実を結びました。

 そこで、早速 合格祈願をお願いしていた 「吉備津彦神社」 さんへ

 お礼参りをしてきました。

  

 

 以前から、吉備津彦神社 さんへは参拝をしていましたが、

 今回の参拝は、また一味違った気持ちでできました。

 応援してくださった周りの方々や、心配してくださった

 お客様のお蔭と感謝しています。

 

 娘との約束どおり、携帯電話を持たせました。

 合格したら 本物の携帯だけど、不合格なら「糸電話」か「バンダイの

 プリキュアのおもちゃケータイ」 と言ってましたので、本人はとても

 うれしかったようです。

 とはいえ、使用料の負担が増えることと、変なトラブルに巻き込まれたりしないか

 など心配の種が増える父でした。

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-03-26 - 00:00
2008-03-15

 事務所前の「コープ」に

 「カバ」のクルマがやってきました。

  

 これは お菓子メーカーの 「カバヤ」 (・・・あのエスバイエル・カバヤと同じ)

 の宣伝用マスコットカーです。

 何度か街で見かけた事はあったのですが、

 まじかで眺めたのは初めてです。

 その昔、「カバヤ」 はお菓子を行商していたらしく、

 当時は本物の「カバ」がお菓子を運んでいたそうです。

  

 小さな子供たちが記念写真を撮ったり、

 口にあたるフロント部分が上がり、口の中(黄色)が見えるので

 覗き込んだりしていました。

 私も室内を覗き込みました。

 「カバ」のベース車両は 初代エスティマ だとわかりました。

 多分、FRP製だと思われる「カバ」の架装は高いんだろうな~。

 っと 夢のない、大人の発想をしてしまいました。

 

 

  「ジューC」などロングセラーのお菓子を持ち、日々新しい商品を

  提供し、今の子供たちだけでなく、昔の子供(今、大人)たちにも

  夢を与え続ける「カバヤ」さんに見習うべきところがたくさんあるように

  思います。

 

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-03-15 - 00:00
2008-03-08

 今回は、岡山市西幸川のO様の愛車を紹介します。

 ダイハツ ミラ ジーノ (L650S) 。

 エンジンは EF-VE の660cc  58PS

  

  モスグリーンのボディはかわいらしさと独特の存在感を醸し出します。

  ホイールを15インチのマグネシュウム製に交換。 車高もダウン。

  よく「ローバー・ミニ」のレプリカのように言われるミラ・ジーノですが

  ミニに5ドアは存在しませんから、個人的には完全オリジナルの

  デザインだと思います。

   

  

  最近の軽4のご他聞に漏れず、フル装備でエアバックや安全ボディなどを

  備え、重くなった車重は良くプログラムされたATと低速トルクを太らせた

  エンジンによって必要十分な走りを披露します。

  この ミラ・ジーノ 、愛くるしいデザインのため、ファンが多く、いくつもの 

  オーナーズクラブも存在し、全国規模で活動している

  「M・G・F・C」(ミラ・ジーノ・ファン・クラブ) などがあります。

  

  他にも2台所有しているO様。 それらも大きくいじったりはされていませんが

  ちょっとづつ改造してたりして こだわりが見え隠れするのでした。

  非常に、多趣味のO様。 クルマ以外にもこのブログネタになりそうな

  ものをお持ちなので またお伺いしていろいろ見せてもらおうかと

  たくらんでいます。

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-03-08 - 00:00
2008-03-07

 先日、岡山市内のマンションの内装リフォーム依頼があり、

 現場の下見にお伺いしました。

    

  そこは、14階の最上階。

  見晴らしの良さに感激。  マンションを購入する人の気持ちも

  少し解ります。

  久々のマンションなので、キッチンスペースの狭さ、天井の低さ、

  各種使用部材の安っぽさ・・・。

  私たちの建ててる一般注文住宅とは違い、見晴らし、利便性、

  セキュりティ、価格などに重点を置いて、それに魅力を感じた方が

  購入するマンション。

  細かいつくりや仕上げ、性能などは気にしないんでしょうね。

  南西に向いた大きな窓も単板ガラス(1枚ガラス)でしたから・・・。

  オーナー様は春から借り手の方があるのできれいにしたい。 とのこと。

  戸建てとマンション、どちらにしようか迷われる方も

  いらっしゃるでしょうが、選択の基準が大きく違うと思うので

  これは、難しい問題ですね・・・。

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-03-07 - 00:00
2008-03-05

 先週末の土日、総社市岡谷で開催した展示会に

 たくさんのご来場有難う御座いました。

 特に、日曜日はお客様が途切れることなく、三人しか待機して

 いないスタッフではまともな接客が出来ず失礼をいたしました。

  

  

  現在商談中のお客様、初めて当社を知って頂いたお客様、

  紹介でご来場くださったお客様。

  それぞれのタイミングと目線で今回の建物を見て頂きました。

  どの方にも好評で、暖房機1台で2階まで暖かい高気密・高断熱を

  実感し、ご納得いただけたと思います。

  

  

  今回、ご来場頂いたお客様の特徴として、真剣に、ゆっくり考えておられる

  ことと、大手メーカーさんなどに少々不信感、警戒感をお持ちの方が

  多かったように思います。

  皆さん、家創りは 「生命」 がかかってますよ。

  じっくり、後悔のないように進めていってくださいね。

 

  久々に、昼食もトイレにも行く暇のない展示会で

  疲れましたけど充実感のある二日間でした。

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-03-05 - 00:00
2008-02-28

  県中部 久米郡 美咲町 に行ってきました。

 RC(鉄筋コンクリート)造のアトリエの防水と

 結露防止工事の打ち合わせのためです。

 

 かなり、山奥に入っていくため、道路をはじめ、

 日陰部分にはまだまだ「雪」が残っていました。

  

  大事な作品に結露は大敵です。

  今回は屋内のコンクリートの壁・天井に

  「ガイナ・ノン結露」 (ガイナはJAXAの技術移転を受け、

  ㈱日進産業が開発した商品です。) を施工します。

  ↓の写真はもちろん施工前。 ビフォアーです。

  

  少し、暖かくなる来月中ごろには工事完了させておきたいと

  思っています。

 

  このアトリエのオーナー T様の作品は

  非常に力強く、美しいので

  皆様にもいずれこのブログでご覧頂ければな~って

  思います。

  

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-02-28 - 00:00
2008-02-22

 貼るだけで ホルムアルデヒド の発生源が

 30分でその場で判る!  

 がキャッチフレーズの「柳沢センサー」をご紹介します。

 開発したのは、東京大学大学院の「柳沢 幸雄 教授」で

 販売が「日本リビング㈱」(新日本石油 :エネオスの出資会社)で大変

 信頼の置ける製品だと思います。 

  

 

  学校保健用品推薦品でもあります。

  2年前、新築工事中のお客様から、買うつもりの家具が

  大丈夫なのか調べてほしい。と言うことで、

  家具の専門量販店に出向きました。

  あらかじめ、店長さんに電話で事情説明をしていましたが

  とても、不安がっておられました。

  以前「ガステック」法式(注射器のようなもので、空間の空気を吸い取って

  化学反応した色の位置を目盛りで読むタイプ)

  で同様のテストを建築屋さんにされたらしく、それだと

  近くに置いてある中国製の安価な家具やマット、カーペットなどから出る

  ホルムアルデヒドも吸い込んで しまい、本当のデータは取れません。

  したがって、そのお店の家具全てが悪いように言われたり、

  アトピーや喘息の症状もその家具やお店だけが原因のように言われたり

  して困ったそうです。

  この「柳沢センサー」だと特定の商品の特定の部位だけを

  測定することが出来ます。 たとえば食器棚の戸棚の中や、

  AVボードの裏板、合板のこぐち(切断面)などかなり細かい

  部分をピンポイントで貼り付け、判断できます。

  今回は、「カリモク」の商品で自然塗料を使用したものだったため

  裏板に至るまで問題ありませんでした。

  家具屋の店長さんも初めてみる測定方法に関心し、そしてほっと

  していました。

  何より、アトピーをもつお客様が一番よろこんでおられ、

  安心して新しい家具で新生活をスタートできると安心して

  おられました。

  家具屋さんに乗り込んでいった甲斐がありました。

  「柳沢センサー」に関するホームページアドレスを紹介しますので

  是非詳しく見てくださいね。

  http://www.nipponliving.co.jp/clinic/product-yanagisawa.html

  また、測定依頼も受け付けています。

  結果を数値化する機械は高価なため持っていませんが、

  測定後一緒に色変化を確認して頂ければ十分判断できると

  思います。

 

  専門業者に依頼すると高いそうですが、リーズナブルに測定しますよ。

  コスミック・ガーデンには 私と岡本の2名の資格者

  「シックハウス診断士補」 がおりますので安心してお声がけ

  下さい。

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-02-22 - 00:00
2008-02-21

  今週になって、通勤途中と仕事中に 交通事故と

  線路際の火事を目撃してしまいました。

 

 

 

  自宅を出て10分ほどの 倉敷インター付近の交差点で

  ホワイトの「トヨタ・ビッツ」がお腹を出してひっくり返っていました。

  事故の相手はこれまた「トヨタ・ビッツ」のシルバー。

  一体、どうやったらこんな格好になるのか不思議です。

  

  朝の通勤ラッシュ時なので警察官もたくさん来ていて

  交通整理をしていました。

  ドライバーの安否が気になります。

 

  そして、火事ですが 数台の消防車が急に集まった

  かと思うと消火活動に入りました。

  見ると、JR赤穂線の間際で火の手が上がっていました。

  民家の火災ではなく、畑の枯れ草が山火事のように燃えていました。

  

  写真には、おじさんがのんきにあぜ道を歩いていますが、

  近所の住民や県道を通行中の車は騒然としていました。

  火の手前は線路なので電車のダイヤにも影響が出るのでは

  ないかと思います。

 

  事故も火事もないに越したことはないのですが

  どちらも、人間のちょっとした気の緩みや油断が招いてしまう

  ものなのです。

  一瞬で全てを失ってしまう可能性のあることだけに

  私だけでなく皆さんも十分、気を付けましょうね。

posted by 妹尾 | コメントする | 2008-02-21 - 00:00