家づくりブログ

2021-01-29

年が明けてますます新型コロナの話題が尽きませんが、ご存知の通り、当社も恐る恐る見学会などのイベントを開催させて頂いています。

ご参加の皆様もマスクや消毒のご協力を頂き、誠にありがとうございます。

 

さてさて、開催される数がめっきり減っていますが、久しぶりに工務店向けの商品説明会に参加してきました。

下中野にあるパナソニックさんのショールームの2階にて。

 

ドアや床材などもご説明があったのですが、特に今回ならではというものをご紹介。

2面の壁とカウンターデスクのセット。

その名も「KOMORU」です。

 

家のリビングの端などに置くだけで、テレワークコーナーの出来上がり。

これはハードよりも「ソフト」力のアイディア商品と感心させられました。

 

2面の壁は、表も裏も全て穴の開いた有孔ボードでできています。

 

自分なりのカスタマイズをしたくなりませんか?

間取りの打合せの段階で、書斎がいつの間にか収納に代わってしまったご主人にピッタリ?(自分のことですが)

コロナでテレワークの話題が出てから2ヶ月でスピード発売したということで、かなり好調な売れ行きだそうです。

 

さて、他にも2,3気になったものをご紹介。

お部屋の雰囲気に合わせて電気のスイッチやコンセントのデザインを変更されることもありますが、最近リリースされたモダンなスクウェア調のSO-STYLEが展示されていました。

 

こちらのブラックが特に印象的でした。

ダークカラー主体のシックなお部屋に如何でしょうか。

 

以前からあるものですが、もう一つご紹介します。

ダウンライトは、切れると器具ごと交換するものが一般的ですが・・・

 

こちらはランプ式で外して交換できるダウンライトです。

1灯当たりの値段は通常のダウンライトより高くなりますが、メンテナンスを考えるとこちらの選択もアリかと思います。

口金の規格はパナソニック独自のものでは無く「GX53ソケット」というJIS規格ですので、パナソニックが製造しなくなったら終わり、ということはありません。

 

開催する方も、参加する方も新型コロナに気を付けながらですが、こういった現物を見られる展示会は大切と再確認した1日でした。

posted by 岡本 | コメントする | 2021-01-29 - 18:28
2021-01-21

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

何とか1月中に間に合いました!(😓)

先日、岡山県立美術館で開催されている”マイセン動物園展”に行ってきました。

写真撮影OKはマイセンのティーカップなどで彩られたテーブルコーディネートぐらいなので

画像がありませんが、思わず微笑みたくなるような表情豊かな動物たちや

毛並みや筋肉までリアルな躍動感あふれる動物たちで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今年も色々な美しい作品や自然をお手本に美しい空間創りをしたいと思います。

宜しくお願いします。

 

 

posted by 田淵 | コメントする | 2021-01-21 - 17:51
2021-01-19

今更ですが 明けましておめでとうございます。

 

毎年恒例のお客様からの年賀状を今年も掲示しています。

 

世間では、年々年賀状が少なくなっていく中

今年も沢山の年賀状を頂きました。

 

お引き渡し後、初の施主さんは

その温かさや快適さに感動した感想や、

コロナ禍でおうち時間が増えたので色んな意味で、コスミック・ガーデンの家に

棲めてて良かった。

といった言葉が沢山あって 私たちスタッフも

嬉しく思います。

 

 

 

 

また、お引き渡し後数年以上経過した

OB施主さん達からも、大きくなったお子さんの

写真で驚いたり、進学したり、また新しいご家族が

増えた報告を頂いたり、毎年凄く楽しみにしています。

 

現在計画進行中のお客様からも

家づくりを楽しんでくださっているのが

伝わる内容を頂いています。

 

年賀状を下さった すべてのお客様に

お礼申し上げます。

 

今月の末あたりまで 事務所に掲示していますので

機会があれば是非ご覧ください。

 

 

 

もう一つ、ちょっとした告知です。

地鎮祭などで 神社の宮司さんからお札を授かった

施主さんも、今まで手にしたことのない

お札をどう扱ったり、お祀りしたらいいのか分からない。

いう相談を受けることがあります。

 

立派な神棚を設置するのも良いことですが

お札をそこらへんに放置したり

どこかに仕舞い込んでしまうことは

避けたいところです。

 

仰々しい神棚が ちょっと。。。

という方には 写真の様な 少しカジュアルな

感じの神棚が最近人気です。

写真では写っていませんが、棚板上部の奥に

スリットが切ってあり、お札が倒れないようになっています。

 

お供え類が多い場合は 右側のモノであれば対応できます。

    

 

お札が裸のままでは、ちょっと。。。と言った向きには

岡山県神社庁さんが 手を差し伸べてくれます。

 

スマホやパソコンで、簡単なアンケートに答えれば

写真の様なお札入れ(お社)が無料で必ず貰えます。

岡山神社庁 お社無料進呈

興味のある方は 一度アクセスしてみてください。

 

 

今年も、マイペースなブログ更新に

なりそうですが 引き続き宜しくお願いします。

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2021-01-19 - 20:44
2021-01-10

皆さま、

明けましておめでとうございます。

思いもよらない一年を、なんとか

無事過ごせました。

公私にわたり、ご支援いただきまして

ありがとうございます。

おかげさまで、新年早々に見学会も

開催できております。

どうぞ、今年一年も

皆さまがお健やかで日々の暮らしを

楽しんでいただけるよう、

お手伝いが出来ればと・・・。

本年も宜しくお願いします。

ちなみに、ゴーストライターのBも

元気です。

 

 

posted by 武藤 | コメントする | 2021-01-10 - 15:53
2021-01-06

皆様、新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

昨年も、そして本年もコロナ一色ですね。

特に医療従事者の方々の切迫した状況をテレビなどで拝見すると、本当に大変で頭の下がる思いです。

 

私も年末年始のお休みは、近所のお参りと買い物くらいでほとんど外出しませんでした。

あとは自宅の床下に点検で潜ったくらいでしょうか。

 

その代わり、新書を数冊購入し、自宅にこもって読みました。

その中でも、ぜひ皆様にご紹介したい一冊があります。

 

本屋さんではタイトルだけ見て「最近よくある本だな」と思って通り過ぎたのですが、一緒にいた家族が読みたいというので購入したところ、ページ数が少ない割に、とても読み応えのある本でした。

 

読み終えた後の私の個人的な感想ですが「タイトルを軽くしすぎ」だと思います。

 

中で何度も登場している「スマホは脳をハッキングするためのツール」「脳の報酬系がスマホを離さない」というくらいのインパクトがあってもよいのではと思います。

 

特に小さいお子様がいる方、ついついスマホを手に取ってしまうのがちょっと気になっている方、ぜひお読みいただきたいと思います。

 

(以下、ネタバレになるところもあります。あまり内容を知りたくない方は以下は読まないでください。)

 

「どうせスマホが手放せなくなるとか、見すぎると眠れないとか、精神が不安定になるとかいう内容だろう」

と思われるかもしれません。私もそう思って通り過ぎようとしましたが、まさにその通りです。

 

ただ、この本では、それが偶発的なものではなく、「如何になるべくしてなっているか」が根拠に基づいて書かれており、説得力があるだけに、とても恐ろしく感じます。

例えば何らかの依存症について「依存症は、心が弱いのでも、頭が悪いのでもなく、脳の病気なのです。適切に診察して、治療すべき、脳の病気なので、気合で治るものでは無いのです、一旦現状を認めて、治療しましょう。」という内容の本を読んだことがありますが、それと似た感じを受けました。

スマホをついついしょっちゅう手に取って見てしまうことについて「ガマン強くないから、辛抱できないからではないよ、脳にそうさせるよう、脳科学の専門家なども参加して、最新の理論と技術に基づいてスマホ・コンテンツが作られているんだから。そうなるのは当たり前の代物なんですよ」と説明されている様でした。

 

 

もう一つ衝撃的なのは、スマホやコンテンツを「作り提供する側」が、「この現状は、狙い通りに、人間の報酬系をハッキングできている」ことから起こっているということを認識しており、さらに「現状は行き過ぎている」ことを認識しており、自分や子供にはデジタルツールを「使わせない、使いすぎない」と制御しているという内容です。

これは本当かどうか確認していませんが、ある人気の食品の製造会社の人は、自分の身内には自社で作っているものを食べさせたくない、という話を聞いたことがありませんか。作って、売っている側がその認識を持っているということです。

 

スマホだけでなく食事も遊びも何でもそうですが、やりすぎは心身の毒になります。

その中でも、常に携帯でき、いつでもどこでも使えるスマホ、ネットコンテンツ、SNS等は大変に制御しづらい物です。

 

便利なツールですし、何でもかんでもダメではありませんが、こういった情報を知って、分かってから使うべきと考えさせられる、良い本でした。

個人的には中学校、高校の保健か何かで必修科目にしたらどうかと思います。

 

ご興味があれば、ぜひご一読くださいませ。

posted by 岡本 | コメントする | 2021-01-06 - 12:22
2020-12-28

今年も押し迫ってきました。

 

今まで誰も経験したことのない 状況に置かれ

試行錯誤しながら なんとか2020年を終えようとしています。

 

お陰様で、経営的に悪影響が直撃するということもなく

多少 打ち合わせのペースが少なくなったり

お客様とリモート打ち合わせ(商談) が増えたりという

変化があったくらいです。

(もちろん 出来る限りの感染対策はしているつもりです。)

 

それでも 岡山県内での感染者数増加や、

近県の状況をみると 全く油断はできません。

 

当社のお客様の職業では

医療関係従事者の方が 非常に多いのですが

お話を伺うと やはり皆さん厳しい環境の中

ハードな勤務をされている。

今までと違った 仕事のやり方になっているなど

いうことです。

 

我々一般人は、とにかく感染リスクを減らす対策をして

これらの職業の方たちの負担を増やさないという努力をするしか

無いようです。

 

ということで、年末年始のお休みは

我が家の掃除と車を弄る等して

大人しくして居ようと思います。

ちなみに 5年半頑張ってくれた愛車130マークX君も

ダウンし、またクラウン(古い200系ですが)に

戻りました。

また、数年間一緒に頑張って走り回ってくれると

思います。

ドナドナされるマークX。

今まで、ありがとう。。。。

 

やってきた クラウンロイヤル。

車に興味のない人から見たら

おんなじ黒いセダンにしか見えないそうです。

 

 

 

ブログも 私個人の更新回数が激減しており

OB施主の皆様にも たくさんの時間、ゆっくりお話ししたり、

お邪魔したりがあまり出来ていませんが、

来年はこの辺を 特に重点的にフォローしていこうと思います。

 

バタバタしただけで 終わったようなこの1年でしたが

来年も気を緩めずに、引き続き宜しくお願いしたいと思います。

 

皆さん、良いお年を。

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2020-12-28 - 17:28
2020-12-19

2種類の形のタイルを組み合わせて色々なパターンが楽しめるタイルです。

お花模様も可能!

なんだかアメダスみたい!と思うのは私だけ?

カタログ施工例。

創造力をかきたてられますね。

タイルの種類は沢山ありますが、必ずサンプルをみて確認することをお勧めします。

カタログで見るのと現物では思っていたものと違うこともよくあります。

posted by 田淵 | コメントする | 2020-12-19 - 10:57
2020-12-18

4月のブログでご紹介しました色々な組み合わせができるタイルを使わせていただいたお施主様の

お家が完成しました(かなり前ですが・・・)

 

お施主様の好み、建具や床の色など考えてどんなタイルが合うか色々探したことを思い出します。

勝手口に続く開口に下げられた藍染の暖簾にもよく合っていますね。

キッチンやニッチなどにかっいいタイルや可愛いタイルを使って家づくりを楽しんでいただければと思います。

 

 

posted by 田淵 | コメントする | 2020-12-18 - 10:46
2020-12-12

今年の3月で入居3年。

そろそろエアコンの水漏れに注意!冷房シーズンに入って少し冷房を稼働させて

休みの日に水抜きポンプでシュポシュポ完了。エアコンの排水ポンプから水も出ているし、これで安心。

と思いきや・・・・。数日後小屋裏に上がると、なんとエアコンから水が噴き出している!

慌ててエアコン切るやら、ドレンの確認やら(暗がりの中・・・)水を拭くやら大騒動(😢)

数週間経ったある日、給気口の周り、エアコンの下にカビ発見。拭いた後かなり扇風機を回して乾燥したのですが。

そのまま打つ手もなく放置。

此方がその哀れな様子・・・

エアコンの下。

やっと重い腰を上げてカビ退治!ホームセンターでなにを使うか検討。布クロスなのでカビキラーなどの塩素系のものは

避けたい。探しているとこちらの布製品でもOKを見つけました。(注意書きを見ると水が染み込む素材の壁紙は使えません)

が、実験、実験。これでうまくいけばOB施主様にも紹介できる。

成分:L-乳酸、有機酸、リモネン、香料、界面活性剤(6%ポリオキシエチレンアルキルエーテル)

まずはカビの生えたところに吹き付けます。5分ほど置いて刷毛などでブラッシング。

その後固く絞ったタオルでたたくように拭き取ります。

上は作業後の写真、これで綺麗になるのか・・・不安。ジョイントに染み込んでる(😢)

扇風機を強にして数時間乾かします。

 

 

上3枚が概ね乾いた状態です。かなり綺麗になったような気がします。

実験した壁紙はかなりムフモフしていて汚れが取れにくい素材なので、フラットな素材ですと

もう少し効果が期待できるかと。

今後色の付いた壁紙に使えるか実験したいと思います。

 

 

posted by 田淵 | コメントする | 2020-12-12 - 11:32
2020-12-05

コスミック・ガーデンの住宅は、構造はツーバイシックスですが、内部のデザインは洋風に限るわけではありません。

構造とデザインは分けて考え、和室なども作っています。

 

何年か前から、内装デザインに使用する良い木(銘木)が必要な時にお世話になっている「中塚銘木店(岡山市北区石関町)」さんに行くというので、くっついて行ってきました。

 

立派な看板がかかっていますが、実はこちらは倉庫。

 

事務所は反対側。築100年以上?の建物ということです。

 

さて、目的は、現在建築中のお客様のカウンター材を探すこと。

監督の内藤とコーディネーターの田淵がメインです。

 

カウンターと言っても幅は80cm程、長さも180cmくらいがご要望とのことです。ダイニングテーブル並のサイズが必要ですね。

 

ご案内して下さっているのは、中塚社長さん。

何と11代目の社長さんだそうです。

何種類か見せて頂きましたが、色や木目の表情も様々。好みが分かれるところでもあります。候補になる物を見繕って頂いて検討することになりました。

 

カウンターの候補の木を見せて頂いた後は、初めてお伺いした我々のために倉庫内をぐるっとご案内いただきました。

 

何十年も倉庫で出番を待っている、様々な銘木達です。

 

とても分厚く、大きな板もたくさんあります。

今では採れないばかりか、このサイズの木材を切断する機械ももう岡山に無いというお話も。

お値段もものすごいことになりそうですね・・・

 

さらに2階まで拝見しました。

 

2階にも珍しい木が沢山あります。

 

このコブコブは、赤みのある高級フローリングで有名な花梨(カリン)です。

とても味があります。

ムリに家に組み合わせなくても、置いて鑑賞するだけでよいのではと思ってしまいます。

・・・と言っていたら、中塚社長から「実は、先日3mの大きな花梨の板が売れましたよ。置いて眺めるそうです。そんな大きくて重いものを家の中に運びこむ方法が分からないので、ピアノ屋さんに相談しています。」と。

とても大きなお宅なんでしょうね。

 

2階の奥で、ヌシのように立ち上がっているのは、大きなスギの輪切りです。

直径150㎝、厚さ10㎝くらいありました。

やはり観賞用で衝立(ついたて)にしてはどうか、という提案でこのように展示されていました。

和風のお屋敷の広い玄関などにおいてあるイメージですね。

 

こちらは黒柿。このコントラストが独特です。

 

コスミックの家は洋風なものが多いとは思いますが、これらの個性的な木を使うデザインも楽しめると思います。

ご興味のある方は、見学も可能ですのでお問合せ下さいませ。

posted by 岡本 | コメントする | 2020-12-05 - 18:54