家づくりブログ

2019-09-05

毎年何名かでお伺いしている株式会社ナイスさんのフェアにお邪魔してきました。

9月に入りましたが、まだ日差しはとても暑いです。

 

こんな大きな銘木や、フローリング材、壁などに貼る羽目板など様々な木材が展示されています。

フローリングなどの掘り出し物があったらまとめて仕入れることがありますが、今回はめぼしいものはありませんでした。

銘木にも興味津々の藤井です。

 

高級な家具や床材で有名なカリンもありました。

赤みを帯びた美しい色です。

 

銘木類は純和風建築のような建物を依頼されることが少ないのであまり使う場面はありませんが、様々な木目や色味の表情を持つ木を沢山見ることのできた展示会でした。

posted by 岡本 | コメントする | 2019-09-05 - 18:17
2019-08-26

たまにサーモカメラでの建物の撮影に岡山に来られる東京大学の前准教授(著書:エコハウスのウソ等)ですが、今年は冬、夏とも来岡されました。

 

倉敷市加須山の完成見学会とバッティングしたので、私は8/24,25とも見学会を抜けて前先生と9軒の建物の撮影ツアーでした。

 

麦わら帽子にジーパンという待ち合わせで見逃してしまう姿で登場。

 

色々な方にご協力いただき、東向きの窓とエアコンとの関係を可視化したり、

 

コスミックの見学会現場にも少し立ち寄ったり、

 

世にも珍しい「床冷房」のお宅を体感したり、

 

岡山名物のマスカットなのにサーモカメラで撮影するとピオーネに見えたりと、なかなか楽しい移動距離4百キロ弱、1日半の撮影ツアーになりました。

 

正直、猛暑の中を撮影したかったのですがギリギリ30℃という気温だったのが少し物足りませんでしたが、それでも雨や曇りの予報だったにも関わらず何とか撮影できる程度の晴れ~薄曇りでした。

「やっぱり神様はいますね!!」などと言いながら丸二日間の調査でした。

撮影することによる発見だけでなく、前先生から色々な話を聞けるのでいつも勉強になります。その内容は、またセミナーなどで共有させて頂きます・・・

posted by 岡本 | コメントする | 2019-08-26 - 18:40
2019-08-22

本日8/22のFM岡山の「命を守る家の性能」は、僭越ながら岡本の2回目の登場でした。

収録ではスタジオに社長と他スタッフ2名が一緒に入ってガラスの向こうで皆が見ていたため、とーっても緊張しました。

 

今回のテーマは「【入門編】たくさんの家を見てください」ということで、平均3社、検討期間半年で住宅会社を決める方が多いというアンケートデータに対し、10社、2年は見て頂きたいという内容でした。

 

また東京大学建築学科の前准教授のアンケートデータから「重要であると分かっていて、建築時に要望していたけど結局満足できなかった2大ガッカリ」として「温熱環境」「省エネ」がありますという内容をお伝えしました。

 

たくさん見て、ご自身の中に「ものさし」ができて、違いが分かってから決めていただきたい、ということを伝えたいと思い話しましたが、ちょっと熱が入ってしまい8分程度の枠のところ11分ほど話してしまいました。

本日の放送を聴いているとディレクターさんが上手に短縮して頂いたようで、お伝えしたかったことは全て含まれていました。

まだ早口で詰め込み気味ですが、少しずつ慣れていきたいと思います。

 

収録語の笑顔もまだ固いですが、前回より少しマシかと・・・

 

ちなみに「初登場」と書かれていますが2回目です。

来月も頑張ります!!

posted by 岡本 | コメント(2) | 2019-08-22 - 11:52
2019-08-21

当社も会員になっている「ホームビルダーズ研究会」という工務店の集まりがあります。

全国の工務店が定期的に集まり、勉強会や物件の視察を行って研鑽を深めています。

今月はその集会が岡山で開催されました。

当社の藤井は研究会の中で技術向上委員長という役割を担っているため、今回は技術色の強い勉強会となりました。

藤井から開催にあたってのご挨拶をさせて頂きます。

 

セミナー第1部では、屋根やバルコニーの換気部材などを製造している(株)ハウゼコの神戸社長様から、構造の腐食や金属部品の電蝕被害などの事例が発表されました。

世界中の建築基準や事故事例を調べ歩いている神戸社長の具体的なレポートは生々しく、目を見張るものがありました。

 

第2部では、十勝2×4協会の山口様に北海道は帯広からお越し頂き、講演をして頂きました。
(ちなみに沖縄からも2名の方がご参加いただきました)

冬はマイナス20℃を超え、地震も多い十勝地方で1974年から枠組壁工法(2×4)を取り入れてきた生き字引のような方でした。高気密高断熱性能と構造強度、高耐久性から徐々に2×4がシェア65%と軸組工法から取って代わりスタンダードになっていった経緯のご紹介は「要求の高い環境で、当然に良いものが選ばれていった」という正味の話と感じることが出来ました。

「自分の建てた家が地震で倒れて人が亡くなるなど考えられない。だから枠組壁工法にすべき」

「真冬は室内と外の気温差が50℃あり、2cmの隙間があるとすぐ結露する。施工する大工の覚悟が違う」

「2×4の地元の物件で実際に火事が起こった場合の被害の紹介」

など40名からの工務店の参加者を相手に、心に刺さる話が続きました。

私はこの方の話は昨年の2月に十勝2×4協会視察ツアーで聞いていますが、この話は本当に自分たちの選択が間違っていないと再確認できます。

 

1日目は座学で、2日目は現場視察です。

今回はコスミック・ガーデンの2物件を皆様に見て頂きました。

1棟目は当社事務所の隣のS様邸です。

 

住宅のプロでも、性能の高い住宅を本当に体感で知っているかどうかには差があります。参加工務店の中には高気密高断熱の住宅を建てられていない方もおられるので、10畳用エアコン2台で全館冷房している状況には驚かれていました。

またS様邸はドアや床材はホームビルダーズ研究会の事務局が製造・販売しているものでもあるので、実例としても参考にして頂けたと思います。

 

2棟目は今週末見学会を予定している倉敷市のH様邸です。

 

こちらは陶性外壁を施工しており、他では見られない質感なので、皆様興味津々のようでした。

 

また内部の壁紙やタイル、建具、設備関係も高級な素材が多く、非常に興味深く見学して頂けました。

「高性能だからといってデザインがおざなりになってはいけない。むしろデザインもレベルを上げていくべき」と藤井の説明。

「こんな壁紙を選んだら職人に怒られる」など、難しい素材を使い慣れていない工務店さんにとっていかに難しいかという声も聞こえてきました。

 

1日目は、耐久性・構造強度・気密断熱・換気などの基本性能を高く保つこと、
2日目にはその実例の体感と、そしてデザインも含めた空間の質の向上という、盛り沢山の充実した内容で2日間を終えることが出来ました。

 

志の高い工務店同士の良い家を作るための流れが今後も続けば嬉しく思います。
ご参加の皆様、お疲れさまでした!! ありがとうございました!!!

 

posted by 岡本 | コメントする | 2019-08-21 - 17:31
2019-08-09

オスモカラーという塗料をご存知でしょうか。
ドイツ生まれの木の表面のための塗料です。

コスミック・ガーデンでは、床表面をウレタンやガラスで仕上げるほかに自然塗料で塗る場合にはこのオスモカラーを使います。窓枠やコーナー材など、無垢の木を使っている場所で塗装する場合もあります。

そんなオスモカラーを販売しているオスモ&エーデル(株)の宮脇さんが当社で実演して頂きました。

オスモカラーと一言で言っても、室内用、屋外用、ワックスが含まれているもの、1回塗り用、2回塗り用など色々種類があります。

次々にページをめくりながら専門的なご説明がありました。ここでは詳細は割愛させて頂きます。

 

では実際に塗ってみます、ということで刷毛に付けてトントン、と板の上に塗料を付けます。

あれ、そんな少ないんですか?と思うくらいの量でもしっかり伸びます。

 

塗料の種類にもよりますが、素材の木目が透けて見えるくらいの塗りもあれば、種類を変えたり2度塗りをしたりして木目がほとんど見えなくなる塗り方もあります。様々な塗料を塗り分けて頂きました。

こうして並べてみると違いが分かりますが、一つだけ出されると分からないかも・・・

 

これは分かりやすいですね。手前側だけ2度塗りしています。
最近は「木の目があまり出てない方がいい」という方も多いです。

 

自然塗料は水に弱い、というイメージがありますが、オスモカラーは自然塗料の中でもコーティングがしっかりしていて水に強い方です。また透湿性はあるので、木が湿気を含んでも徐々に蒸散します。

 

宮脇さん「自然塗料というと、一度塗って拭き取るイメージがありますが、オスモカラーは拭き取りません。その方がコーティングが切れず全体にかかります。DIYでご自身で塗られる場合は、取扱説明書をしっかり読んでいただき、メーカー推奨の使い方をしてください。」とのことでした。

メンテナンスには専用のクリーナー材なども販売されています。

詳細はこちらへ → オスモカラーのオフィシャルサイトへ

 

 

posted by 岡本 | コメントする | 2019-08-09 - 21:02
2019-08-06

じっと立ってるだけで

倒れそうになるくらいの

猛暑続きです。

 

そんな中、見学会が終わった総社の現場で

スタッフ数名で草刈りです。

 

新調した 草刈り機も出動です。

 

工事期間中だけでなく、

完成見学会にも 快く土地をお貸しいただいた

地主の方へのせめてもの お礼のつもりで

草刈り&土入れ&整地を行います。

 

午前中に終わらせて 全身シャワーを浴びたかのような

汗ですが、お昼をかきこんだら すぐに高速で

赤磐市に移動です。

 

 

こちらは 地鎮祭前に草刈りと

建物位置だしの「地縄張」で、平尾監督とも合流。

 

とにかく無理をしないように

こまめな休憩と 水分補給です。

 

 

 

 

90Lのごみ袋 が刈り取った草で何袋も

満杯です。

 

途中、施主さんからも 凍ったスポーツドリンクなどを

たくさん差し入れいただき ありがたいことです。

本当に生き返った感じです。

 

 

 

 

基準点から 採寸し 建物の位置と

形状をロープで表示します。

 

写真のような 日陰と日向では

かなりの差が生まれます。

 

かるーい熱中症的な症状が

出始めたこともあり、この日は撤収です。

 

 

 

20代の若手スタッフも

麦わら帽子をかぶって頑張りますが

息が切れています。

それでも若いってのは大したもんです。

 

 

炎天下でハードな作業を毎日こなす

職人さんたちに 改めて敬意を表します。

 

 

水とスポーツドリンクと

塩飴を大量消費しながらの一日でした。

 

皆さんも熱中症にはくれぐれも

気を付けて この夏を乗り切ってください。

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-08-06 - 20:34
2019-08-01

当社の前に駐車される来客車としては非常に

珍しい部類の車がやって来てくれました。

日産 ℤ34 フェアレディℤ 370ℤです。

ホイールも20インチ。

マフラーも交換済。

マニュアルです。

 

良い感じに車高もダウンです。

コスミック・ガーデンの駐車場前の

歩道と市道には結構な傾斜があり

油断すると擦ってしまいます。

 

 

それにしても 好みのスタイルです。

ほれぼれ。。。。

 

 

さて、本題です。

 

ついに相棒のマークX君が

「ゾロ目」を迎えました。

ついでに外気温も 2桁のゾロ目です。

 

 

 

 

前車のゼロクラウンは23万キロ越で

さよならしました。

 

この春 車検を通したばかりのマークXなので

もうしばらく乗り続けることになりますが

果たして 何キロ走るのでしょうか。

 

 

それにしても 車って

お金かかりますね。

 

解り切ったことですが。。。

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-08-01 - 20:01
2019-07-26

新築工事以外でも 何かとゴソゴソやっています。

 

やはり大事なのは OB施主さんからの

依頼によるアフターフォローや修繕工事です。

 

一般的な リフォームのお問合せには

なかなか すぐに対応しかねることが

多いのですが、築年数の経過した

古いOB施主宅に関しては

設備機器の更新や、リフレッシュなど

時間的に可能な限り優先しています。

 

今回も、築20年経過の 南区のお宅の

クロス張替え、換気設備更新、網戸張替え

などなどを行いました。

 

 

施主さん所有の、納屋の中で

インテリア岡さんがクロスの糊付けです。

 

屋内では、当時よく施工していた

「サメジマコーポレーション」の

「珪藻土」(ノリなどの混ぜ物がなく

珪藻土本来の性能はきっちり発揮できますが

接着力が持続しない欠点あり)を

剥がします。

 

コウモリが侵入(屋内には到達しませんが)する

旧タイプの外部フードから侵入防止ネット付きの

モデルに交換します。

 

 

換気扇にロスナイを採用したので

給気口を増設します。

 

外壁がタイル張なので メンテ不要で

良いのですが、新規に穴を開けようとすると

苦労します。

 

 

ほとんどの部屋のクロスを張り替えます。

インテリア山崎さんも、お弟子さんたちを

連れて一気に作業します。

 

 

奥様が大の「スヌーピー好き」と言う事で

各所にスヌーピー柄のクロスを採用しました。

 

もちろん 一般的な ホワイト系の大人しい

壁紙もあります。

 

長年の劣化が嘘のように

綺麗になり 新築引き渡し状態です。

 

 

床材や、窓枠、廻り縁・巾木、ドア類まで

無垢材を使っているので

20年以上経過しても しっかり高級感は

保っています。

 

生活による くたびれた感を出す

壁紙さえ張り替えれば 高級輸入クロスを

張ったとしても バランスの取れた

上質な空間が戻ってきます。

 

 

 

もう1案件。

防火仕様の認定に不備があった

サッシについて

かなり時間はかかりましたが

メーカーの「LIXIL」さんが きちんと対応してくださり

この度交換することになりました。

 

 

従来は、アルミ樹脂複合サッシ(2010年当時)採用で

サッシ枠に換気カマチが装備された仕様でした。

 

今回 準防火地域対応認定を取得した

新製品は その換気カマチがなくなるため

壁面に給気口を新設します。

 

つまり、最新の新築と同様の給気口にが

装備されることになりました。

 

 

 

 

スタッドや配線など 邪魔なものが無い位置を確認して

西本電業さんが 穴あけを行います。

 

ツイーゲルやレンガ、タイルほど四苦八苦しませんが

砂モルタルの塗り壁外壁なので

それなりに時間がかかります。

 

 

 

Panasonic製 給気口で 花粉はもちろん

pm2.5も7割程度は除去する能力を持ちます。

 

最近あった 比較的作業の大きな 案件を二つ

ご紹介しました。

 

それにしても、OB施主の皆様

大切に使ってくださっていて

想いも強いので 家が愛されているんだなと

感じます。

 

まだまだ もっともっと長く

安心して快適な暮らしができるように

これからも アフターフォローしていきますので

宜しくお願いします。

posted by 妹尾 | コメントする | 2019-07-26 - 13:13
2019-07-25

いつも当社のラジオを聴いていただき誠にありがとうございます。

7/25(木)の朝のFM岡山をお聴きいただきましたでしょうか。

実は、FM岡山の毎月第2,3,4木曜日の放送のうち、第4木曜日は私がお話をさせていただくことになりました。

僭越ながらFM岡山さんのツイートにも登場です。

 

全く笑ってない(;’∀’)

この写真は7/25の収録ではなく、その前の18日の放送で「来週は岡本が出演します」のご挨拶だけ入った時ですが、緊張しすぎて顔色が悪いですね。

 

初回は、自己紹介も兼ねて特に基本的な内容にさせて頂きましたが、今後も自分の家創りを思い出して施主目線の内容を含めながら、家創りのお役に立てる情報をお届けできればと思います。

お聞き苦しいところも少しずつ改善していきますので、宜しくお願い致します。

posted by 岡本 | コメントする | 2019-07-25 - 18:11
2019-07-21

先日やっと我が家の庭が完成しました!

こちらが自宅完成時の写真です。とても殺風景です・・・。

当初は資金も使い果たし、庭まで手が回らない状況。

自分で花でも植えようかと。

しかし・・・。土が固く砂利がいっぱいでとても自力では無理なことがわかりました。

で、今年の春にやっとレンガを敷いて少し庭らしくなりました。

しかし・・・。やはり花壇がなかなかできず・・・。

ついに先日プロの庭屋さんに植栽をお願いしました。

お願いしたのは”スペース・グリーン 幸”さん。

あまり大きくならず、手入れが簡単で季節が感じられるものなど

色々注文を付けてご無理を言いました。

何とか庭らしくなったかな?家の中からも緑が見えて癒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

住んでみて、いろいろ考えが変わるので庭造りはゆっくりとしたほうがいいかなと感じました。

さあ!これからお花を植えよう!

posted by 田淵 | コメントする | 2019-07-21 - 17:03