企業理念

Our philosophy
善であることを前提とし、人にとり社会にとり、真に有用な事物を開発提供することにより、人々の生活(人生)を支え、調和した世界の創造に寄与する。
President message
創業 ―
物創りより利益の創出に狂気したバブル期の後に、本質的に良い住宅を創りたいという思いで創業いたしました。
住宅創りとは ―
隠れ家である洞窟が住宅の原型であるならば、住宅は人の命、健康を守る安息の場であり、人の命に関わり左右することを考えると、住宅の建築は医療と同等の真剣さで取り組むべき仕事だと思っています。
住宅の本質と可能性を追求し続ける ―
人の命を高い次元で守るだけでなく、住空間の質を高めることで免疫を高めることも可能です。空間の質を解析することでより良い空間が創造できると考えています。
これから ―
住宅創りで培った技術を、周りに伝播させるだけでなく、その技術を利用して有用な様々な事物の開発も進めていきます。

代表取締役

藤井 好雄

商売第一主義ではなく「住む人第一主義」。

コスミック・ガーデンは家づくりを単なるビジネスとは考えていません。当社は医療と同じくらい人の命と健康を大切に考え、それを育むことができる住空間をつくるために立ち上げた会社であり、商売を第一の目的として住宅建築を始めたわけではありません。その想いに賛同するスタッフが集まり、業界の常識に囚われることなく、住む人の立場主義で良い住宅の可能性を追求しています。

家づくりへの2つのアプローチ

一つは住宅が原因となるマイナス面を限りなく減らすとこです。例えば粗悪な建材や身体に有害な素材を使わない、温熱環境や耐久性・エネルギー性での負荷となる要素を減らすこと等で、これは住宅の「しょうがない」や「不便さ」をゼロに近付けるアプローチです。
もう一つは暮らしや身体にとってプラスになる要素を考えることで、例えば健康増進効果など「活性化」や「便利さ」を増やすアプローチです。当社はこの暮らしのプラスになる要素を今後も新しく様々な方面から研究したいと考えてます。

住宅に新しい価値をつくっていきたい

例えば近年、住宅は発電・蓄電・EV車の活用など「エネルギー基地」としての新しい価値観を生み出しました。それと同じように当社は家の新しい可能性を追求したいと考えています。例えば将来「免疫が高められる家」「病気にならない家」などができればそれは今までにない住宅の価値になるのではないでしょうか。そのためにも今後「生理学」や「バイタル研究」「音の効果」など多方面の研究に取り組む予定です。但し挑戦はしても冒険はしません。少しずつでも確かな住宅の機能をご提案できるよう努力を続けます。

こういう工務店があってもいいじゃないか

コスミック・ガーデンは家づくりにおける技術も性能も、またプロセスも他社とは異なる部分が多くあります。その意味では岡山の業界では異端児的な存在かもしれません。しかしこういう工務店があってもいいではないかと考えています。お客様が当社と接することで住宅の本質を考える機会になり、住宅の知識が増えたり、また比較検討の選択肢の一つになればそれだけで存在意義はあると考えています。お客様にも是非そうした意義で当社をご活用頂きたいと考えます。

年間約30棟まで、棟数拡大ではなく質にこだわる

当社は商業第一主義ではないので、建築棟数の拡大路線は考えていません。年間棟数は約30棟までとし、あくまでもその品質にこだわる家づくりを実践しています。また住宅に本来のコスト以上にムダなコストをONしないためにテレビCMなど高額な広告宣伝を行わず(ラジオ番組で情報提供中)、ほぼ実費による建築価格を実現しています。これもいい素材をなるべく安くご提供するための品質本意の考え方です。

家づくり技術を無償で提供

当社では、気密・断熱性能の造り方や屋根の二重化技術など、業務提携によりそのノウハウは無償で同業他社に提供しています。現在、兵庫県と三重県の企業に技術提供し、現地のお客様にもその会社の建築実績として評価を得ています。また業者向けの技術セミナー等にも出向いており、いい技術はどんどん業界で共有して欲しいというスタンスです。 また今後は技術の他に、当社が関わる建築資材についても販売や共有を推進する方針です。