マネープランの考え方

家に掛かる金額は建物だけではない?
坪単価をどう考えるか。メンテナンス費をどう考えるか。

家のマネープランは建てて終わりではない。

家づくりの「マネープラン」といえば土地と建物だけをメインに考えがちですが、建築後も含めて家に掛かるお金という点ではメンテナンス費も大きなウェイトになります。また住宅の価格を比べる際の「坪単価」も、同じ住宅であっても算出方法で10万円以上の開きができる場合があります。資金計画を立てる際にはこれらの要素を含めて考える必要があります。

コスミック・ガーデンのマネープランの考え方

当社の住宅に掛けるお金の考え方は、まず初期費用でしっかりとした性能を確保して入居後のメンテナンス費やランニングコストを極限まで抑えるという方向です。初期費用が安くてもメンテナンス費が膨らむ家はそれだけお客様の生活にこの先見えない負担を強いることになります。それでは安心した暮らしにはならないと考えます。
また初期費用はそれを抑える住宅と比べ高くなっても、その額は何のためにどこに掛けるのかをお客様が明確に把握できるお金です。当社ではそうしたメンテナンス費を抑え、将来に不安のない住宅を基本としたマネープランをご提示しています。

坪単価についての注意点

坪単価には「床面積坪単価」と「総施工面積坪単価」があり、前者には吹き抜けやベランダ、屋根裏、外の玄関周りは含まれず同じ家でも十数万円も変わってきます。また当社では行いませんが、坪単価を安く見せる場合には電気工事、設計費用、申請費用等や、アミ戸等の付帯品までを本体価格に含めないケースがあり、坪単価は安くても後から全体資金が膨らむことになります。
つまり坪単価の見せ方は意識的に操作できるものなので、坪単価を判断のよりどころにすべきではありません。当社はあくまで全体資金で考えるスタンスです。

お金についての流れ

① 概算資金計画を立てます

想定される土地・建物の条件やご要望を元に、概算の総費用を算出します。次に、その費用を支払うための自己資金とローン支払い額のシミュレーションを行います。
さらに後々の暮らしまで想定外の数字が出ないように、関わる全てのお金を見直される場合には、専属のファイナンシャルプランナーがライフスタイルに合わせて生活費の見直しのお手伝いをさせて頂きます。


【資金計画の内容】
●建物の費用
●土地の費用
●地盤改良費
●屋外給排水工事費
●照明やインテリア費
●ローン他の申請費
●自己資金と生活費とローン費用バランス等

② 住宅会社決定からローンの申込み

当社の資金計画がOKで当社で決定となればお客様に最も有利な金融機関を選択し、住宅ローンの申請をスタート。

③ 金融機関との手続き

金融機関へ融資の申込を行います。

④ 中間金のご入金

当社では本契約時に契約金、上棟時に一部費用のご入金をお願いしています。ただし、上棟時にそれまでの進捗以上の費用は頂かないようにしています。

⑤ 完成から融資の開始

建物の完成時から融資が実行され、月々のお支払いがスタートします。