施主様用よくある質問

INDEX

【ウィンターガーデンの開閉】夏の例

夏のウィンターガーデンの窓の開閉パターンの一例をご紹介します。

(晴れた昼間)
外側の窓を開け(網戸)、内側の窓を閉める

ウィンターガーデン内は暑くなるため、室内側を閉めて、暑さを中に入れない。

※洗濯物を干しているとき※
晴れて暑いときや風があるときは、外側を網戸にしているとよく乾きます。曇りや風が無い日で、乾きが遅いようでしたら、扇風機で風を当てるなどしてみて下さい。

(夜や雨の日)
暑い夜は外を開け、内を閉める
涼しい夜は外も中も開ける
雨の日は外も中も閉める

曇りや雨で、湿った空気が中に入り不快になりそうな場合は、外側も閉めます

※洗濯物を干しているとき※
外側の窓を閉める場合は、換気扇をONにし、内側の窓を少し開け、室内の空気が洗濯物の間を通って排気されるようにして下さい。それでも乾かないときは、扇風機や除湿機を設置して乾かすようにしてください。(夜や雨の日は特に)

★ご注意事項★
洗濯物を干してウィンターガーデンを締め切ると、湿気の逃げ場が無くなり、窓や壁が結露しますので、湿気を出すことをを忘れないで下さい。また夜や留守の時にウィンターガーデンの外側を開ける時は、防犯にご注意頂きますようお願い致します。