住宅スペック

INDEX

換気

換気の目的

日本では2003年に施工されたシックハウス対策に係る法令のため、住宅は1時間に0.5回以上の換気が建築基準法により義務付けられています。ただし、これはビニールクロスや合板などから放散された化学物質により様々な疾患が発生したため、それらの化学物質を排出することを目的として作られた法令です。つまりそのような化学物質の放散量の少ない建物であれば、ここまでの換気は必要ではなく、空調熱のロスにもなります。本来人間の呼吸の二酸化炭素の排出ということであれば、一人当たり1時間に30㎥程度の換気が適量というのが当社の見解です。(しかし、法令遵守のために1時間に0.5回以上の換気が可能な換気装置を実装しています)

 

換気方式

当社ではシンプル・低価格でメンテナンス性の高い壁付式第三種換気方式を採用しています。

これは、トイレやシューズクロークなどのダーティーゾーンに取り付けた排気ファンから建物内の空気を排出し、それにより建物内の空気圧が低下するため、各居室の給気口から少量ずつ外気を導入する換気方法です。

気密性能が高い住宅であれば、想定外の隙間からの給気は少なく、給気口から排気ファンへの計画換気を行うことができます。仕組みが単純で分かり易く、手が届きやすいので清掃やメンテナンスもしやすい、お勧めの換気システムです。

 

他の換気方法は?

○第二種換気

二種換気とは、外気の給気を機械で行い、それによって室内の空気圧が上昇することで、圧力差によって自然に排気口より排気されるという方式です。外気を1ヵ所から導入する仕組みが作りやすいことや、建物に少々の隙間があっても室内の方が圧力が高く外気が侵入しにくいことから、クリーンルームや無菌室などで採用されている方式です。

住宅に採用されているケースは少ないのですが、当社でも実証実験を1件と、実装を1件行っています。(2019年4月現在)

メリットは、1ヵ所から導入した空気に対し、高性能の電子フィルターで空気中のP.M.0.3といった微粒子まで除去できるシステムを構成できることや、エアコンによる空調・除湿を導入空気に対して集中的に行うことができ、より良質な空気を作ってから各部屋へ分散させることができる点です。

実際にお客様宅に導入することにより、良好な結果を得ています。

⇒ 「性能の検証・二種換気

なおこの換気方式も気密性が高いことが必要条件です。

 

下記の換気方法は採用しておりません。

○ダクト式第1種換気方式

第1種換気とは、給気も排気も機械で行う換気方式で、家じゅうにダクトを張り巡らせて給排気を行うダクト式が一般的です(ダクトレスの第1種換気もあります)。このダクトの中にホコリやカビが溜まる可能性がありますが、清掃が難しく、ダクト式の空調・換気システムで先行しているヨーロッパやアメリカなどでは専門業者がいますが、日本ではそこまでメンテナンスの仕組みがありません。また床下にも空気を流通させる場合もありますが、湿気が原因でカビの発生などが報告されています。(日経ホームビルダー2015年9月号等に継続的に調査記事あり)

十分なメンテナンスや逆流を考慮され、問題なく運用されている施工者様まで否定するものではありませんが、弊社としては、手が届かない場所ができてしまう複雑なシステムはリスクが高いと判断しています。

 

○熱交換換気

例えば冬に導入する0℃の外気と、排気する20℃の室内空気を、換気システム内の同じ熱交換素子を通過させることで熱を移動し、排気を4℃、給気を16℃にするという、室内空気の熱を再利用する仕組みです。第1種換気装置に付加機能として内蔵されているケースが一般的です。

この方式は、関東以西の気候では効果が小さく、エネルギー的にメリットが無いため、コスト面でも初期費用が回収できません(日経ホームビルダー2015年9月号 高知工科大学 田島准教授)。岡山市ではデメリットの方が大きくなります。東北や北海道などのエネルギー的にメリットがある地域でも、ダクトの問題などから採用は半々ということを現地で確認しています(むしろ中四国地方の方が多いのでは、とあるメーカーから言われたこともあります)。岡山県北の寒冷地でも、採用する場合は十分な検討が必要と考えます。