性能の検証

INDEX

WIB工法「振動・液状化対策実験」 ------ 水平振動を1/5、鉛直振動を1/2に低減

●WIB工法は「地盤補強」+「免振効果」+「液状化対策」がセットになった地盤改良工法で、一般に行う「地盤補強」とは異なりプラスアルファとなるオプション工法です。一般の地盤補強よりコストは高くなりますが、免振効果、液状化対策もセットなのでそれらを個別で施工するコストを考えるとWIB工法のコストメリットは大きいといえます。

●当社では専門業者のご協力のもとWIB工法による地盤改良を行う前と後で土地の強さがどれだけ変化したかを独自に検証。これは土地に重機による水平打撃加振や鉛直打振、走行加振動を加え、土地の数カ所に埋めたセンサーによって振動の加速度や振動数、減衰率等を測定するものです。

●測定データは膨大に及びますが端的にまとめると、WIB工法により水平方向の振動を1/5に、鉛直方向の振動を1/2に低減させる結果を得ています。

▼WIB工法

・支持杭をハニカム型のセル構造体として形成し制振層を設ける。セル構造体は液状化にも効果を発揮する。その上に免振層を設けて地盤を強化する。