現場建築日誌

INDEX
2007-10-30
N様邸(倉敷市)

  コスミック・ガーデンでは、基礎のアンカーボルトに溶融亜鉛メッキを

 施しています。

 溶融亜鉛メッキとは、最近の信号機、電柱、ガードレールなどに採用

 されている、濁った銀色の ドブ漬けのメッキで 

 屋外に放置していても約100年錆びることの無いものとなります。

 Z55という皮膜の厚さが重要で、一般的な亜鉛メッキと一線を画した長期耐久性能

 を誇ります。

 このアンカーボルトを使用することにより、

 年数が経過しても、基礎の表面に錆による赤茶色の雨垂れ跡が付くことが

 ありません。      値段は普通のユニクロメッキ(金色っぽいメッキ)とは

 比べかなりお高いものです。

 工程的には前後しますが、これは基礎工事にかかるとき、地面に埋めさせて

 頂いた「鎮めもの」です。

 地鎮祭をして頂いた神社さんより、お預かりしていたものです。

 一般的には、勾玉(まがたま)、人形(ひとがた)、刀、鏡

 などをかたどったものが封印されているそうです。(分解して中を見たりしてはバチがあたりますよ)

 

 N様もちゃんと埋められているかご心配されていると思い、この場に

 アップさせていただきました。

| 2007-10-30 - 00:00