現場建築日誌

INDEX
2021-10-14
A様邸(岡山市北区足守)

基礎工事が進んでいるA様邸。

 

配筋検査を受けられるように、

鉄筋組を急ぎます。

 

 

ベタ基礎外周部の配筋です。

 

 

外周と内部立ち上がりの接合部です。

「地中梁」の感じです。

 

 

 

使用する異形鉄筋の太さの比較です。

上段が16㎜。

下段が10㎜。

 

この間に13㎜という よく使われるサイズも混在します。

 

 

10㎜を2本束ねるより、

16㎜1本の方が 引っ張り強度も強いという

データも有ります。

 

 

 

地鎮祭で、宮司さんから 託っていた

「鎮め物」も しっかり位置と方角を見て、

鎮座頂きます。

 

この後、基礎配筋検査を受けることになります。