現場建築日誌

INDEX
2021-03-27
N様邸(倉敷市玉島乙島)

本宅と新築の建物の間が 土のままでしたが

自転車や歩行者の歩きやすさや

水の流れを考えながらの 収まりが何とかつきました。

 

 

アプローチと、ガレージ内の土間天の違いや

勾配の角度の差も 大した影響なくすんなりと解決しました。

 

 

クリアマットの熱線遮断ポリカ材を使ったテラス屋根は

居室内が暗くなったりする事無く、前出しの邪魔な足が来ない

片持ち方式で 下も通行しやすくなっています。

 

 

南面では、同じくリビングが暗くならないように

クリアマットのポリカーボネートを採用し、

出幅も微調整して、出来るだけ前に出しました。

自転車置き場としても活用できます。

 

新設の立水栓もあるので

洗い物も出来ます。