現場建築日誌

INDEX
2021-07-31
A様邸(岡山市北区足守)

土地決済も終わり、解体工事に取り掛かります。

大きな家で、勉強部屋の様な「離れ」もあります。

この物件もホーロー扉のL型キッチンが

装備されていました。

経過年数の割に、ホーロー部分はきれいなものです。

やはり、耐久性と清掃性の高さは実証される素材であると

再認識させられます。

 

 

和室の二間続きがあります。

 

違い棚やも有って、しっかりした書院造の

和室でした。

 

 

階段も当時、人気の有った

飾り手摺柱タイプです。

 

小さな子供は、怖がって中々昇れないということが

よくありました。

 

 

高齢者の方がお住まいだったのか

あちこちに手摺が 設置されています。

 

 

用途がはっきりしませんでしたが、

深さ2mくらいの筒状の巨大な「桝」の様なものに

重いコンクリート蓋が乗っていました。

排水用でもなく、貯水槽でもなく。

 

当然解体、埋戻されます。

 

 

 

先ずは、畳の搬出や、サッシや設備品を手作業で

外して、持ち出します。

 

屋根瓦も同様です。

 

 

解体作業も、分別や健康被害の可能性のある建材の扱い等々

年々、厳しくなり 解体費用を押し上げてきています。

 

まだまだ、解体は始まったばかりです。