家づくりブログ

2021-06-05

皆さま、ご機嫌よう。

ゴーストライターのBです。

またまた、ご無沙汰してしまいました。

 

本日は、アルジ宅の換気扇のお話し。

 

緊急事態宣言に伴って、アルジ宅の奥さまも自粛の毎日。

数日前から、どうもトイレの換気扇の音が 大きいような・・・。

今朝、重い腰をあげて

行動に移しましたら、な・なんとまぁ!

こちらは、1階のトイレ、道路に面してます。

あらあら、やっぱり!!

カバーは水洗いして、天日干し。

モーター側は、まず埃を取りましょう。

掃除機で吸わせて、モップを奥に突っ込んで

埃を掻き出す、掻き出す。

出るわ!出るわ!

次は、外へ回って掃除機を。

ここも、結構な埃でしたよぉ〜。

ついでに、2階のトイレも。

やはり、汚れてました。

せっかくなので、リビングの換気扇も。

 

2階リビングで、

道路側ではないからでしょうか?

ほとんど、汚れなし!

ひと安心です。

毎日を快適に過ごすためには、

手をかけなければいけません。

 

それでは、この辺で。

 

 

 

 

 

 

posted by 武藤 | コメントする | 2021-06-05 - 14:18
2021-05-26

先日、樹脂窓メーカーのエクセルシャノンの新商品内覧会に招待され、訪問してきました。

当社は約10年くらい前からYKKAP社さんの樹脂サッシを使い続けていますが、それ以前は(私の家も)TOSTEM(現LIXIL)だったり、その前はまた他のメーカーだったりしたこともありました。すべての建材において、品質が良く、施工に問題がなく、価格も低ければ切り替えることもあるというのがコスミック流です。

いつの間にか良品を見逃すことがさないように、採用していないメーカーさんの商品の調査も欠かせません。

 

特にこのエクセルシャノン社には、今年パナソニックの資本が49%も入っており、商品力が上がるのではと思われる節がありました。

丁度その花火を上げるタイミングということでしょうか。

 

 

さて、展示会場に入ってすぐ本日メインの新商品「SPG」がどーんとセッティングされていました。

アピール商品らしく、横に「撮影OK」との看板が立っています。

 

 

パッと見、枠にウレタンを注入した普通の樹脂サッシトリプルガラスに見えますが、一番内側の層に、パナソニックの技術を使った真空2枚ガラスが使われています。YKKさんのAPW330真空トリプルのさらに1枚増しですね。

U値は0.52。ほとんど壁レベルの断熱性能です。なんという窓でしょう。

 

以前LIXILさんが発表して少し盛り上がったけど住宅ではなかなか使わないだろうと思っていた5枚ガラス樹脂サッシの「レガリス」を彷彿とさせる性能です。こちらも壁窓ですね。

フレーム高性能化

こちらはLIXIL社発表U値0.55。

ということはシャノンの勝ち?と単純に思われるかもしれません。

 

ただこのように商品発表時に使われる代表値は

・JIS規格に沿っている測定方法とは言え、建材試験センターなどの第三者機関での測定ではなく、各社それぞれの社内測定値のため公平な比較かどうか分からない

・小さいサイズの縦すべり窓などいい数字が出る窓の値なので、種類や大きさが異なるとU値も異なる

というところなので、参考程度でお願い致します。

 

こういう数字競争も2桁目、3桁目の数字の小競り合いになると本質論から離れる場合があります。

車のカタログ燃費と同じでしょうか。実生活に影響あるのかと。

 

さて、とは言え高性能であることには違いありません。

 

それを実証する展示物がありました。

ガラスとアルミで作られた箱の中には、ビニール袋に大量の氷が入っています。

対して、各ガラスの外側がどのくらい冷たくなっているか、というのが一目で分かる展示物です。

ガラスの性能について分かりやすいですよね。

 

外気温27.3℃に対し、右側のトリプルガラスでも23.3℃。

それに対し、左のSPGは26.5℃です。さすがほぼ壁。とても高い断熱性能ですね。

 

この窓が優秀なのはよくわかりましたが、先ほどのこちら↓と同じで、

フレーム高性能化

こういった突き抜けすぎた商品は、パナソニック資本参加などの旗印として発表されるフラグシップ商品の位置づけで、値段も突き抜けすぎたり重量が重すぎたりして実際の住宅には使えなかったりします。それも織り込み済みで技術力アピール・インパクト優先で開発されるものと解釈しています。

たまにとても裕福な方のお宅やこれまた某社のフラグシップモデルハウスで使用されたりしますが、ほとんどタイアップのノリではないかと。

 

展示場の入口のこの旗商品で度肝を抜いておいて、その後は地味にしっかり作ってますよ、という展示がたくさんあり、とても興味深いものだったのでした。残念ながらすべて撮影禁止マークがついていたのでここではご紹介できませんが、企業努力が見られ、一見では採用も可能ではと思わされる内容でした。

 

 

日本の住宅の窓もいよいよ本格的に世界に通用するものが増えて、しのぎを削る時代に入ってきたのかなと思わされる日でした。

一つ前のブログのタスクフォースの動画の中にも出てきますが、日本には、他の先進国では使ってはいけない性能の窓がたくさん売られています。

 

日本は、値段は高くても本質的によいものが広がりにくいところがありますが、見た目だけかざった安物や、お金儲けだけが目的のものでは無く、本当によいモノを提供する企業が増え、そういったものが標準的に広がっていき、国民全体の生活の質が上がっていくような国になってほしいですね。

posted by 岡本 | コメントする | 2021-05-26 - 16:11
2021-05-20

内閣府の「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」というものをご存知でしょうか。

教科書的な内容はこちらの【公式ページ】をご覧いただくとして、これまで国際的なCO2削減の宣言を達成するために住宅産業に課せられてきた省エネと再エネの課題について、テコ入れ会議が2月に行われていました。

 

ZOOM形式でしたが、河野太郎行政改革担当大臣、住宅の再エネ・省エネの推進に取り組んできた方々と、国土交通省や経済産業省、環境省の担当の方々といった当事者同士の会議が、なんとyoutubeライブ配信で公開されていました。

 

住宅の断熱性能の中身や義務化について何度もロードマップが作られては骨抜きにされてきたことは、ご存知の方も多いかと思います。

そのグレーゾーンにメスを入れ、今度こそ中身のある住宅施策が動き出すと思わされるようなシビれる内容でした。

 

特にご覧いただきたいのは、下の部分です。

 

★★★時間の無い方はここだけでも。1:56~2:03(最後の7分間)の河野大臣の発言

日本の住宅の高性能化は待ったなしであるということが伝わればと思います。

 

★0:38あたりから1:00あたりまでの東京大学前准教授の報告内容。

日本の住宅事情と目指すべき方向の提言がされています。

 

★1:23あたりからの質疑応答。

なぜ骨抜きになっているか、これからどうすべきかということについて

委員の皆さんから激しい質問が国土交通省の担当者の方に投げかけられます。

河野大臣の最後の締めが厳しい言葉になった前段の雰囲気が伝わると思います。

 

 

(ちなみに余談ですが)

前先生のスライドのサーモの中に私も1ヵ所小さく映っていました。寒い家の例の方ですが(^^;

撮影に協力した者として少しでも役に立っていればと思います。

 

 

posted by 岡本 | コメントする | 2021-05-20 - 19:46
2021-05-11

事務所の玄関で立ち話が盛り上がっています。

凄腕塗装屋さんの大島塗研の蒲(がま)社長が、塗りサンプルを持ってきてくれていました。

 

染色によって木目が浮き上がる、風合いのある塗装です。

木の表面の場所によって、染料の吸い込み量が異なることから、濃淡が出るし、手間もかかるとのこと。

最表面のウレタンコーティングによって鮮やかなつやのある仕上げが完成するまで、なんと6回塗りだそうです。

 

他にもグリーン、無色などのパターンサンプルも作ってきてくれました。

木の目の味わいも活かした仕上がりに、代表の藤井もコーディネーターの田淵もテンションが上がります。

 

内装工事中のお宅の玄関のデザインとして検討するようです。

青い木材の左横に置いているイタリア製のタイルとの組み合わせが良いかと。

写真で分かりにくいのですがタイルも塗装木材もどちらも表面につやがあり、とてもきれいです。

 

今後の見学会でお目見えするかも・・・。

壁の上から下まで貼ったらどのようになるのでしょうか?楽しみです。

posted by 岡本 | コメントする | 2021-05-11 - 16:14
2021-04-28

皆様、本日のOHKの「なんしょん?」はご覧頂きましたでしょうか?

 

土曜日の昼から、水曜日の夕方に変わった初回でした。

 

イオンモール岡山のスタジオミルンでの生出演も板についてきましたね~。

本日はリモート参加の浅越ゴエさんにいじられる場面も。

ジャケットは負けてませんよ。社長!!

 

今回から時間が長くなり、ロケ映像も入ってます。

テーマは電磁波対策住宅ということで、実際に対策を行った工事中のお宅でのロケでした。

 

広島まで通ってセミナーを受け、資格(電磁波調査士)を取った知識をベースに解説させて頂きました。

 

来月以降も、ロケ映像を交えた放送になりますので、第4水曜日の16:15からのOHK「なんしょん?」をぜひチェックしてくださいね。

posted by 岡本 | コメントする | 2021-04-28 - 20:28
2021-04-24

最近のお客様の8割以上に設置されている

ドイツ製食器洗浄機 「ミーレ」や「ガゲナウ」などを

取り扱う代理店 「(株)藤和」さんの玉野のショールームに行ってきました。

 

 

入口正面に ドーンとミーレ食洗器のフェイスの仕上げ違いが並び

「miele」のロゴがレゴブロックの様なものでオブジェ化されています。

 

 

ミーレ他 食洗機についての解説は

ここでは省きますが、とにかく洗浄力が強く、

予洗い不要、たくさんの食器数が一度に処理できる、

などなど 特徴は沢山あります。

 

 

そんなミーレたちですが、現在コロナの感染拡大をはじめ

様々な要因が重なり、日本国内の需要と供給が

全く取れていない状況で、新型71シリーズは勿論

旧型に当たる66シリーズも在庫の取合いや、

納期未定が発表されています。

 

 

 

クリナップさんはじめ、大手キッチンメーカーさんも

ちょっと前から、ミーレなど外国産食洗機の受注を停止。

カタログからも外れているような状況です。

 

約1年前に起こった、トイレが入荷出来ない。

ということがありましたが、極論を言えば食洗器が無くても

普通の生活は可能なので、旧型でもあれば入れるか。

納期未定の新型を待ち続けるか。

ということになります。

 

と、言っても旧型でも確実に納品できる

保証は厳しいようですが。。。

 

メーカーを替えて「ボッシュ」や「ガゲナウ」を

希望しても 絶対的な品不足は変わらないようで

全国的に困っているようです。

 

 

 

さて、困り事はこの辺で。

 

ミーレの洗濯機、衣類乾燥機についてお話しします。

 

近年 人気急上昇中のガス衣類乾燥機「乾太くん」に対して

電気の衣類乾燥機がミーレ製で用意されています。

 

 

 

国内の家電メーカーさんの様に、洗濯機と乾燥機を1台にまとめることを

していません。

 

「洗う」と「乾かす」という工程や衣類に作用する

モノが全く逆ということもあり

両方を一度にこなすためのドラムを作ると

中途半端な内容になる。という判断のもと機能=目的を

キッチリ分けています。

 

下の写真は、「洗濯機」のドラム内側。

 

洗剤と水がしっかり絡まり回っては落ち、回っては落ち、の動作が

しやすい表面処理とハニカム形状の凹になっています。

 

 

 

下の写真は 「乾燥機」のドラム。

繊維に引っかからないように、温風を衣類間に通しやすくするような

ハニカム状の凸形状。

しかも乾太くんのDXモデルに負けないくらいの綿埃の取りやすい

デザインとなっています。

 

ひとつの機能に特化したモノづくりの考え方が

貫かれています。

 

 

 

 

パッと見、「いまさら?」みたいなキャニスター型の

掃除機です。

これもミーレ製。

 

国内の家電メーカーは コードレススティックタイプの

ダイソンに追い付け追い越せで そのカテゴリーの製品を

どんどん発売してきています。

 

それに対して、こちらは とにかく強力な吸引力と

排気のキレイさ。

紙パックの造りの良さも相まって

1シーズン1枚で良いパックと、

手元操作の多い、国産メーカーに対し

「足」でオンオフするスイッチや

強弱調整が特徴となります。

 

また、キャニスター(コマ=車輪?)のすべてが

自由にあらゆる方向に向くことが出来るため

転んだり、引きずって重さを感じたり

することもありませんでした。

 

文章で説明してもなかなか伝わりにくいのですが

同行したコーディネーターの田淵も

会社で買って欲しい。と懇願しているくらいの優れモノです。

 

 

社屋の外にある看板には取り扱いメーカーが表示されています。

今回ご紹介した家電以外にも、

めちゃめちゃ 美味しいコーヒーを煎れてくれる

「コーヒーメーカー」(この機械でカフェをオープンしてる方も

いらっしゃるそうです)や

従来と違った思考で作られた 「冷蔵庫」、

「電子レンジ」や「オーブンレンジ」などもあります。

一見の価値ありです。

 

 

。。。ただし、 お値段もそれなりになります。

 

でも、部品供給などについては国産品より長く

リリースされており、使い方によっては

長く使ってコスパが良くなるという考え方でもあります。

 

 

 

お店は こちら↓ です。 予約してくださいませ。

お勧めできる ヨーロッパ(ドイツ)製 家電製品たちです。

https://towakk.tumblr.com/

posted by 妹尾 | コメントする | 2021-04-24 - 18:49
2021-04-18

皆さま、ご機嫌よう。

ゴーストライターのBです。

久方ぶりの投稿になってしまいました。

ライター以外の仕事が忙しく、

こちらが疎かになっておりました。

本日は、お風呂のお掃除編。

年末の大掃除から、

はや4ヶ月も経ちましたので、

そろそろ念入りにと・・・。

昨夜一晩風呂釜の発泡洗浄したついでに、

洗い場の此処も!!

結構な汚れですよぉ〜。

ネジを外して、ギャオ〜!!

怠慢してはいけません。

オキシクリーンでゴシゴシ。

すっかりキレイになりました。

気持ちもスッキリです。

主人宅は、建築から6年目。

おかげさまで、

一年を通して快適に過ごしております。

物騒な世の中ではありますが、

どうぞ皆さま、お健やかに・・・。

posted by 武藤 | コメントする | 2021-04-18 - 14:31
2021-04-12

とても嬉しいことに、お付き合いさせて頂いているお施主様から、時折色々なものを頂くことがあります。

 

本日は、当社でご検討中のお客様が、春の香りを届けて頂きました。

 

春ですね~。

 

社員数に合わせて、大量に持ってきてくださいました。

なんとお手製のアク抜きマニュアル・レシピ集付きです。

 

他にもたくさんの旬の果物・お野菜・焼きたてのサツマイモなど色々頂戴し、スタッフ一同、元気を頂いております!!

都度掲載出来ておらず申し訳ございません。

この場にて皆様に御礼申し上げます。

ありがとうございます!! m(_ _)m

 

posted by 岡本 | コメントする | 2021-04-12 - 15:42
2021-04-09

わざわざチェックして頂いた皆様、今回はくだらない余談で失礼します。

 

未だに、電話や郵便物で

コミック・ガーデン」

等とネットカフェのような名前で呼ばれることがあります。

 

しかし、今回はじめてのケースがありました。

 

届いたクロスに書かれていた社名を見て、いつにない違和感・・・

 

脳に良い刺激がありました。

 

違和感って大切ですよね。

posted by 岡本 | コメントする | 2021-04-09 - 18:03
2021-04-06

今月から、OHKの「なんしょん?」への出演が第2土曜日のお昼から第4水曜日の夕方に変わりました。

 

それに伴い、当社のコーナーの長さが8分から10分程度に長くなり、現場の映像も少し流せることになりました。

 

・・・ということは、現場での撮影があります。

今回は初めての撮影で私も手伝ってきました。

 

電磁波対策の住宅ということで、施工中の現場での撮影でした。

 

測定器を持ちながら解説する藤井代表です。

 

ラジオもテレビもたくさん出てるので、すっかり慣れっこですね。

放送は4/28(金)夕方16:15~16:50です。

観てくださいね!!

posted by 岡本 | コメントする | 2021-04-06 - 17:45