家づくりブログ

2020-09-12

皆さま、ご機嫌よう。

ゴーストライターのBです。

本業が忙しく、ご無沙汰しておりました。

さて、本日は主人宅のエアコン騒動のお話。

リビングに設置のエアコンから、

水しぶきが。

やってしまった‼️

気をつけていたのに・・・。と、奥さま。

ドレンで水抜き。

なんだが、音が気になる???

コスミック邸に住みはじめて、5年。

その間、クリーニングも2回してるし、

こまめに、フィルターも掃除してるのに?

ダイキンに連絡。

意外と早く来てくれて、

何やら懐中電灯で奥の方を見て、

カビが発生しています

嘘でしょう??と、奥さま。

仰天ですよ。

キッチン近くのエアコンは、カビが

生え易いのだとか。

クリーニングをダイキンに頼むと、

全部外して持って帰って掃除をするそうで、

お値段がバカ高い。

最もいいのは、フィンの交換。

これまた、10万円近い見積もり。

こちらの奥さま、ダイキンのお兄さんに

自分で掃除出来る⁉️とお尋ねに。

壊さない程度に、やって下さいとの回答。

わかりました‼️‼️

自分でやってみます。‼️

奥さまの、お掃除は続きます。

皆さまも、くれぐれもご注意を。

カビを発生させ無いためには、

一日の中で、内部を乾燥させる時間をつくることです。

24時間連続冷房は、考えものです。

それでは、今日はこの辺で。

 

 

posted by 武藤 | コメントする | 2020-09-12 - 19:46
2020-09-06

以前、故障のため入替検討中とブログでお知らせしていた我が家の食洗機ですが、検討の結果、ついに入れ替えることとなりました。

国産よりかなり高額ですが、子育て真っ最中で、かつ共働きで家事の負担が一番大きい今こそ意味がある、ということで、思い切ってミーレ食洗機に交換です。

 

工事日の朝、キッチン周りの掃除をして、作業の邪魔になりそうな引き出しを全て抜き取って、準備完了です。

こんなに奥の方まで掃除したのは初めてかも・・・

 

それにしても感心するのはタカラスタンダードのホーローキャビネット。錆びも腐りも全くありません。新品同様と言ってもよいかも。

配管スペースなどは、最近ではもっと省スペースとなっています。10年以上経つと進化していますね。

 

11年間頑張ってくれた食洗機。
部品交換すれば継続利用できたかもしれないけど、ゴメン!!

今までありがとう!!

ドナドナド~ナ~~~

ご紹介が遅れましたが、作業に入って頂いたのは、玉野にあるミーレショップの株式会社藤和さんです。お世話になります。

 

というわけで、既設機を取り除き、食洗機ロス状態になりました。
ミーレ食洗機に交換できるかどうかは、このスペースの高さに依存します。

ちなみに10年ほど前はキッチンもフローリング仕様が多く、我が家もそうでした。
特に腐りなどはありません。

 

ミーレ食洗機を入れる前に、一つ事前作業があります。
電源が100Vから200Vに変わるので、お待ちかね西本電業さんの登場です。

 

いろんな現場で忙しいのに朝から駆け付けて頂きました。
いつもありがとうございます。

超高速で作業を終わらせて次の現場に行ってしまうので、いつも残像すら撮影できませんが本日は後姿をとらえることができました。

 

キャビネットの奥に200Vのタップを設置して行ってくれました。

 

この後、写真はありませんが水道管の延長などの作業があり、そのあといよいよ新しい食洗機が入ってきました。

 

異なる機器が入っていた空間なので、細かくスペース合わせの板を取り付けるなどの事前作業を30分ほど行った後、本体の据え付けとなります。

 

ミーレの両隣のキッチンの引き出しを戻して、ミーレの蓋と位置が揃っているか確認します。

最後に蓋の下のところに白いカバーを取り付けて、

 

試運転まで含めて、ほぼ2時間で作業完了です。

ありがとうございました!!

 

本日からは、1日1回、深夜に食洗機が食器を洗う生活に変わります。

使い勝手など、またレポートさせて頂きますね。

 

一つだけ気になるのは、子供が洗い物の習慣がつかなくなることですかね・・・

昔、洗濯機が出来た時も同じだったと思えばよいのでしょうか・・・

posted by 岡本 | コメントする | 2020-09-06 - 13:51
2020-09-05

毎年夏休みになると気になるのが勝手口の遮熱。

普段は家に居ないので気にならないのですが

毎年夏休みで家に居る時間が長くなると日中のキッチンは

西からの熱が結構入ってきて暑い!(上の写真)
特に今年は暑い日が続きましたよね。

で、今年はやっと付きました。お休みが終わってからですが😢

かなり熱を遮ってくれます。勝手口に庇があれば外に付けるのが一番効果的なのですが・・・。

勝手口が西にあるお宅は参考にしていただければと思います。

少し暗くなりますが、昼間でもキッチンに立つときは照明を点けると思いますので

大丈夫です。

来年の夏休みはきっと快適!

 

 

 

 

 

 

posted by 田淵 | コメントする | 2020-09-05 - 18:02
2020-09-05

壁紙の試作品が届きました!

服などに使う生地を使って壁紙にできないかと色々試作しております。

少しレトロ感のある小花のプリント

コットン100%。

ダンガリーのブルーとストライプの組み合わせもいいかも。

此方もコットン100%

ベージュとストライプの組み合わせで男の子のお部屋もかっこよく。

小花プリントも合わせる色で大人っぽくなりますよね。

ストライプは細いので目がチカチカするのでもう少し太目の

物を検討しようと思います。

無地もたくさん色展開があるので何色か製作する予定です。

 

posted by 田淵 | コメントする | 2020-09-05 - 14:53
2020-08-26

綺麗なベネチアンガラスが入荷しました。

実は10年ほど前に一度お施主様の家に施工したことがあるものです。

カタログで見た感じではさほど大きく見えませんでしたが

実物は重さもずっしりとしていてかなり迫力があります。

大きさは概ね370mm~380mmぐらいです。

ガラスの揺らぎが綺麗です。全部で6種類のデザインがあります。

玄関やリビングなどを素敵に彩ってくれそうですね。

一人撮影のためデザインやガラスの美しさが綺麗に撮影できていま

せんが事務所に来ていただければ実物はご覧いただけます。

 

posted by 田淵 | コメントする | 2020-08-26 - 16:33
2020-08-26

セミナールームの話ばかりで恐縮ですが、2回目の床塗りをしました。

 

似たような話になるので、さらっと・・・

昨日と同じですみっこ塗りが終わったら、コテバケの表面の毛の部分(基本使い捨て)のスペアを取り出します。

 

マジックテープ的に刷毛に取り付けます。

 

このまま手持ちで塗ってもいいですし、

 

腰が痛い人は長い柄に取り付けて塗ることもできます。

 

昨日の作業で腰が疲れているので、これでやってみました。

塗料は少し粘り気があり、塗るときに抵抗があるため力がいります。

今日は一人だったので結構疲れました。

 

というわけで一人で二時間弱かかり、2回目終わりです!!

少し?だったのは、2回塗りで12㎡/1リットルという塗料が、30㎡弱で1.6リットルくらいしか使わなかったところです。(計算では2.5リットル)

樹種により、塗料の吸い込みが違うことということでしたが、それにしても結構余りました。

 

私のブログでは塗り方がようわからん!!

という方は、下記もご参照くださいませ。

(オスモの床のお施主向けのメンテナンス動画もあります。)

 

オスモ&エーデル公式チャネル

posted by 岡本 | コメントする | 2020-08-26 - 12:23
2020-08-25

なかなか進まなかったセミナールームのリフォームも大詰め、いよいよ床塗りの日を迎えました。

 

検討した結果、自然塗料オスモカラーの「フロアークリアーつや消し#3062」という色を選びました。

 

いよいよ塗ります。

 

その前に、壁との境界部分にマスキングテープを貼ります。

 

奧の個室にも。

 

そして、私一人では不安なので、オスモ&エーデルの宮脇さんに助っ人を頼んでしまいました。

快く引き受けて頂いてありがとうございますm(_ _)m

 

早速、塗料の缶を開けてマドラーでぐるぐると・・・

 

十分に混ざったら、トレーやバケツに移します。

 

そして、まずは小さい刷毛で、すみっこを塗っていきます。

 

私のは100均のですが、宮脇さんのはオスモブランドの2000円ほどするものでした。若干塗り心地が違うそうですが・・・

とにかく薄く塗ること、と言いつつ、結構塗っているような。

 

すみっこが一通り塗り終わったら、次は大きなコテバケの登場です。

面積があるときはこれが楽です。

 

コテバケに塗料を付けたら、チョンチョンと床に落として、

 

上からゴシゴシと塗ります。

 

奧の小部屋も塗ります。

写真はコテバケに長い柄を付けたもの。

床を踏んで行けない遠いところに塗り残しを見つけたら、これで塗ることもあります。

 

3分の1ほど終わったあたりで、スタッフの妹尾が駆けつけてくれました。

 

集中し始めるとみんな静かになって黙々と塗ります。

 

30㎡弱の面積を、1時間弱で塗り終わりました。

 

12時間で乾きますが、念のため丸1日置いて、明日また朝から2回目を塗ることにします。(2回塗り用塗料です。)

これが終わったら、テーブルや椅子などが入って、打合せなどにはとりあえず使えるようになります。

 

9月に入ったら中をご覧いただけると思いますので、お楽しみにお待ちくださいませ。

posted by 岡本 | コメントする | 2020-08-25 - 12:26
2020-08-07

コロナ禍で夏休みも出歩きにくい世の中になってしまいましたが、元々出不精の岡本です。

この度、自宅でタイルアートに挑戦しました。

 

材料は、実はインテリアコーディネーターの田淵が処分しようとしていたサンプルのタイルです。

一つ一つが奇麗なので物が捨てられない私は勿体なくて目的もなく貰っておいたのですが、こんな風に使う時が来るとは。

一つ一つ見ると「〇〇様邸のキッチンの背面のタイルだな」「□□様邸のウィンターガーデンに貼ってあったな」と、完成済の皆さんのお宅が沢山頭に浮かんできます。

 

さて、今回、わが子と友達の2名様向けのタイルアート体験会の準備です。

タイルを入れる木枠を作ります。

底板はベニヤ、額縁は、上の写真を見ると分かりますが、ピノアースの廻り縁の切れ端。

これも事務所の隣のセミナー室から出た処分品を取っておきました。全部廃材です(笑)

 

それからホームセンターのDIYコーナーで、接着剤とタイルの目地材を購入しておきました。

 

テーブルに養生をして、道具を並べて、開始です。

 

まずは、枠の中にタイルを好きに選んで並べてもらいます。

 

それぞれ個性がありますね~。

ちなみに当社の田淵が見本で取り寄せていたタイルなので、廃材といえど一つ一つは海外の輸入ものなどが多く、実は贅沢な使い方だったりして・・・

 

位置決めが終わったら、タイル一つ一つを接着剤でボードに接着していきます。

これはさほど難しくありません。

すべて接着したら、ある程度くっつくまで30分ほど待ちます。

ちょっと休憩ですね。

 

さて、ここからが大変!!

ボウルなどの容器に目地材(白い粉)を入れ、水を入れて溶きます。

 

それが固まる(30分くらい)前に、ヘラなどですくって、並べたタイルの間にどんどん埋め込んでいきます。

ヘラが無かったので、もう使わないポイントカードを2枚提供しました。

この目地材の水分の調整がなかなか難しかったです。

水を入れすぎてあまりドロドロにするとまずいし、水が少ないと固くて混ざらないし、あまりのんびりしすぎると乾いて固まるし、その場にいる全員が初めてで、一気にあわただしい雰囲気に。

ベテランのタイル職人さんがいてくれたら、お手本の職人技を見せてもらえるかもしれません。

 

さて、目地が全部埋まったら、次に、バケツの水でぬらして絞ったスポンジを使って、タイルの上の余分な目地材を拭き取っていきます。

これも固まる前に終わらせないといけません。

 

スポンジで取り切れない細かいところは、布で拭きとります。

ちなみに、タイルの厚さはモノによって4~10mmくらいの違いがあります。

あまり厚さの異なるタイルを並べていると、段差に目地材が斜めに残るので、この段階で苦労します(笑)

この辺りの作業も結構大変でしたが、子供は集中力がありますね~。

楽しいことになると目の色を変えて夢中でやってました。

 

というわけで、タイルを並べ始めてから、接着剤の待ち時間を入れて2時間半くらいで終了しました。

額縁さえできていれば、切るとか叩くとか窯に入れて焼くとかいう大層な作業がないので、家の中で気楽にできます。

ただ、白い粉まみれにはなりますが・・・

 

今回は特に意味のない額縁に入れましたが、キチンとした体験ブースなどでは、コースターや手の付いたお盆になるような額で作らせてもらえるようですね。

また色々と挑戦してみたいと思います。

 

(余談)DIYってDo it Yourself の略だったんですね・・・

posted by 岡本 | コメント(2) | 2020-08-07 - 19:49
2020-08-05

住宅設備(キッチン・バス・ドレッサー等)のメーカーさんで

「トクラス」さんの岡山ショールームに

行ってきました。

 

「トクラス」さんの名前は 私の世代では はっきり言って

ピンと来ていません。

 

旧社名の「YAMAHA(ヤマハ)」の方が

なじみ深いんです。

 

もともと、ピアノなど楽器の塗装技術が非常に

素晴らしく、樹脂製品のクオリティも高いので

「人造大理石のカウンター一体型シンク」や

扉の仕上がりが高級というイメージはありました。

 

 

ショールームでは、担当営業さんが

色んなデモンストレーションをしてくれます。

 

事前に 製造方法や カウンターの厚み、対汚れや

掃除の簡易さなどはプレゼンして頂いてたので

改めての確認と、やはり木製キャビネットならではの

「箱の中の臭い」のチェックが重要ということで

臭いをかぎまくりました。

 

 

設置後1年ほど経過しているとの事でしたが

メーカーさんによっては 2~3年経過しても

締め切ることの多いキッチンキャビは引き出しの奥から

「ホルマリン」や「トルエン」「キシレン」などを含む

酢酸系の酸っぱい感じの臭いが強く出るものが

多数あります。

 

TOTO製品などでは 工場納品時の合板を

自社で再度検査する徹底ぶり。

そのため 木製キャビのキッチンとしては

非常に臭いの少ない製品となっています。

 

・・・で 肝心の「トクラス」さんでは。。。

よほど敏感な方や すでに「化学物質過敏症」に近い

症状のある方でないと 気にならない程度のモノでした。

 

吊戸棚や洗面化粧台など メラミン委仕上げの

合板を多用したものからは 少々気になる程度では

ありますが揮発しています。

 

勿論 国内のすべての一流設備メーカーさんは

基準をクリアした ものを販売していますので

今回の話に出てくるメーカー以外は✖と言う訳ではないので、

誤解無きようお願いします。

 

長くなりましたが、缶詰の底でゴリゴリしても

スポンジの固めの方でこすると

キズに見えた痕もすっかりきれいになります。

 

 

カレーやパスタソースなどの着色力の強い食材でも

この人造大理石は 問題ありません。

 

耐熱性も 一般的なアクリル人大 よりも高レベルです。

 

 

レンジフードは、自社製品で

よくあるOEMのモノではありません。

独特の形状で フード内で渦を巻かせて

吸い取ります。

二つ見える ガラリ(フィルター)のみ洗って頂き

シロッコ半自体は 10年間 掃除不要との事でした。

 

     

 

 

非常に艶が美しい面材もトクラスさん(YAMAHA)ならでは。

 

 

そんな 技術の応用で 特殊な形状の浴槽や

サイドエプロンを実現した システムバスもあります。

 

 

 

気になる方は、ぜひ一度 ショールームに足を運んでみてください。

 

コロナ禍でもあるので 予約制となりますが

今は 若干 予約は楽に受け付けて頂けるそうです。

 

予約その他 詳しくは トクラス岡山ショールーム

 

posted by 妹尾 | コメントする | 2020-08-05 - 20:29