例の虫とウッドワン展示会

2014/08/01
 

 

前回の ブログで正体を調べます。

といった コイツ。

 

 

名前は 「ウミケムシ」 と言うそうです。

ブラシのような「毛」には

毒が有り、刺されると痛かったり

腫れたりするそうです。

 

昔は、日本近海には居なかったそうで

今では、どこの海でも見かけるそうです。

 

こんなやつが、海水浴中に

近くに居たら もう、びっくりです(+_+)

 

絶対、触らないように。

お子さんも刺されないように 気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって

「ウッドワン」さんの 展示会に顔をだしてきました。

 

 

木製キャビネットながら、

無垢材の扉で、可愛いデザイン。

比較的お手頃な価格なので

一部で人気は有ります。

 

お手入れ楽ちん。

水や汚れに 極端に強い。

 

と言う訳ではありませんが

こういったデザインが 好みの方には

堪らないようです。

 

 

 

後、「ソフトアートシリーズ」の

内部建具たちです。

 

 

 

「カワジュン」製の取っ手を採用し、写真では解りにくいのですが

マットで本物の木のような手触りを再現した

シート張りのグレードです。

 

素人さんには、リアルに無垢材のドアに

見えるかもしれません。

 

 

 

 

 

コチラは、アクリル系塗料で

パステルカラーに塗装された

「ピノアースシリーズ」の無垢材のドアたちです。

 

 

屋内用で、枠材はホワイト一色で

ドア本体だけが カラーになります。

 

ドアは開閉時 取っ手ではなく

ドア本体を手で押したりしながら

触ります。

 

汚れはもちろん、塗装自体も剥げやすくなります。

自然系塗料もいいのですが、

ご自身でメンテすることに自信のない方は

この様な 耐久性の高いカラー塗料の仕様を

お奨めします。

 

 

 

 

 

 

キッチンの扉の取っ手(つまみ)にも

バリエーションが増えています。

 

雑貨屋さん巡りが大好きな

奥様方にはたまらないかも知れません。

 

 

「ニモ」も居ますね。。。

 

 

レンジフードや、吊戸棚も

他のキッチンメーカーとは 差別化できた

デザインを採用しています。

 

 

コスミックでは、内部ドアをはじめ

各種造作材、階段材などで

お世話になっています。

 

「パナソニック」や「ノダ」、「リクシル」、「ダイケン」などの

全国区大手メーカーとはまた違った

味と特徴があります。

(ウッドワンは広島が本拠)

 

小さめのショールームですが

弊社の並び、すぐ近くにありますので

是非一度 足を運んでみてください。

 

 

コメント

コメントする

*

CAPTCHA