屋根の二重通気層

K様邸の屋根構造は、二重となっており、基本の

屋根地の上にもう一重屋根地を組んで瓦を葺きます。

この写真で大工さんが立っている場所は、屋根裏の収納部分です。

 

屋根地の構造用合板を敷きこみます。

 

屋根地ができたら、透湿防水シートを敷いて、

通気用の木地を流します。

この上にもう一度、構造用合板を敷きます。

そして、棟(屋根のてっぺん)から通気した空気(水蒸気も)が

排出されます。

夏の小屋裏や、2階の暑さ(屋根からの輻射熱)を

大幅に軽減できます。

特に、機械や複雑なシステムに頼ったものではないため

シンプルに効果が解るものだと思います。

手間や材料費はアップしますが。

コメント

コメントする

*

CAPTCHA