ついに登場!!ドレーキップ樹脂窓

2015/10/08
待ちかねていた皆様!?

ついに、YKKAPさんより、ドレーキップの樹脂窓が

登場しました!!

 

百聞は一見にしかず。

と、勝手にホームページから拝借した画像を貼付けます。

下の様にドレー(内開き)キップ(内倒し)の2種類の開け方が

できる優れものです。

しかも、ダメかも?と思っていた網戸もきちんと付いています。

 

内倒し ハンドルを90°回して開く

 

内開き ハンドルを180°上まで回して開く

APW430(両面樹脂サッシ+トリプルガラスの商品)のみとなりますが、

網戸が外側にあり、少し開けて空気を入れ換えやすく、

外側のガラスの掃除もしやすいなどのメリットがあり、

海外では良く見られる窓です。

 

性能も熱貫流率0.88(W/㎡・K)、気密性能0.53(㎡/h㎡)と

ラジオでおなじみの当社代表・藤井もテンション上がること間違いなしです。

 

ところでカーテンはどうするの??と思われるかも知れません。

色々と実例がありますが、基本的には内倒し状態でもカーテンを

したいかどうか。したいのであれば、それができる位置にカーテンや

ロールスクリーンを取り付けることになります(室内壁よりさらに内側)。

 

いろいろと検索していると、サッシ自体にロールスクリーンを取付けて、

内倒しにしようが内開きにしようが常にサッシにスクリーンがくっついて

いるというものもあるようですが・・・

 

このあたりのカーテン等の対応は追々リサーチして行きたいと思います。

(田淵さーん、中西さーん。宜しくお願いしまーす。)

 

今回の商品の公式サイトはこちら ⇒ YKKAP社 ツーアクション窓のページへ

※ここの動画がわかりやすいです。

 

コメント

コメントする

*

CAPTCHA