現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2019-03-19

 

上棟祭の前に 朝から

電気配線工事の打ち合わせを

西本電業さんを交えて 行います。

 


 

お昼前には、建物の四方払いを行います。

ご家族全員で、酒・塩・米 で清めて回ります。

北東(表鬼門)から時計回りに

建物周囲を回ります。

 


 

 

工事安全祈願と、U家の発展を祈願し

大工さんたちと一緒に乾杯です。

 


 

U様のご厚意により 昼食をご用意頂き

皆でご馳走になります。

施主として 挨拶をお願いしました。

 


 

ちょっとかわいい、色んな食材が彩りよく詰められた

お弁当です。

見た目以上に ボリュームも有りました。

 


 

 

最後に 参加者に それぞれお土産もご用意下さった

U様。

 

ひとりひとり 手渡しして頂き

これからの工事のモチベーションを上げてもらいます。

 


 

ずっと入る 職方と 施主さん家族の顔が解る。

コミュニケーションが取れるのも

「気」の入った家づくりには必要と感じます。

 

おめでとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2019/03/19 - 18:27 |
2019-03-19

 

建築吉日と呼ばれるこの善き日、

H様邸の上棟祭を執り行いました。






御神酒、お塩、洗い米で建物の四方を

お清めです。



 

工事の安全と H家の繁栄を祈願し

祝詞(のりと)奏上と乾杯です。

 

しっかりと考え、勉強され

信頼頂いた結果が、今のこの建物です。

 


 

まだまだ 先が長い工期ですが

外壁をはじめ チャレンジングな仕様で進めていきます。

完成が非常に楽しみです。

 

おめでとうございます。

posted by コスミックガーデン | 2019/03/19 - 18:03 |
2019-03-19

 

近隣や道路から視て

レベルが低く、くぼ地のようになっている敷地なので

盛り土を行います。

 


 

敷地境界より少し控えた位置で

仮の囲いをしておきます。

土が流れ出ないようにする応急的な処置です。

 


 

 

整地も終わり、仮設の電柱も設置し終わりました。

 


 

近く、地盤改良工事に入ります。

posted by コスミックガーデン | 2019/03/19 - 17:45 |
2019-03-17

基礎のベース用捨コンが終わったところで

「山陽白蟻研究所」さんの施工による

白蟻用土壌処理が行われます。

 

地中に潜った 白蟻が上がって来ないようにします。

 

 


 

べ―スの防湿シートを施工したら

鉄筋を組む 配筋工事です。

 


 

第三者機関による 基礎配筋検査が合格すると

型枠を組んで コンクリート打設です。

 

 


 

 

手前に見える 玄関ポート柱の基礎の

ゴツさが目立ちます。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/17 - 12:14 |
2019-03-17

 

無事、養生期間も終わり

型枠が撤去された K様邸。

 


 

天端や断熱土間部分の仕上げをします。

 


 

乾燥材のヒノキの土台を基礎のアンカーボルトに

緊結していきます。

 

土台と 基礎の間に気密用パッキンをかまします。

土台の 「座掘」した部分には

手作業で ホウ酸を塗付しておきます。

 


 

 

薄いグリーンになっているのが ホウ酸処理をしてある

目印です。

土台の上に 床根太パネルを留めていき、プラットホーム作成に

移りました。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/17 - 12:04 |
2019-03-17

 

内部造作工事が進んでいます。

 

コスミック・ガーデンの建物は 開口部の多い

南面などは壁量が少なめになることがあるので

計算上問題が無い場合でも

室内側の補強として 構造用合板を張って

その上に石膏ボードを張る様にしています。

 


 

外壁側と室内側を合板でサンドイッチすることで

更なる耐震強度を保つことが可能となります。

 

 

 

 

M様邸では 床の間があるので

少し手間を余計にかけています。

 


 

 

屋外では、西本電業さんが

「高所作業車」を使って

電線の引き込み工事を行いました。

 


 

NTTや光ファイバー、ケーブルテレビなどなど

その他 引込ケーブル工事が有る場合

この位置に合わせて頂くようにします。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/17 - 11:44 |
2019-03-16

 

断熱工事前に 電気配線工事は済ませておきます。

 

外壁に面する配線、配管類は

断熱工事後 一切変更、移動は不可となります。

 


 

外部に抜ける配管や 吸気口、換気扇のスリーブも

塩ビ管の廻りは 一液ウレタンを吹いて

隙間は 潰しておきます。

 


 

福山市から、ウレタン断熱のエキスパート

「マルフジフォーム工業㈱」さんが

約2日間かけて 断熱工事を行います。

 


 

 

屋根勾配の部分は 天井ではなく 屋根の裏側で断熱します。

 


壁面も同じく ウレタン吹き付けです。

 

屋根面の最低厚さは 80㎜が標準。

壁面は最低厚さ 60㎜が標準。

 

ツーバイシックスの構造体なので

懐は有ります。

 

ご要望の有る施主さんには

それぞれ 厚増する事も可能です。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/16 - 13:33 |
2019-03-16

 

二重屋根の一層目を張って行きます。

 

構造用合板と見た目、全く同じですが

「屋根用」と言う規定があります。

 


 

「デュポン社製」の透湿防水シートで

輻射熱を反射し、線維自体にアルミ処理をしたモノを

織った「タイベックシルバー」を熱反射シートとして

1層目の屋根地に張って行きます。

 


 

ホウ酸塩処理をした 縦胴縁を取り付け

通気層を設けます。

この上に、再度 屋根用合板を張って

2層目の屋根地を作ります。

 


 

その上に 屋根防水の要、「ルーフィング」を施工します。

コスミック・ガーデンの場合

「M ルーフィング」 と 「モラサン」を

並行して使用します。

 


 

 

瓦を引っかける様に留め付ける

瓦桟を取り付けます。

 

 

瓦の裏に回った雨水も

瓦桟で留まることない無いように

切り欠きを入れて

スムーズに排水できるようにしています。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/16 - 13:22 |
2019-03-14

 

型枠が取り払われた後、

 

 

 

続いて 内玄関土間を作っています。

 

この部分は外部からの熱の影響を防ぐため、

 

基礎断熱にしています。

 

 

上棟工事に入るまでの間に

 

先行で給排水の設備配管を工事しています。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/14 - 18:31 |
2019-03-14

 

建具の枠取付が終わると、

 

 

 

キッチン本体や背面収納など大型の機器もクロスを貼る前に取り付けておきます。

 

 

 

トイレや洗面台とタオル掛け、小型の棚等小物は後付けになります。

 

一通り事前での取り付ける機器が済み、

 

クロス貼り工事に入っています。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/14 - 18:03 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp