現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2018-05-28

 

ウィンターガーデンの床のタイル施工中です。

 


 

クロス工事もどんどん進みます。

 


 

テシードやウィリアムモリスなど

個性的なデザインではなく

大人しめの ホワイト基調でまとめられています。

 


 

 

内装と同じく 外装もホワイトです。

「陶性外壁 ツイーゲルⅡ」の白釉薬仕様です。

 


 

近隣でもひときわ目を惹く 光沢のある外壁。

足場が外れたので、屋外給排水工事に

かかります。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/28 - 18:53 |
2018-05-28

 

順調に建て方が進み

家らしくなってきました。


小屋裏収納部の床面が

出来上がります。

二重通気層を持つ 小屋組みが完成です。


ルーフィングを張って、瓦桟を施工していきます。

posted by コスミックガーデン | 2018/05/28 - 18:35 |
2018-05-22

 

解体後

 

地鎮祭を執り行いました。

 

 

 

当日は天候にも恵まれて、

 

敷地のお祓いと、

 

工事の無事を祈念いたしました。

 

 

 

ご主人様が子供のころ

 

休みの日には遊びに来ていた場所になり、

 

思い出深い敷地に新しい家を建てることになります。

posted by コスミックガーデン | 2018/05/22 - 11:35 |
2018-05-21

 

 

サッシの取付枠の隙間にもウレタンを注入して

隙間と断熱欠損になりそうな個所をを徹底的に

潰していきます。

 


 

1階では大工さんが 吊り天井用の下地を準備しています。

 


 

2階では 小屋裏収納部の直下部分に「吊り天井用下地」

それ以外の天井は 石膏ボード用の下地を

造っていきます。


 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/21 - 21:07 |
2018-05-20

 

プラットホーム完成で雨養生のブルーシートをして

足場を組んだら 後はクレーン車を呼んで建て方工事です。

 


 

 

ツーバイシックスパネルの工場は Y様邸から近いので

ドンドン送り込まれて来ます。

 


 

 

1階天井パネルが乗った状態です。

 

金物類が 殆どついていない状態です。

 


 

 

 

ウィンターガーデンの外壁パネルの接続です。

 


 

 

 

階段室1階から2階方向を望んだところです。

 


 

 

小屋裏まで階段が有る Y様邸なので

もう一回 階段室を

起こす形になります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/20 - 12:10 |
2018-05-20

 

岡山県南では 珍しい 「地盤補強工事不要」という

有難い結果が出たA様邸。

 

早速 基礎工事にかかります。

 

 


 

防湿シートを張ったらベタ基礎床板部分の

配筋を行います。

 

鉄筋の下にある 四角いブロックによって

コンクリートのカブリ厚さを確保しています。

 


 

 

外周の型枠を立て、立ち上がり配筋も終わったところで

第三者機関による 「配筋検査」を受けなければなりません。

 


 

無事合格を頂き コンクリート打設に入ります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/20 - 12:02 |
2018-05-18

 

サッシ廻りの隙間を 1液ウレタンスプレーを使い

埋めていきます。

 


 

 

2階トイレなどの水回り設備からの

排水管(防音シート巻)が

完了です。

 


 

 

「隠蔽配管」仕様の先行配管工事です。

エアコン用です。

1階床直上で外部に出ます。

室外機で殆ど隠れてしまいます。

 


 

基礎換気口(ステンレス枠にステンレスメッシュを組あわせたもの)も

基礎開口部に「仮止め」しておきます。

 

最終の化粧モルタル仕上げ施工時に

本止めします。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/18 - 13:48 |
2018-05-18

内部用石膏ボードを搬入中です。

 

最近のプランニングでは 2階にウィンターガーデンを除き

大きな引き違い窓などが設計されていない物件が増えて

現場での重量物の搬入が大変になって来ています。

 

 

 


 

 

気密性能を高いところで担保するには

窓の開閉方式も考慮した方がよいので

引き違い窓の数が少なくなっているのも事実です。

 

 

 

スライスレンガを採用の K様邸。

レールを割り付けていくところら

外壁工事は始まっていきます。

 

 


 

 

デザインと実用を兼ねた目的も有って

今回窓周りにモールディングを行います。

 

「飾り」としてだけなら 納まりも取付も

簡単なのですが、実用目的を考慮すると

色んな事を考えながら 取付をしなければなりません。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/18 - 13:35 |
2018-05-15

 

日程的な事情により、断熱工事が終了し

大工造作が始まっていますが

今回 上棟祭を執り行う事が出来ました。

 


 

 

この日は 気持ちの良い快晴で

5月ならではの清々しさです。

 

建物の四方に 御神酒・塩・洗い米で

お祓いして清めていきます。

 


 


 

 

今後の工事の安全と Y様家の発展を祈願し

上棟祭を終えます。

 

その後 Y様のご厚意で 食事などをご用意頂き

大工職、電気工事を含めた

関係者で会食です。

 

この場で ご家族や ご実家のこと

建物とは関係ない 色んな情報などを

知ることが出来るうえ、一段とコミュニケーションを

深める良い機会となっています。

 


 

 

この日は 上棟祭後も 大工職は 引き続き仕事をしていきますが

一旦 きちんと区切りがついた感じで

後は 完成に向けて しっかり工事していきます。

 

「陶性外壁 ツイーゲルⅡ」をご採用頂いた事も有り

少々 工期はかかってしまいますが、今しばらくお待ちください。

 

おめでとうございました。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/15 - 10:47 |
2018-05-14

 

屋根の瓦葺き工事中です。

防腐・防蟻処理した 瓦桟(かわらざん)に

三州の釉薬瓦をステンレスのビスで

「全段留め」して固定します。

 


 

 

切妻屋根の場合 瓦の種類によっては「ケラバ瓦」用の

「捨て樋(すてどい)」を設けます。

 

瓦が葺きおわると ほとんど見えなくなりますが

コスミック・ガーデンでは

この樋の素材にも ステンレス(0.36㎜厚)

「SUS304(18-8)」を使います。

 


 

一般的には 「ガルバニウム鋼板」や

ローコスト系では トタンと呼ばれる 「カラー鉄板」が

主流です。

 

外部で水と接触する箇所には

ステンレス素材は必要だと考えます。

 


 

 

棟の換気用「ガラリ」がまだですが

大きな面として瓦が葺きあがりそうです。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/14 - 18:50 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp