現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2017-11-20

 

外壁パワーボードの塗装です。

最後の追い込みとなります。

 


 

 

ベージュ系の カラーで 旭化成純正の 「スマッシュ」です。

塗装なのに 30年の耐久性を保証しています。

 


 

雨樋が付いて 足場が落ちれば完成まで

あと一息です。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/20 - 20:02 |
2017-11-20

 

市街化調整区域の個別開発物件を

購入されたF様。

 

ここ数年、ドンドン開発が厳しくなっています。

 


 

 

農業地から宅地に変更する為の申請でも

提出する書類や証明書等が多くなっています。

 

例えば、住宅ローンを組む場合、銀行からの融資承認を

証明するモノが必要となったり、

自己資金分としての現金も

預金通帳の写しを提出したり、

親御さんからの 援助で土地購入する場合など

いくつもの口座に分散したり 有価証券としてのお金を

だったとしても それぞれすべて残高や金額を証明するものの

写しの提出を求められます。

 

とにかく 時間がかかり、予定が見えづらく

手間が非常にかかります。

 

農業振興地域内の土地だと

申込みから1年以上から1年半程度かかることも

今は普通です。

 

 

 

 

それでも何とか進んで、開発許可が下りたところで

造成工事に着手。

 

ここで、初めて契約書を交わします。

ここまでは あくまでも 「合意書」と言うモノに

基づいて進行します。

 

 

 


 

 

申請通りの造成方法(排水路や擁壁の仕様など)で

しっかり工事。

 

 


 

ご覧の様に キレイに造成されて、「検査済証」が発行されて

初めて 所有権の移転。

つまり 売買による お金のやり取りが可能になります。

 

 


 

 

とある金融機関の 応接コーナーにて

売主、司法書士、不動産業者さんが

一堂に会します。

 


 

この手続きをもって、今回の土地が F様の名義に変更出来ました。

 

 

 

次は、地鎮祭を執り行います。

 

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/20 - 18:12 |
2017-11-15

メープルの無垢フローリング施工中です。





木目の柔らかさと 色白な優しい雰囲気です。

節やトラフのある 材は個別に選別し

物入れの中などに廻します。



スペーサーを挟みながら 一枚一枚適切なすき間を

造りながら 張り進めていきます。







階段がかかる 2階踊り場の端部の写真です。



赤い矢印が 「高密度石膏ボード(非常に重い)」です。

その下に15mm構造用合板を2階構造床として

張っています。



その下が床根太として使われる

2×10(ツーバイテン)です。





青い矢印が吊り天井の「地」です。

寸三角と呼ばれる木材で井桁に組んだものを

防振吊り木という樹脂パーツで固定します。



矢印先端の上部の隙間が

吊り天井として 1階天井が構造躯体より

縁切りされている証拠です。



この隙間を電気配線が走るようになります。

posted by コスミックガーデン | 2017/11/15 - 19:51 |
2017-11-15

時間はかかっていますが

確実に進行中のK様邸。



1階~小屋裏まで 階段は完成し

行き来が楽になりました。





吊り天井の下地も出来上がり

CD管や電気配線がどういった経路で走り、

途中の固定がされているのかがよく分かります。







黒い 樹脂製の防振吊り木が見えます。



パーツの一部にゴムがあり

振動を軽減します。



背の高い 床根太には 全てUの字型の

「転び止め金物」が緊結されています。



posted by コスミックガーデン | 2017/11/15 - 19:51 |
2017-11-14

 

土地決済も終わり、

 

地元神社の神主さんにより

 

地鎮祭を執り行いました。

 

 

 

 

お天気にも恵まれたなか、

 

敷地のお祓いもスムーズに進められました。

 

 

 

 

いつになく緊張された様子のT様ご夫妻でしたが、

 

一通りの流れの中、

 

無事に式の方は終了の運びとなりました。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/14 - 12:10 |
2017-11-14

 

K様邸も引渡しの時を迎えました。

 

   

 
引越を翌日に控え、

 

設備機器の説明を受けていただきました。
 

主にご主人様の方が、ひとつひとつ確認されていました。
 

 

 

やっと新しい生活をコスミックの家で始めていただくことになりました。
 
これから健康で快適に生活いただけることと思います。
 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/14 - 11:58 |
2017-11-13

 

この日は 現場で打ち合わせです。

 

大きな吹き抜けがあるK様邸の

ペンダント型照明器具の 高さ設定で協議します。

 


 

K様も虫取り網を持参し 電球の取替が普通に出来るか

検証します。

 

レーザー測定器とかを使うことなく

随分アナログな感じですが、ご自身の身長や

ストロークを確認するには

非常に解り易く しかもお手軽です。

 

 


 

 

1階では 川野大工も 仕事の手を止めて

お子さんと 一緒に折り紙大会です。

 


 

お子さんにとっては 退屈な時間です。

ボードの粉まみれになりますが、大人たちに折り紙の力作を

見せてくれて 紛らわせれば幸いです。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/13 - 19:54 |
2017-11-12

 

パワーボード専用 高耐久性能を誇る

「スマッシュ」。

 

天候を見ながらの塗装待ちです。

 


 

 

タカラスタンダードの職人さんたちが入ります。

システムバスの仕上げです。

 


 

 

タカラシステムキッチン「グランディア」を

取り付けます。

 


 

建て替え前のお家で使用されていた

電動昇降吊戸を再利用します。

 

カラーが微妙にずれますが

素材は同じ高品位ホーローパネルなので

仕上がりに不安はありません。

 

 

 


 

 

クロス張り前の下地 パテ処理も終わり

インテリア山崎さんが クロス張りするのを待ちます。

posted by コスミックガーデン | 2017/11/12 - 18:34 |
2017-11-12

 

石膏ボード専任で 施行する大工チームがあります。

均一の施工品質で 一気に張り進めてくれます。

 


 

天井までは、造作の大工チームが行いますが

壁面や間仕切りなどの大きな面は

彼らが施工します。

 

他の現場との兼ね合いもあり 全ての現場で活躍できるわけでは

有りませんが、その間メイン大工チームは

他の現場に入れるため効率化出来ます。

 


 

 

建物の中心に階段室が来るプランの場合

ホールからの採光のため

この様な明かり採りをデザインする事もあります。

 

 


 

ステンドグラスを入れたり、アクリル板を入れたり

そのままだったり。。。

 

 

屋外では O様とエクステリア専門の業者さんが

打ち合わせ中です。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/12 - 18:25 |
2017-11-10

階段掛けや、吊り天井地など

大工造作がどんどん進んでいきます。





2階に登るのも容易になりました。







外壁のサイディングも 目地のバックアップ材を入れ

マスキングテープで養生です。



同色のコーキングを打っていきます。





メーカー指定のコーキング材ですが

「スーパーケイミューシール」という

上位の製品を標準化しています。

posted by コスミックガーデン | 2017/11/10 - 12:29 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp