現場建築日誌

2020-11-27
H様邸(岡山市南区浦安)

外壁がほぼ張り終わった H様邸。

 

窓周りやサイディングのボード間の

コーキングはこれからです。

 

 

 

屋内では 天井の石膏ボードが張り進んでいます。

 

手前上部には、吹き抜けがあるため

明るい光が差し込んでいます。

 

 

2階からの 排水管には防音シートが

巻かれています。

給湯・給水管も見えます。

 

 

階段も側板を取り付け

仮の踏面(ふみづら=踏板)として

ツーバイ材を使い作業しやすい状態にしています。

 

2020-11-27
M様邸(岡山市東区邑久郷)

足場が落ちて、すっきり外観が現れた

M様邸。

軒天井や破風の塗装、雨樋設置が完了したら

足場を落とせます。

 

 

クロスを張る前の 下地処理

パテ処理です。

 

 

可愛いのと手間のかかり具合をトレードしますが

アーチ状のパテ処理も終わりました。

 

 

乾燥したパテを ペーパー掛けして

平滑にします。

これが終われると、いよいよクロス張りに

移れます。

 

2020-11-26
H様邸(岡山市中区倉富)

型枠も撤去され、基礎の全体が姿を

表しました。

 

 

鈍く光る 溶融亜鉛メッキ処理された

アンカーボルトが並びます。

 

 

基礎の天端のレベル調整も終わり

いよいよ 土台敷き込みです。

プラットホーム造りに必要な

「床断熱工法」のための 100mm厚

スチレンボード(XPS)が搬入されています。

 

2020-11-26
K様邸(倉敷市浜町)

約2年半前、お問い合わせ頂き

完成物件、構造見学会に、セミナーなど

しっかり コスミック・ガーデンの建物を

ご理解頂きながら、倉敷駅周辺の土地を

探し続けたK様邸。

 

計画当初より 予算的には上がってしまいましたが

人気の学区で、しかも希少物件です。

 

私たちも施主さんも何度も足を運んで

確認してきました。

 

 

元々 既存の建物が有ったところを

解体更地にして、多少の盛土もしてある物件でした。

 

 

不動産業者さんの対応も素早くスムーズに

契約、所有権移転と進むことが出来ました。

 

地盤調査の結果、地名の「浜町」からは

想定外だった、「改良工事不要」の判定。

 

しっかりした 地耐力が計測されました。

 

ということで、地鎮祭の準備に取り掛かります。

 

 

| 2020-11-26 - 17:33
2020-11-21
U様邸(久米郡美咲町)

外壁のサイディングが張り進んでいます。

石板調のデザインです。

kmew(ケイミュー)の光セラシリーズが

標準仕様で、15㎜厚~18㎜厚の中で

選択可能です。

 

 

コーキングもメーカー純正品の

「スーパーケイミューシール」を

採用し、保証期間を延長してもらっています。

 

 

屋内造作も合板補強兼

下地補強を行っています。

 

| 2020-11-21 - 18:43
2020-11-21
S様邸(総社市上林)

設備廻りの設置も大物は完了です。

 

タカラスタンダードのホーローシステムキッチンと

カップボードを組み合わせます。

 

 

外壁の「陶性外壁 ツイーゲルⅡ 黒燻」も

ほぼ張り終わり、窓周りの防水処理や

軒天井貼りなどを残すのみとなりました。

 

 

 

洗面化粧台と洗濯機の間に

腰の高さの間仕切壁があります。

タイトな設定なので、水道業者さんでなく

大工さんが微調整しています。

 

| 2020-11-21 - 18:21
2020-11-19
T様邸(岡山市南区新保)

外構工事も追い込みにかかるT様邸。

 

玄関前の枕木花壇(コンクリート擬木)も

ポストが設置され、バーク堆肥が

入ればいつでもガーデニングが出来る状態です。

 

 

カーポートの足を建て、

土間コン用の鋤取りを終えたところです。

 

 

土間コンのスロープを収めるための

「ナチュラルウッドウォール」も

近くで見ると 結構リアルな木目を表現しています。

 

 

アプローチ部分の階段造作は

「ナチュラルウッドペイブ」を使いました。

 

今後のお手入れも、T様が頑張って頂く形に

なります。

 

2020-11-19
H様邸(岡山市中区倉富)

配筋検査も無事合格。

立ち上がりを組んで

型枠を組みます。

 

 

防湿シートの向こうに

うっすら見えるのが「鎮め物」です。

 

方角と中心を見て

埋めさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

コンクリート打設です。

手前の立ち上がりの型枠が低い部分は

玄関ポーチとなります。

2020-11-19
T様邸(岡山市北区津高)

予想通り、地盤改良が不要な 固い土地ということもあり

すぐに基礎着工です。

遣り方から床掘の様子です。

 

 

防湿シートを敷き込んで

地中梁や建ちあがりの鉄筋が良く見える状態です。

 

このタイミングで、地鎮祭で頂いた

「鎮め物」を埋設させて頂きます。

 

 

コンクリート打設が終わり、型枠が外れたら

基礎周りの断熱施工です。

 

断熱工事の工程とは言え、基礎業者さんの

仕事になります。

 

 

溶融亜鉛メッキのホールダウン金物や

アンカーボルトが並びます。

 

一般的な クロートメッキなどと比べ

圧倒的な防錆性能を持っており

勿論コストも上がります。

 

後で替えが効く部品ではないため

最初にしっかりしたものを使っておきます。

 

 

床下の給湯給水の先行配管が終わりました。

 

 

 

2020-11-17
K様邸(岡山市中区国府市場)

基礎工事では、

 

基礎の配筋が組み上がる段階で

 

基礎の配筋検査を受けます。

 

 

 

その後、土間コンクリートを打ち、

 

立上り部分へと進みました。

 

 

 

型枠を外し、養生の期間に

 

屋外給排水工事の先行工事をしいていきます。