現場建築日誌

2021-01-19
K様邸(倉敷市浜町)

1階プラットホーム完成です。

雨養生の後、足場を組立ます。

 

 

ここからは、天気予報と相談しながら段取りが

変わってしまうこともある、現場監督にとっては

気を遣う工程になります。

 

お陰様で、寒いだけで快晴に恵まれ

無事に建て方工事を始めることが出来ました。

 

 

1階の外周壁を立ちあげて 大きな枠を作ります。

クレーン車がどんどん運ばれてくる

パネルたちを 大工さんと連携を取りながら

吊り上げて、指定の位置に下ろしていきます。

 

      

| 2021-01-19 - 19:07
2021-01-18
K様邸(玉野市田井)

 

遂に基礎工事にかかりました。

 

 

ミキサー車からのコンクリート打設。

 

 

 

 

ベース配筋から床板の砕石防湿シート張り

 

べた基礎床板の配筋。

 

立ち上がりの正確さ、ピッチの間隔の確認、

鉄筋同士の重なり長さなども

チェックしておきます。

 

 

 

立ち上がりや基礎換気口周りの補強を進めていきます。

 

 

 

 

 

| 2021-01-18 - 12:52
2021-01-16
H様邸(岡山市南区浦安)

外部の仕舞いが付いてきた H様邸。

 

軒周りの塗装も終わり、雨樋も付きました。

近日中に、足場が落ちてスッキリするでしょう。

 

 

 

玄関ポーチ柱には、アンティーク調のかわいらしい

ポーチ灯も取り付けが終わっています。

 

 

屋内は大工さんが追い込みの工事中です。

下足入れを付けたり、室内ドアの吊り込みをしたりです。

 

 

吹き抜けを含む 内装はこの後なので

内装業者さんが入る前に

吹き抜け内に小型の足場を組むことになります。

 

2021-01-16
T様邸(岡山市北区津高)

 

建方が終われば、屋根の仕舞いを付けていきます。

二重通気層の屋根地を作って

瓦を葺く前段階の防水目的のルーフィングを張っていきます。

 

 

防腐処理した瓦桟を取り付けた後、

瓦を分散させて 屋根全体に荷重をかけます。

 

 

約1トン前後の荷重を屋根にかけ

しっかり締ったところで

垂直方向・水平方向に 仮止めしていた

「帯金物」を固定していきます。

 

 

その後、建物壁面全体を

「透湿防水シート」でラッピングしておきます。

 

 

換気扇や、庇周りのブチルテープによる

防水やパネル間の小さな隙間を埋める

気密テープの処理も済ませています。

2021-01-14
U様邸(久米郡美咲町)

完成したU様邸。

お引渡し前に、少しだけご案内。

 

オール電化住宅ですが、IHクッキングヒーターではなく

「ラジエントヒーター」をご採用頂きました。

 

一般的な電熱線ではなく セラミックヒーターになるため

効率はアップしています。

IHクッキングヒーターやガスコンロとは

また違った コツというか特徴的な使用方法も

あるため、慣れるまでは少し戸惑うことがあるかも知れません。

 

気になる電磁波に関しては

全く問題ありません。

 

 

食洗機はもう、すっかり定番化してしまった

「ミーレ」です。

お手持ちの食器が少ない方は

少々買い足して頂かないといけませんが

家事の時間を節約する、効率を上げるという意味では

国産の家庭用食洗機とは比較にならない程の

高性能ぶりを発揮します。

 

キッチンの横には、大型のパントリーがあります。

トイレもすっきりとした中にも

個性を発揮する壁紙のチョイスがあります。

腰壁には樹脂製「フロアタイル」を張っているため

清掃性や、臭い対策としても万全です。

 

 

「座」の書斎兼家事スペースがあります。

 

 

SPF(スプルース・パイン・ファー)と呼ばれる

ツーバイ材を使った固定式の棚です。

大量の書籍の重量にも耐えられますし、

人が登っても大丈夫な 頑丈なつくりです。

その横には 「スロップシンク(洗濯流し)」が

あります。

給湯も出来る様にしていて、冬場は重宝します。

幾ら高気密高断熱住宅でも

冬の水道は冷たいですから。

 

      

 

何年間も遠方から、ずっと見学会やゼミなどに

沢山足を運んでくださったU様ご家族。

 

しっかり、勉強され、家づくりのモチベーションも高いまま

維持し続けられた姿勢には敬意を表したいと思います。

 

 

県北部と言われるこの地域こそ

本当の高気密高断熱住宅の性能を発揮して

その年中、春の様な快適性を堪能して頂けると思います。

 

| 2021-01-14 - 19:18
2021-01-12
K様邸(倉敷市浜町)

型枠が外れたK様邸の基礎。

水道業者さんが 先行配管工事に入っています。

 

オレンジ色の給湯管

ブルーの水道管

グレーの太い排水管

専用のアダプターで集合接続する給水管たち。

 

  

将来的に、ワンタッチで配管の取替が出来る様になっています。

 

 

続いて、プラットホーム造りです。

基礎の上に ビニールシートを張って

桧の土台を置き、アンカーボルトで緊結します。

その上にツーバイ材で1階床根太を組んでいきます。

 

 

根太や大引き同様、ホウ酸処理した

構造用合板を床下断熱材施工後に

張っていきます。

 

化学薬品系の防蟻・防腐処理した土台に

ホウ酸処理の床が出来ます。

シロアリに対しては半永久的に

効果を持続してくれます。

 

シロアリの仲間(ほぼ親戚と言える)ゴキブリに対しても

効果を発揮し続けます。

 

土台と床根太を緊結していきます。

 

 

 

プラットホームが完成したら

いよいよ足場を組んで 建方工事に入ります。

| 2021-01-12 - 20:34
2021-01-12
H様邸(岡山市中区倉富)

上棟祭時に 電気配線打ち合わせを完了し

無事、西本電業さんらしい

素晴らしく丁寧で美しい配線工事を終えることが出来ました。

 

 

続いて、マルフジフォーム工業さんによる

30倍発泡 硬質ウレタンの吹き付け作業が

終わりました。

 

断熱材の厚みの中で水蒸気が移動しない

「独立気泡」なので、壁内で結露や腐りを

発生することはありません。

 

 

 

後日、マルフジフォームの専務さんとスタッフさんが

「気密測定」を行ってくれました。

コスミック・ガーデンでは全棟

気密測定を行っています。

 

2020-12-28
T様邸(岡山市北区厚生町)

お天気に恵まれたなか、

 

地鎮祭を執り行いました。

 

 

初めにお施主様に4隅に竹を建てていただき、

 

当社スタッフが固定します。

 

 

 

神主さんとお施主様ご家族とで土地の四方をお祓いし、

 

清めていきます。

 

 

 

祝詞奏上の後、着工のしるしとしての「鍬入れ」を行います。

 

 

施工者代表として社長の藤も井「鍬入れ」しました。

 

これかの工事の安全とお施主様の発展を祈念し、

 

お神酒で参列者が乾杯して終了です。

 

 

この後、地盤改良工事に入ります。

2020-12-28
T様邸(岡山市中区)

建物の中で造作工事が進んでいます。

 

1,2階床に貼る材料もすでに運び込まれています。

 

 

2階の床から貼っていきます。

 

 

貼り終えた部分はすぐに養生し、

 

傷や汚れから完成まで保護します。

 

 

 

1階リビングとつながる西の部屋の床は嵩上げしています。

 

窓側にカウンターを設けて腰かけられる部分も作る予定です。

 

 

| 2020-12-28 - 18:57
2020-12-28
M様邸(岡山市中区福泊)

地盤調査の結果、

 

地盤改良の工事はタイガーパイル工法で行いました。

 

 

掘り方のあと、

 

基礎が乗る部分には防水シートを敷きます。

 

 

 

基礎鉄筋、型枠を組んで配筋検査を受けると

 

基礎のコンクリート打ちです。

 

 

コンクリート打設後、

 

養生期間をしっかり保って型枠を外します。

 

 

 

建て方が始まるまでの間、

 

内部の基礎断熱部分の工事、

 

先行での屋外給排水や内部配管工事を行います。

| 2020-12-28 - 18:19