現場建築日誌

2022-01-25
N様邸(倉敷市船穂町船穂)建築中

大きな吹き抜けの有る N様邸。

屋内用足場を使って 高所の施工を行います。

脚立で届くところは

そのまま張っていきます。

 

 

全体的に スッキリとした ホワイト系の

インテリアになります。

 

 

素材は高級感のある 布クロスも採用頂いています。

両耳をカットしたところを見れば

ビニールクロスではないのが良くわかります。

 

 

そんな 壁紙施工中の現場で

カーテンの現場合わせの打ち合わせが始まりました。

 

壁紙との相性は勿論、透け具合、遮光具合や閉じたとき

畳んだ時の感じなど、現場ならではの確認したい

雰囲気を確かめることが出来ます。

 

    

2022-01-24
エヌエスJ

TVCMでもおなじみの 「ぜにや」さん。

ちょくちょく お仕事を頂いています。

最近も、防犯のための窓用大型面格子(鉄製特注品)の

取り付けをしたところです。

 

今回は、既存ブロック塀の リフレッシュ。ということで

割れているブロックの取替と、再塗装です。

 

控え壁が有りますが、薄汚れてしまっています。

 

 

もう1店舗。

質屋さん側の敷地内のブロック塀も

若干傾きがある上、高さ的にも不安が残るので、

カットして高さを抑えて、目隠しフェンスに

変更し、ブロック面を塗り壁風にします。

 

 

結構しっかりした 異形鉄筋が入っていましたが

慎重に壊していきます。

 

   

 

 

 

| 2022-01-24 - 13:19
2022-01-24
A様邸(岡山市北区足守)建築中

石膏ボードは 先ずは天井面から施工します。

必ず、「チドリ」に張って、面として割れにくく

するのが基本です。

 

 

 

普通の石膏ボードと、耐水石膏ボードが

各室に必要枚数を割り振りします。

 

 

外回りでは、タイベックシルバーを纏った外壁に

通気胴縁を取り付けます。

 

 

A様邸は 基材としての耐久性の高さと

防火性能の高さで 永く使われている

「旭化成 軽量気泡コンクリートALC パワーボード」です。

 

レンガ調のデザインに、長期耐久性を

誇る旭化成純正の「イベリアン」を採用します。

約30年の塗り替えが不要です。

 

小さな穴が開いていますが 胴縁に対して

専用ビスで固定した所です。

塗装前に専用パテで、埋めていきます。

2022-01-21
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

基礎の型枠を組んで、ミキサー車にて

コンクリートを打設しました。

 

 

真夏と真冬は 厚手のフェルトにて

基礎の養生を特に念入りにしておきます。

 

規定の養生期間プラスアルファで、

型枠撤去を行います。

 

丁寧に「バリ取り」と「天端の微調整=ミリ単位の削り調整」を

しておきます。

 

 

脱衣室の床下(給水・給湯コネクト部分)は

後日ウレタンを吹き付けて「基礎断熱仕様」にします。

 

床下に外気が吹き抜けないため、

躯体とシステムバス本体の隙間から

漏気を起こしたり、冷気が入り込んだりしない。

というのが部分的な基礎断熱のねらいです。

 

2022-01-21
O様邸(真庭市久世)

システムバスの組立です。

耐水石膏ボードで囲まれたエリアで

排水管の接続後に防水パンを設置します。

 

 

 

浴槽は二重構造で、基礎に水が落ちないように

受け止めるようになっています。

 

 

アクリル人造大理石の 浴槽に工場で吹き付けた

硬質ウレタンが 断熱性能を高め、お湯が冷めるのを

緩やかにします。

 

 

防カビ剤入りのコーキングでしっかりと

防水したら、浴槽横のサイドパネルをはめたり、

洗い場の設置を進めます。

| 2022-01-21 - 17:13
2022-01-21
K様邸(岡山市東区益野町)

型枠を外して、基礎本体の姿が現れました。

バスメーカーによって バス設置エリアの

土間天の高さが変わります。

 

脱衣室のエリアは 「基礎断熱仕様」になるので

ボード状の断熱材をはめ込んで

後ほどウレタンを吹き付けます。

 

いよいよ、土台敷き込みに移ります。

基礎の天端調整や、亜鉛メッキのアンカーボルトも

しっかり確認済です。

 

2022-01-18
T様邸(岡山市北区)

電気配線はいつもの通りまとまり良く進めます。

 

しかし今回施主様が悩まれていた電磁波の影響を少なくするため

 

電磁波を遮断する方法を試みています。

 

 

まず天井裏、壁内部の配線を流れる電流からの影響を遮断すべく

 

絶縁シールド用のテープやシート状の絶縁布で包み込み

 

それぞれがアースにつなげ絶縁します。

 

 

電線は人の手ですべて取り付けていきました。

 

まとまって設置している配線はまとめて包んでいきます。

 

 

壁内部では絶縁用の布をコンセントボックスの廻りまで覆っていきます。

 

 

断熱材を施工する前に作業のための工程をしっかり取りました。

 

また、各部屋のコンセントはすべてアース端子付きにしました。

 

外壁面はタイベックシルバーに電磁波を多少なりともカットしてくれていることが

 

計測器で計って確認できました。

 

外部からの影響を受け易い窓面の対策として、

 

電磁波遮断効果のある布をレースとして使用で対応します。

 

 

 

 

| 2022-01-18 - 15:58
2022-01-17
M様邸(倉敷市川入)

 

完成見学会が開催できなかったので、少しご紹介。

 

タカラスタンダードのワイドフラット対面 「グランディア」

ダイニング側からも収納可能なタイプです。

人造大理石カウンターと本体カラーはともに

ホワイトです。

カップボードも統一です。。

 

 

システムバスのシャワーホースは

以前は金属ジャバラのタイプと、グレーのホースの

2種類でした。

金属ジャバラは 高級感があるのと引き換えに

浴槽などの角に触れて、傷を入れたりするデメリットが有ります。

 

グレーのビニールホースはそれらのデメリットは無いのですが

見た目が残念ということで

その中間を狙ったものが コチラ。

 

金属ジャバラに見える様な、表面処理をした ビニールホースです。

直接触るまで。近くで見るまで。 ほとんど解かりません。

 

実用と見た目の程よい 落としどころを提案した商品です。

今後は、こちらを選ばれる方が増えると思います。

 

 

M様から 洗濯機用水栓に 給湯をご希望でした。

サーモ水栓ですが、希望の湯温で選択できます。

 

蛇口は洗濯機用に 変更されています。

 

 

パントリーに張ってる壁紙は

「ムーミン」です。

コアなファンが沢山いらっしゃるらしいですね。

 

 

ロフトが有ります。

梯子を掛けて 登るのは ご主人の部屋からです。

夏でも暑くならない 小屋裏収納と同様の

断熱構造なので、真夏でも快適におやすみになれます。

 

 

リビングから見える、アイアン手摺の階段です。

リビング中央には バリアフリーの畳のエリアがあります。

ソファーでなく 「座」の生活になります。

 

 

2階のホールにも、固定式のバーが有ります。

普段使いはしないかも知れませんが、物干しなどにも

利用可能です。

 

シンプルな雰囲気ながら、

凝ったプランニングも有って、非常に面白い建物になりました。

外観は レンガ張りなので、高級感も十分です。

 

| 2022-01-17 - 19:30
2022-01-17
K様邸(岡山市中区国府市場)

可能な限り 電気配線を通すために

構造体である 木材の穴開けなどの断面欠損を

少なくする為もあり、吊天井工法を採用しています。

 

 

衝撃緩衝のラバーパーツが組み込まれた

「防振吊り木」です。

 

水回りには 耐水石膏ボードを使います。

薄いグリーンなのが 特徴です。

 

 

石膏ボードを張る前に 下地を造るための

構造用合板を捨て張りします。

 

2階 階段室の明り取りの為に

トップライトを造っています。

 

上空からの「天空輻射光」が入り

明るい作業現場となります。

 

2022-01-17
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

透湿防水シートのデュポン社製「タイベックシルバー」を

建物全体に施工し、外壁固定用下地兼通気層用の 「縦胴縁」を

施工します。

 

 

胴縁にも、ホウ酸塩処理をして腐食と

シロアリ対策もしておきます。

 

   

 

 

外観を印象付ける サイディングは Kmew(ケイミュー)の

レンガ調デザインを採用されました。

 

ホワイトのサッシ枠が きれいなコントラストを

演出します。

 

     

 

玄関ポーチ前の 壁面は 薄いグレー色の

スッキリしたデザインのサイディングになります。