現場建築日誌

2021-08-05
H様邸(倉敷市石見町)

玄関ポーチ柱や基礎の外周に

カラーステンレス(SUS304)製の水切り板金が

施工されました。

 

 

屋根の上では、瓦職人さんが

微調整掛けながら 瓦を葺きます。

 

 

切妻屋根の 妻側、両端に来る「ケラバ瓦」を

乗せるため、少し削ったりしながら収まりを

美しく仕上げていきます。

 

 

てっぺんの「棟(むね)」の部分には

屋根の通気層から上がってくる 湿気や熱気を

放出する「棟換気システム」の本体が見えます。

 

 

棟瓦が乗ってしまうと この部材も見えなくなってしまいます。

 

2021-08-03
O様邸(倉敷市玉島柏島)

 

外壁もほとんど仕舞いの付いた O様邸。

全体的に ライトなダーク系でまとめたイメージです。

 

外部に関しては もう少しで足場が落ちる予定です。

 

 

 

小屋裏の石膏ボード張りも

完了です。

 

 

キッチンの組立工事が入りました。

すっきりしたホワイト系の ワイドカウンター式

対面キッチンです。

 

 

玄関ホールには

ペンダント照明が付いたので

天井に美しいシルエットが紋章の様に

浮かび上がってきます。

 

2021-08-03
K様邸(岡山市中区国府市場)

2年程前から このエリアを中心に

土地探しを頑張ってこられた

K様ご夫妻。

 

学区と、自然環境の良さ、利便性のバランスの取れた

人気のエリアですが、なんとか理想に近い

物件を購入することが出来ました。

 

 

仲介の売買物件ですが、

もっと詳細に、高低差や 法的な項目を

把握するため 測量と役所調査を外部の専門会社に

依頼しました。

 

 

 

 

土地購入、決済から それなりの時間が経過しましたが

プランも中身もしっかり打合せして

工事請負契約を締結させて頂きました。

 

 

あっという間に 草ぼうぼうになる

この季節ですが、近いうちに

地鎮祭を執り行う予定です。

 

2021-07-31
K様邸(玉野市田井)

屋外給排水工事です。

建物地盤面と、道路面・駐車場面に

高低差があるため、部分的に深く掘り込んで

配管を接続する工事になります。

 

炎天下での作業、お疲れ様です。

 

 

大きな 雨水排水桝と

小さな 生活排水(下水)用桝が

並びます。

 

 

建物内では、美装工事中です。

全ての養生を外し、埃などを清掃し、

無塗装フローリング以外には、ワックスを掛けます。

 

 

もくもくと作業する中、作業着についた

通気用ファンの音だけが響きます。

 

 

カップボードや、キッチンも姿を現しました。

 

 

キッチンの床のフロアタイルも

姿を現しました。

 

| 2021-07-31 - 19:11
2021-07-31
A様邸(岡山市北区足守)

土地決済も終わり、解体工事に取り掛かります。

大きな家で、勉強部屋の様な「離れ」もあります。

この物件もホーロー扉のL型キッチンが

装備されていました。

経過年数の割に、ホーロー部分はきれいなものです。

やはり、耐久性と清掃性の高さは実証される素材であると

再認識させられます。

 

 

和室の二間続きがあります。

 

違い棚やも有って、しっかりした書院造の

和室でした。

 

 

階段も当時、人気の有った

飾り手摺柱タイプです。

 

小さな子供は、怖がって中々昇れないということが

よくありました。

 

 

高齢者の方がお住まいだったのか

あちこちに手摺が 設置されています。

 

 

用途がはっきりしませんでしたが、

深さ2mくらいの筒状の巨大な「桝」の様なものに

重いコンクリート蓋が乗っていました。

排水用でもなく、貯水槽でもなく。

 

当然解体、埋戻されます。

 

 

 

先ずは、畳の搬出や、サッシや設備品を手作業で

外して、持ち出します。

 

屋根瓦も同様です。

 

 

解体作業も、分別や健康被害の可能性のある建材の扱い等々

年々、厳しくなり 解体費用を押し上げてきています。

 

まだまだ、解体は始まったばかりです。

 

2021-07-30
Y様邸(岡山市中区土田)

凄まじいと言っていいくらいの

暑さの中、基礎屋さんは日陰の無い

現場で、基礎の鉄筋を組んでいます。

 

 

ここは階段下に当たる部分です。

 

耐震性能3等級を実現するための

基礎配筋です。

16㎜の異形鉄筋も多用します。

 

 

ベタ基礎のベース 返し部分です。

 

 

事前に鉄工所で加工した

立ち上がり部の鉄筋です。

 

しっかり水分補給しながら

休み休み 仕事してください。

 

2021-07-29
M様邸(倉敷市川入)

引き続き 建方工事中のM様邸です。

 

2階の壁まで 建ち上がって

小屋裏の床組です。

 

 

ホウ酸処理した 構造用合板が乗っている

面が、小屋裏収納部分です。

 

 

 

三角形の矢切パネルが、組み立てられると

切り妻の家らしい格好になります。

 

1層目の構造用合板を張って

輻射熱反射用の「タイベックシルバー」を張ります。

 

 

その後 ホウ酸処理した通気胴縁を

流して、「通気層」を確保します。

 

 

軒下で光っているのが、全ての垂木に

取り付けられた 「ハリケーンタイ」です。

屋根全体の浮き上がりや、あおりを防止します。

| 2021-07-29 - 19:39
2021-07-29
K様邸(玉野市田井)

美装工事前の追い込みです。

普段とはちょっと違った形での 「神棚」です。

畳コーナーにあります。

 

 

2階の居室には、エアコン用 先行配管があります。

レンガ外壁ということもあり、可能な限り「隠蔽配管処理」をして

目立つ側に 室外機が置かれない様に

プランニングしています。

 

 

リビングの天井には、ハンモック用の金具を設置しました。

かなり色々考慮して 取り付けないと

後々大変なことになりやすいため、注意が必要です。

 

| 2021-07-29 - 19:32
2021-07-27
Y様邸(浅口市鴨方町鴨方)

2階トイレからの配管が出来ました。

 

排水時の音を抑え込む、防音シート巻きです。

 

 

タカラスタンダードのホーローシステムバス

「リラクシア1616サイズ」が設置されました。

 

 

 

構造躯体とバスの上部には 空間が残るため

分配器やTVブースターなども含め、

電気配線が集合するようになります。

 

 

2階の床には 「高密度石膏ボード」を捨て張りします。

歩行音や重量衝撃音を和らげるためです。

 

 

解り難いかも知れませんが、構造用合板の上に薄いグレーの

高密度石膏ボードが張られており、

この上に、15㎜厚 無垢フローリングが

張られます。

 

2021-07-27
N様邸(岡山市中区四御神)

玄関入って すぐの吹き抜け 正面壁面を見上げると

あかり採りを兼ねた開口部が

見えます。

 

 

1階から2階用。

2階から小屋裏用。です。

 

ステンドグラスを入れます。

 

キッチンのカップボード組み立てが始まりました。

タカラスタンダードの「グランディア」です。

 

こちらは、キッチン本体の部材もあります。

「高品位ホーロー」を使用したキャビネットや扉は

とにかく強く、臭いが無く、掃除が楽。

 

素材にこだわるなら、非常にコスパの高い製品だと思います。

 

 

ステンドグラス設置用 窓枠の準備も出来ました。