現場建築日誌

2021-10-19
N様邸(岡山市中区四御神)

インテリア山崎さんのチームが

クロス張り全集中です。

 

エコクロスに混じって、高級なクロスや輸入品、

紙や織物も有ります。

 

ビニールクロスしか張ったことの無い職人だと

綺麗に仕上げることは出来ません。

 

 

とにかくこまめに、カッターナイフの「刃」を折ります。

少しでも 切れ味が落ちると 繊維を引っかけたり、

裁断残しが出来てしまいます。

 

 

予め、機械でクロスの裏に コスミック・パウダー入りの

糊を塗布しておき、クロスと糊が馴染んで

貼りやすくする「リードタイム」を稼ぎます。

 

2021-10-19
A様邸(岡山市北区足守)

立ち上がりの型枠を組んで、この日

コンクリートを打設しました。

 

 

しっかり、養生期間を置きます。

 

 

天候や気温にも恵まれ、養生期間もあけたので、

型枠撤去しました。

 

 

ホールダウンアンカーはじめ、一般のアンカーボルトも

どぶ漬け溶融亜鉛メッキ仕様の特注品を

使います。

 

 

玄関土間部分や、システムバス設置エリアは

カネライトを埋め殺して 断熱した土間となります。

 

 

型枠撤去後、すぐに基礎天端のレベルを調整します。

ミリ単位の調整で、サンダーで削りますが

元々のレベル出しがきちんと出来ているため

ほんのわずかな微調整だけで済んでしまいます。

 

2021-10-18
N様邸(岡山市中区四御神)

 

もう一息で、完成のN様邸。

部分部分の、綺麗と感じた 箇所を少しだけピックアップしました。

 

ホワイトのレンガ+濃いブラウンの目地との

コントラストと複数色の組み合わせが

特徴的な玄関ポーチタイルです。

 

玄関ホールには、ウッドワンの無垢ラジアータパイン材を

使った下足入れが有ります。

 

ルーバー式で、通気性が高いのが特徴です。

 

 

メインとなる部屋の 各種スイッチパネルの

枠には、クロスを張っています。

 

 

柄もキッチリ合わせるのが 内装職人さんの

技術です。

 

 

 

各居室にも 個性的な照明器具が

取り付けられています。

 

ちょっと近未来的な感じです。

 

 

宇宙空間に漂う 惑星の様な雰囲気の照明器具です。

 

どこに どんなサイズで、どこに採用されているのかは

完成見学会が予定されているので、ご確認下さい。

 

 

こちらも、個性的なシェードと

点灯時のシルエットが 面白い製品です。

 

2021-10-14
A様邸(岡山市北区足守)

基礎工事が進んでいるA様邸。

 

配筋検査を受けられるように、

鉄筋組を急ぎます。

 

 

ベタ基礎外周部の配筋です。

 

 

外周と内部立ち上がりの接合部です。

「地中梁」の感じです。

 

 

 

使用する異形鉄筋の太さの比較です。

上段が16㎜。

下段が10㎜。

 

この間に13㎜という よく使われるサイズも混在します。

 

 

10㎜を2本束ねるより、

16㎜1本の方が 引っ張り強度も強いという

データも有ります。

 

 

 

地鎮祭で、宮司さんから 託っていた

「鎮め物」も しっかり位置と方角を見て、

鎮座頂きます。

 

この後、基礎配筋検査を受けることになります。

 

2021-10-14
O様邸(岡山市北区楢津)

暑すぎず、快適な時期のコンクリート工事は

良い感じに進みます。

 

割り溝で、駐車エリアを分割して

打設していきます。

 

コテ押えで平滑且つ、雨水勾配を

取っていきます。

 

 

後ろ足2本柱タイプで、道路寄りに柱が無いので

出し入れが楽になります。

カーポートの価格と、設置費用の中の

基礎工事部分が 割高にはなりますが

使い勝手とデザイン性の高さを考えると

許される範囲かと思います。

 

残りをコンクリート打設して、養生期間を

置いたら 駐車可能になって 完成です。

 

2021-10-12
M様邸(倉敷市川入)

リビングのアクセントとなる オープン階段

(ストリップ型ではありません)が

掛かりました。

 

 

2階から小屋裏収納や

ロフトエリアにアクセスできる 階段も

設置され 上下方向への

移動が楽になりました。

 

 

外壁のスライスレンガ張りも順調に進んでいます。

レンガの間で光っているのは

「ZAM」メッキを施した 専用のレールです。

モルタル目地は、接着やずれ防止、防水目的ではなく

このレールを隠すための 化粧となります。

 

| 2021-10-12 - 19:43
2021-10-12
K様邸(岡山市中区国府市場)

給水、給湯、排水管、ガス管など

先行の配管工事を進めます。

 

 

ジョイント(分岐)部分です。

ここを起点に、各水場に上水を供給していきます。

経年時、配管のやり替えもほぼワンタッチで行える

仕組みで、現在の主流の方式です。

 

 

構造計算の上、基礎の梁状態の幅広の立ち上がりが

出来ました。

厚み 300mmの基礎立ち上がりです。

どぶ漬けの溶融亜鉛メッキ アンカーが

並びます。

 

 

四隅には、ひときわ高さの有る ホールダウン金物用

アンカーボルトが見えます。

 

2021-10-11
O様邸(真庭市久世)

基礎ベースの床掘が済んで、砕石敷き込み、転圧したら

ベースコンクリートを打設します。

 

 

水面に防湿シートに包まれた 砕石の小山が

点在するような景色になります。

 

 

ベースの捨てコンが乾いてきました。

 

事前に鉄工所で作成した

基礎配筋がパーツごとに分割されて

搬入です。

 

 

高精度と均一な施工品質が約束できるため

現場で 折って、曲げて、溶接して。。。

という作業は 最近少なくなっています。

 

| 2021-10-11 - 18:35
2021-10-11
K様邸(岡山市中区国府市場)

 

配筋検査 合格後、型枠を組んだK様邸。

 

 

すぐに、コンクリート打設を行いました。

 

 

コンクリートにとっては

暑すぎず、寒くもなく 非常に良い気候と湿度ですが

それでも しっかり規定通りの養生期間は

取って休んでもらいます。

 

 

2021-10-11
H様邸(倉敷市石見町)

電気配線工事に使う コンセントなどの

電設品が用意されました。

 

庇の軒天井にある 通気ガラリはまだ養生シールが

残っていますが、雨樋も取付完了です。

 

 

1階坪庭横には 造作工事で作る

洗面化粧台が有ります。

ボウルが乗る カウンターの下地が出来ました。

 

 

坪庭から見上げたH様邸。

 

外部からの視線を遮り

プライベートなアウトドア空間です。